「ある人、弓射ることを習ふに」テスト対策練習問題【高校古文】

兼好法師の徒然草より「ある人、弓射ることを習ふに」の定期テストでよく出題される問題や過去問をまとめています。
問題文をクリック(タップ)すると、答えが表示されるので自学でのテスト対策にピッタリです。

スポンサーリンク

「ある人、弓射ることを習ふに」テスト対策問題

yumineko

問題文をクリック(タップ)すると、答えが表示されるよ!

ある人、弓射ることを習ふに

ある人、弓射ることを習ふに、諸矢をたばさみて的に向かふ。師のいはく、「初心の人、二つの矢を持つことなかれ。後の矢を頼みて、始めの矢になほざりの心あり。毎度ただ得失なく、この一矢に定むべしと思へ。」と言ふ。
わづかに二つの矢、師の前にて一つをおろかにせんと思はんや。懈怠の心、自ら知らずといへども、師これを知る。この戒め、万事にわたるべし。
道を学する人、夕べには朝あらんことを思ひ、朝には夕べあらんことを思ひて、重ねてねんごろに修せんことを期す。いはんや一刹那のうちにおいて、懈怠の心あることを知らんや。なんぞ、ただ今の一念において、直ちにすることのはなはだかたき。

「なほざり」の意味を次の中から選びなさい。
ア:いい加減
イ:勿体ない
ウ:雑念
エ:油断
答え:ア
「得失なく」の意味を次の中から選びなさい。
ア:損得を考えず
イ:成功・失敗を考えず
ウ:特別なことはなく
エ:失うことはなく
答え:イ
「ねんごろ」の意味を次の中から選びなさい。
ア:気軽に
イ:親しみをもって
ウ:熱心に
エ:親密な関係になって
答え:ウ
「いはんや」の意味を次の中から選びなさい。
ア:ましてや
イ:いやいやながら
ウ:いつのまにか
エ:ゆるされず
答え:ア
「一刹那」と同じ意味をもつことばを本文から抜き出して答えなさい。
答え:一念
「師これを知る」とあるが、「これ」の指す内容を本文から5字以内で抜き出して答えなさい。
答え:懈怠の心
「弓射ること」と並んで、「懈怠の心」についての戒めとして語られていることは何か。「…こと」と続くように本文から抜き出して答えなさい。
答え:道を学する(こと)
師が「二つの矢を持つことなかれ」と戒めたのはなぜか。本文からその理由としてふさわしい一文を抜き出して答えなさい。
答え:後の矢を頼みて、初めの矢になほざりの心あり。
「定むべし」の助動詞「べし」の意味と活用形を答えなさい。
答え:
意味:意思
活用形:終止形
「知らず」の助動詞「ず」の意味と活用形を答えなさい。
答え:
意味:打ち消し
活用形:終止形
「おろそかにせん」の助動詞「ん」の意味と活用形を答えなさい。
答え:
意味:意思
活用形:終止形
「万事にわたるべし」の助動詞「べし」の意味と活用形を答えなさい。
答え:
意味:推量
活用系:終止形
「修せん」の助動詞「ん」の意味と活用形を答えなさい。
答え:
意味:意思
活用系:連体形

算数と数学を学びたい方はトムソンさんの『トムラボがオススメです!
より本格的な学習が無料でできます!

トムラボのバナーリンクの画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする