中学2年国語

中学2年国語「漢詩の風景」「春暁」のテスト対策ポイントと要点をわかりやすく解説

中学2年国語で学ぶ「漢詩の風景」のうち、「春暁」について、テストで必要になるポイントを解説するよ。

中学2年国語
「漢詩の風景・春暁」

目次【本記事の内容】

「春暁」基本情報

漢詩「春暁」の画像
春暁しゅんげう(しゅんぎょう)

作者:孟浩然まうかうねん(もうこうねん)
詩の形式:五言絶句ごごんぜっく
※孟浩然は、唐代(中国の王朝の名前)に活躍した詩人

春眠暁しゅんみんあかつきを覚えず」という言葉は、日本でもよく使われるね。
実は中国の詩から生まれた言葉だったんだね。

「春暁」のテスト対策ポイント

テスト対策ポイント①
詩の形式について

詩の形式とは、「詩の形のパターン」と考えてもらえばOK。
ひとつの詩に、いくつの(ひとまとまりの言葉)があるかとか、ひとつの句は、いくつの文字で作られているかとかでパターンが決まっているよ。

「春暁」は、「五言絶句」という形のパターンでできているんだ。

くまごろう
くまごろう
この「五言絶句」というのは、テストで絶対出されるといってもいいくらいなので、絶対に覚えておこう!!

「五言絶句」とは

まず、「絶句」というのは、「ひとつの詩が4つの句」でできているもののこと

そしてさらに、ひとつの句が「5文字」でできているものを「五言絶句」というんだ。

まず、「春暁」には4つの句があるね。

① 春 眠 不 覚 暁
② 処 処 聞 啼 鳥
③ 夜 来 風 雨 声
④ 花 落 知 多 少

だから「絶句」だということが分かるね。
そして、それぞれの句は、「5つの文字」で作られているね。

だから、「五言絶句」なんだね。

「起承転結」の構成になっている

「春暁」の4つの句は、「起承転結」の構成になっているんだ。

「起」とは、「歌い起こし」。つまり、「スタート」というイメージかな。

そしてそれを受けて、さらに発展させているのが「承」。

くまごろう
くまごろう
物事をうけいれるとき、「承知しました」というように、「承」の字をつかうよね。

「転」では、急に場面がかわるよ。
そして全てをまとめて締めくくるのが、「結」だね。

「春暁」では「押韻」が3箇所に使われている!

押韻というのは、わかりやすく言うと「韻を踏む」ということだよ。
ラップとかでよく使われているよね。

漢詩では、押韻をするときは「第二句」と「第四句」の終わりの文字で韻を踏むのが決まりなんだけど、
「春暁」では「第一句」と「第二句」そして「第四句」で韻が踏まれているよ。

第一句 春 眠 不 覚 (gyo:ギョウ)
第二句 処 処 聞 啼  (cho:チョウ)
第四句 花 落 知 多 (soy:ショウ)

本当だ、「ギョウ」「チョウ」「ショウ」って韻を踏んでいるね。
くまごろう
くまごろう
テストで、「押韻が使われている箇所を答えなさい」という問題が出る学校もあるので、覚えておこうね。

テスト対策ポイント②
それぞれの句の意味について

第一句

「春眠暁を覚えず」という句は、
「春の眠りは気持ちが良くて、夜が明けたことも気がつかないくらいだ」という意味。

第一句は起承転結のうちの「起句」だったね。
「春の眠りはとっても気持ちがいいよね」と話をスタートさせているよね。

第二句

処処啼鳥しょしょていてう(ていちょう)を聞く」という句は、
「あちらこちらで、鳥の鳴き声が聞こえる」という意味。

「処処」が、「あちらこちら」ということだね。
「啼」は「啼く」という漢字だから、鳥の鳴き声ということになるんだ。

第二句は起承転結のうちの「承句」だったよね。
第一句では春の話をスタートさせたよね。そこに、あちらこちらで鳥の鳴き声が聞こえるという情景を伝えて、話をふくらませていっているよね。

第三句

夜来風雨やらいふううの声」という句は、
「ゆうべは、風雨の音がしていた」という意味。

「夜来」とは、「ゆうべ」ということ。
※「ゆうべからずっと」という意味だという説もあるよ

「風雨」は、日本語でも使われるように、雨と風のことだね。
風も強く吹く雨が降ったのかもしれないね。

「声」と書かれているけど、雨や風はもちろん喋ったりしないので、これは雨や風の「音」ということだよ。

第三句は起承転結のうちの「転句」だったね。
第一句も、第二句も、春ののどかな話をしていたのに、突然、夜の雨風の話が始まって、情景が急展開しているよね。

このギャップで、読み手は「おっ」と、さらに興味を持って先が知りたくなるね。

第四句

「花落つること知る多少」という句は、
「(ゆうべの雨風で)花はどのくらい散ってしまっただろう」という意味。

「花落つる」は、「花が散ること」だね。

「多少」は「どのくらい」という意味だよ。

第四句は起承転結のうちの「結句」だったね。
第三句で、夜の風雨という少し暗いイメージに変わってしまっていたところを、その雨風のせいで散った花が庭にたくさん散りばめられていて、鮮やかな情景にまた戻って全体をまとめあげているんだ。

テスト対策ポイント③
漢詩の知識について

漢詩「春暁」の白文・書き下し文・返り点の画像

白文はくぶん訓読くんどく文・くだし文とは何か理解しよう!

漢詩は、もともと中国の人が作った詩だよね。

つまり、当たり前だけど、中国語で作られているんだよ。

ということは、そのままでは日本人は読んだり意味を理解するのが大変だよね。

それを、中国語が分からない日本人でも読めるように工夫しているんだ。

このとき、まだ工夫していない、中国語として書かれているもとのままの詩の状態を「白文」といって、日本語に近づけるために返り点や送り仮名などをつけたものを「訓読文」、そして、その工夫をもとに、漢字とひらがなを使って日本語に近づけたものを「書き下し文」というんだ。

ちなみに、現代の日本語としてもっと違和感のないように直したものを、「口語訳」というよ。

「春暁」に使われているかえり点を確認しよう!

さて、ではどうやって工夫して日本語っぽく近づけるかだけど、
このとき使うのが「返り点」というもの。

返り点ってなに??なんのためにあるの?

中国語と日本語では、文法が違うんだから,言葉の並び方だって違うよね。

日本語で「私は昨日テレビを見ました。」というけど、
英語なら「I watched TV yesterday.」となるよね。

「昨日」と「yesterday」の位置もそれぞれ違うし、「見た」と「watched 」の位置も変わるよね。

日本語と中国語も同じ。
でも、日本語と英語に比べたら、日本語と中国語はどちらも「漢字」を使うから、ちょっと分かるよね。
なので、あとは「言葉の順番をどう変えたらいいか」を伝える記号さえあれば、もっと意味が伝わりやすくなるんだ。

「返り点」というのは、「この言葉は、あの言葉よりも先に読むよ」とか、「この漢字に送り仮名をつけて読んでね」とかを伝える記号のことなんだ。

テストでは、どの位置にどんな返り点があるか、問題に出ることがあるよ。

大体のパターンでは、実際に自分で書き込まなくてはいけないので、しっかり対策しよう。

まる覚えしてしまう方法もあるけど、おすすめは「書き下し文と白文を比べて、同じ言葉の順番になるように、ルールにしたがって返り点を考える」力をつけること。

そうすれば、覚えていなくても、それどころかはじめて見た漢詩でも、白文と書き下し文を見れば返り点が書き込めるようになるよ。

漢詩の風景「春暁」
テスト対策まとめ

まとめ
  • 春暁の詩の形式は「五言絶句」
  • 作者は唐代の詩人「孟浩然」
  • 起承転結の構成で作られている
  • 第一句・第二句・第四句で押韻が使われている
  • それぞれの句の意味を理解しよう!
  • 白文と訓読文、書き下し文とはなにか理解しよう!
  • 春暁で使われている返り点を確認しよう!
yumineko
yumineko
春暁のテスト練習問題のページもあるので、ここまで学習できたらぜひチャレンジしてみよう!
中学2年国語テスト対策問題「漢詩の風景・春暁」テストで出る問題を確認しよう!中学2年国語「漢詩の風景」のうち「春暁」について、テストで良く出る問題をまとめています。クリックすると答えが表示されるので、実力試しや練...
ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。