漢字

漢字検定は受験に有利!漢字の効率的な勉強方法、漢字を覚えるコツとは?

漢字検定を持っていると受験で有利になる


このサイトを見てくれる理由として、もちろん「勉強ができるようになりたい」というのがあるとは思うけれど、「受験の役に立たせたい」というのもあるかと思います。
この受験において、結構役に立ってくれるのが漢字検定・英語検定です

どう役に立つかというと、検定に合格していると、入試の時に「加点」してくれる場合が結構あるんです。
例えば、推薦を受けたり、併願優遇を取ったりする場合には「総合内申点がいくつ以上」という条件があったりしますよね。
その時、自分の内申点合計が基準に足りなかった時に、「漢字検定3級を持っている場合はプラス1点」とか加点をしてくれるんです。
英検3級と漢字検定3級で、合わせて2点プラス。入試においてはこの2点が合否の分かれ目、なんてことも多々あるので、持っている方が断然有利です。
学校でも希望する生徒対象に検定を実施しているのは、そういう理由もあるのかと思います。どんどんチャレンジしたいところですね。

さらに、中学や高校の定期テストでは漢字の読み書きもテスト範囲になってくることが多く、娘の中学校でも漢字だけで100点満点中の20点を占めていました。つまり、そもそも漢字力が内申点自体の善し悪しにも影響するんです。

さて、皆さんは漢字の勉強をどうやってしていますか?
学校の宿題では、ノートにひたすら書き取りしていく、という方法がよく出されますが、あれって結構大変ですよね・・。しかも、子供達もとりあえずノルマを消化するものの、いざその漢字がテストに出てきても覚えていないこともしばしば・・。

テスト前の勉強や、検定の勉強でも同じ勉強法をしていませんか?
「間違った勉強方あるある」でも説明しましたが、例えば「既に書ける漢字も」一緒に何回も何回も書き取りしていませんか?
宿題なら先生に出されたとおり、決められた漢字を決められた回数書いてくださいね。でも、テスト勉強や検定に向けての勉強なら、その方法は非効率です

漢字の効率的な勉強方法


では、どうしたら効率的に勉強できるのか?
個人的にオススメな方法をご紹介します。

まずは、「テスト範囲」または「検定で受ける級にあった出題範囲」の漢字の読み書きができるか、片っ端から試します。この時は「既に書けるかどうか」は関係ありません。とりあえず解いてください。

答えを書いたら、かならず丸つけ。
読み書きが正解した漢字には○印を。正解しても自信がなかったものは△。
間違えたものは✖をつけます。
※このとき、トメ・ハネ・ハライなど細かくチェックしましょう!!テストや検定では細かく見られてしまいます。

これで、「どの漢字は読み書きが出来て、どれが出来ないのか」のあぶり出しが出来ました。
あとは、「読み書きが出来ない」漢字だけを練習すればいいんです。
そして、もういちど同じ範囲を解いてみます。でも、解くのは△印と✖印の漢字だけでOKです。
こうやって、すべての漢字の読み書きが○になるまで、何周も挑戦します。

大変なように聞こえますが、挑戦を重ねる度に△印と✖印はどんどん減っていきます。
そして、すべてが○印になっている状態で実際のテストに挑んでみてください。
かなりの高得点が出るはずです。

どうしたら漢字を効率的に覚えられるのか?


とはいえ、間違えた漢字をどう練習すればいいの?と思いますよね。

ここで結局「何回も書き取りする」なんて言いません(笑)

人間って、「意味のないこと」を覚えるのは大変だけど、「意味があること」を
記憶するのは比較的簡単ですよね。

たとえば、数字を覚えるとき「語呂合わせ」がよく使われますよね。
私が中学生の時、とある7ケタの数字を覚えなくてはいけないときがあって、
それが「3463320」だったんですけど、友達が横から一目見て
「三四郎、耳臭う」ってボソって言ったんです。

yumineko
yumineko
全国の三四郎さん、ゴメンなさい(汗)

一瞬で覚えました(笑)
今でもこの7ケタの数字はハッキリ覚えています。というか、もう必要ない数字なんですが、忘れられません(笑)

 

前置きが長くなりましたが、
これは漢字でも同じです。
「ただの記号のように」ひたすら丸暗記するよりも、
「なぜこの成り立ちなのか」意味を持たせながら覚えるほうが断然頭にはいります。

「編」「つくり」などの部首にも意味があるし、
熟語にも、なぜその漢字が使われるか意味があるし、
故事成語には物語があるし・・・

このような「意味」を意識しながら練習してみてください。練習と言いましたが、なんと「意味」を知っただけで書けるようになる場合も多いです。
そして、忘れづらいです。

そしてこの方法、嬉しいおまけ付きです。
「意味」に着目して覚えていると、「習っていない」漢字まで「○○という意味の熟語だから、○○という意味をもつ漢字が使われるのではないか?」と見当がつくようになるんです。

yumineko
yumineko
このサイトでは、この「漢字の意味を考えながら覚える」のお手伝いができるような専用のページも作っていきたいと思っているので、ぜひ活用してくださいね!

ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。