徒然草「奥山に、猫またといふものありて」テスト対策問題・過去問【高校古典】古文あり

高校古典で習う兼好法師の作品「徒然草」の「奥山に、猫またといふものありて」の定期テストで出る問題・過去問をまとめています。
クリックすると答えが表示されるので、力試しやテスト練習の自学にピッタリです。

「奥山に、猫またといふものありて」
テスト対策練習問題

「奥山に猫またといふものありて」

「奥山に猫またといふものありて、人を食らふなる。」と人の言ひけるに、「山ならねども、これらにも、猫の経上がりて、猫またになりて、人取ることはあなるものを。」と言ふ者ありけるを、何阿弥陀仏とかや、連歌しける法師の、行願寺のほとりにありけるが聞きて、ひとりありかん身は、心すべきことにこそと思ひける頃しも、ある所にて夜更くるまで連歌して、ただひとり帰りけるに、小川のはたにて、音に聞きし猫また、あやまたず足もとへふと寄り来て、やがてかきつくままに、首のほどを食はんとす。胆心もうせて、防がんとするに、力もなく、足も立たず、小川へ転び入りて、「助けよや、猫またよやよや。」と叫べば、家々より松どもともして走り寄りて見れば、このわたりに身知れる僧なり。「こはいかに。」とて、川の中より抱きおこしたれば、連歌の賭け物取りて、扇、小箱など懐に持ちたりけるも、水に入りぬ。稀有にして助かりたるさまにて、はふはふ家に入りにけり。
飼ひける犬の、暗けれど主を知りて、飛びつきたりけるとぞ。

問1

次の語の読みを送り仮名も含めてひらがなで答えなさい。ただし、歴史的仮名遣いが使われている場合は、現代仮名遣いに直すこと。

①経上がりて
②連歌
③行願寺
④辺
⑤更くる
⑥端
⑦頸
⑧懐
⑨希有

答え:
①へあがりて
②れんが
③ぎょうがんじ
④ほとり
⑤ふくる
⑥はた
⑦くび
⑧ふところ
⑨けう

問2

「連歌しける法師の、行願寺の辺にありけるが聞きて」を現代語に訳して書きなさい。
答え:(例)連歌を生業としている、行願寺の近くに住んでいた法師が聞いて

問3

「ひとり歩かん身は、心すべきことにこそと思ひける」を現代語に訳して書きなさい。
答え:(例)ひとりで歩く身としては、気をつけなくてはならないと思っていた

問4

「音に聞きし猫また」を現代語に訳して書きなさい。
答え:(例)うわさに聞いていた猫また

問5

「あやまたず」の意味としてもっとも正しいものを次の中から選びなさい。

ア:あやまって
イ:待つことなく
ウ:狙い違わず
エ:あやまることなく

答え:ウ

問6

「やがて」の意味を答えなさい。
答え:すぐに

問7

「胆心も失せて」の意味としてもっとも正しいものを次の中から選びなさい。

ア:正気を失って
イ:命からがら
ウ:抵抗する気力もなく
エ:大怪我をして

答え:ア

問8

「松」とは何のことか答えなさい。
答え:たいまつ

問9

「ひとり歩かん身は、心すべきことにこそと思ひける」と法師が思った理由としてもっとも正しいものを次の中から選びなさい。

ア:奥山に猫またが出て人を食べてしまうから
イ:連歌の賞品を持って歩くことがあるから
ウ:夜遅く歩くことがあるから
エ:このあたりにも猫またが出るから

答え:エ

問10

法師を襲った猫またの正体を、古文から5字で抜き出して答えなさい。
答え:飼ひける犬

問11

猫またに襲われた法師の様子として、正くないものを次の中から選びなさい。

ア:たいまつを持っている人を見かけて、助けを呼んだ
イ:あまりの恐ろしさに腰を抜かしてしまった
ウ:連歌の賞品を水にぬらしてしまった
エ:大声で助けを呼んだ

答え:ア
【解説】
法師が大声で助けを呼んだため、近くの家から人がたいまつを持って駆けつけてくれたのであって、たいまつを持っている人を見かけたわけではないので、アが誤り。

問12

「飼ひける犬の、暗けれど主を知りて、飛びつきたりける」を具体的に書いている部分を古文から探し、句読点も含めて抜き出して答えなさい。
答え:あやまたず、足もとへふと寄り来て、やがてかきつくままに、頸のほどを食はんとす。

問13

この文章のテーマとして最もふさわしいものを次の中から選びなさい。

ア:恐ろしい妖怪に怯える人々の暮らし
イ:欲深い法師の災難
ウ:うわさに惑わされる人間のこっけいさ
エ:注意を聞かないことの愚かさ

答え:ウ

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする