中学2年国語

中学2年国語テスト対策問題「仁和寺にある法師ー徒然草から」テストで出る問題を確認しよう!

男の子と熊が勉強しているイラスト

中学2年国語「仁和寺にある法師ー徒然草から」のテストに良く出る問題をまとめています。
クリックすると答えが表示されるので、実力試しや練習にピッタリです!

まずは解説ページを見てからチャレンジしたい場合はコチラ

徒然草を書いている兼好法師のイラスト
「仁和寺にある法師ー徒然草から」あらすじと要点・ポイントを解説!【テスト対策】中学2年国語中学2年国語で学ぶ「仁和寺にある法師ー徒然草から」について、そのあらすじとテストで必要になるポイントを解説するよ。 目次【本記...

「仁和寺にある法師
ー徒然草から」
テスト対策問題

yumineko
yumineko
問題文をクリック(タップ)すると、答えが表示されるよ。

「徒然草」の序段と第52段について、次の問に答えなさい。

 【序段】

つれづれなるままに、日暮らし、硯に向かひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはまとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

【第52段】

仁和寺にある法師、年寄るまで石清水を拝まざりければ、心うく覚えて、あるとき思ひたちて、ただ一人、徒歩より詣でけり。極楽寺・高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。

さて、かたへの人にあひて、「年ごろ思ひつること、果たしはべりぬ。聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず。」とぞ言ひける。

少しのことにも、先達はあらまほしきことなり。

問1

「日暮らし」の意味として、もっとも適切なものを次の中から選びなさい。

ア:毎日
イ:一日中
ウ:日が暮れるまで
エ:日によって

答え:イ

問2

「よしなし事」の意味として、もっとも適切なものを次の中から選びなさい。

ア:良いことや悪いこと
イ:あることないこと
ウ:とりとめもないこと
エ:意味もないこと

答え:ウ

問3

「心うく覚えて」の意味として、もっとも適切なものを次の中から選びなさい。

ア:心強く思われて
イ:心ぼそく思われて
ウ:残念に思われて
エ:楽しく思われて

答え:ウ

問4

「かばかりかと心得て」の意味として、もっとも適切なものを次の中から選びなさい

ア:どのくらいのものかと考えて
イ:これだけのものと思い込んで
ウ:素晴らしいと感動して
エ:大変なことと納得して

答え:イ

問5

「かたへの人」の意味として、もっとも適切なものを次の中から選びなさい。

ア:通りすがりの人
イ:極楽寺の人
ウ:仲の悪い人
エ:仲間の人

答え:エ

問6

「ゆかしかりしかど」の意味として、もっとも適切なものを次の中から選びなさい。

ア:おかしいと思ったが
イ:理由があると思ったが
ウ:真似しようと思ったが
エ:知りたいと思ったが

答え:エ

問7

「先達」の意味として、もっとも適切なものを次の中から選びなさい。

ア:先導者
イ:教師
ウ:仲間
エ:ご先祖

答え:ア

問8

「心うく覚えて」とあるが、何に対してそのように感じているのか、答えなさい。
答え:(例)年を取るまで、石清水八幡宮をお参りしたことがないこと
【解説】「年寄るまで」は「年を取るまで」や「年寄りになるまで」。
「石清水」とは、「石清水八幡宮」のこと。
「拝まざりければ」は「お参りしたことがないこと」。

問9

「かばかりと心得て帰りにけり」とあるが、具体的にどういうことか説明している次の文の空欄に当てはまる言葉を本文からそれぞれ書き抜きなさい。

( ア )を( イ )と思い込んで、( ウ )を見ずに帰ったこと

答え:
ア 極楽寺・高良など
イ 石清水八幡宮
ウ 山

問10

「年ごろ思ひつること」とあるが、どのようなことを指すのか、もっとも適切なものを次の中から選びなさい。

ア:石清水八幡宮をお参りすること
イ:極楽寺・高良などをお参りすること
ウ:1人で歩いて参拝すること
エ:山へ登る人を不思議に思うこと

答え:ア

問11

「山までは見ず」とあるが、その理由を答えなさい。
答え:(例)神を参拝することが本来の目的だと思ったから
【解説】「山までは見ず」の理由にあたるのは、「神へ参るこそ本意なれと思ひて」。
「神へ参る」は「神を参拝する」。
「本意なれと思ひて」は、「本来の目的と思って」や「本当の目的と思って」という意味。理由をきかれているので、「〜から」や「〜ので」などという形で答えているかどうかもポイント。

問12

「年ごろ思ひつること・・・山までは見ず。」は、誰の言葉か。本文から書き抜いて答えなさい。
答え:仁和寺にある法師
【解説】仁和寺にある法師とは、仁和寺にいる僧のこと。

問13

この話の主題として、もっとも適切なものを次の中から選びなさい。

ア:石清水八幡宮は噂以上に尊いので、一度は参拝するべきである。
イ:長年思っていることは、機会を見つけてなしとげるべきである。
ウ:ちょっとしたことでも、案内してくれる人の存在が必要だ。
エ:参拝とは神を参ることが目的なので、寄り道をするべきではない。

答え:ウ
【解説】この話の主題は、最後の一文「少しのことにも、先達はあらまほしき事なり。」に込められている。
石清水八幡宮を参拝しようとしたのに、1人で行ってしまったため、ふもとの極楽寺や高良などを見ただけで全てを見たと思い込んで帰ってしまい、山の上にある肝心の石清水八幡宮を参拝しそこねてしまったことから、ちょっとしたことでも案内をしてくれる人の存在が必要だ、ということを伝えている。

問14

「徒然草」の作者を漢字で答えなさい。
答え:兼好法師

問15

「徒歩より詣でけり」の「徒歩」の読みを答えなさい。
答え:かち

問16

「先達はあらまほしきことなり。」の「先達」の読みを答えなさい。
答え:せんだち
ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。