歴史的仮名遣い一覧と現代仮名遣いに直すときのルール(練習問題)

歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに直すときのルールは?歴史的仮名遣いと現代仮名遣いを一覧にまとめました。練習問題もあるので古文テスト対策ができます。

目次【本記事の内容】

歴史的仮名遣れきしてきかなづかいとは

どうして昔と今で書き方が変わるの??

古語こご(昔使われていた言葉で、現代では使われていない言葉のこと)の読み方や書き方は、現代の読み方や書き方と違う部分があるんだ。

それはなぜかというと、時代が進むとともに、発音の仕方が変わっていったから

例えば、現代では「思う」という言葉は「おもう」と発音するよね。

「思う」の歴史的仮名遣いは「思ふ」なんだけど、これ、ただそう書くだけではなくて、昔の人々は実際に発音するときも「おもふ」と発音していたんだ。

でも、時代が進むにつれて、人々の発音の仕方がだんだん「おもう」という発音の仕方になっていったんだよ。

くまごろうくまごろう

現代でも、「超」という言葉は、ちゃんと発音すると「ちょう」だけれど、最近?では「超おもしろい」なんて言うとき、「ちょーおもしろい」なんていうようにザックリ発音したりするよね。こうやって、時代とともに言葉は変化していくものだよね。

「を」と「お」も、昔は「を」を使う言葉と「お」を使う言葉では、ちゃんと発音を変えていたんだ。

例えば,「とこ(男)」と「もしろし(面白い)」では「(wo)」と「(o)」の違いがあるので、それぞれちゃんと発音を変えていたんだよ。

でも、現代ではどちらも「とこ」「もしろい」というように、どちらも「(o)」を同じように発音するね。

くまごろうくまごろう

ちなみに、「水飲む」のように、助詞で使う「を(wo)」は現代でも「お(o)」とは発音をちゃんと変えているね。

つまり、昔は本当にそうやって発音していたし、書いていたんだけど、時代とともに実際の発音だけ変わってしまって、それだと変だから発音と同じ書き方に直したのが現代仮名遣いということ だね。

歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに直すときのルール

歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに直すときには、8つのルールがあるよ。

①「ゐ・ゑ・を」は→「い・え・お」に直す

たろうたろう

「ゐ」とか「ゑ」なんて文字があるんだ!?

現代のひらがなは、「わ行」は「わいうえを」になっていて、ひらがなの種類としては全部で46文字が使われているよね。
わ行を読むときは、「wa・ i・ u ・e・ wo」と発音するよね。

でも、昔の日本では、「わ行」は「わゐうゑを」になっていて、ひらがなの種類は今よりも2文字多い48文字だったんだ。

多い2文字が、「ゐ」と「ゑ」ということだね。

昔は、わ行を読む時は「wa ・wi・ u・ we・ wo」というように、「い・う」とは区別して発音していたんだ。

この「わゐうゑを」を、現代では「ゐ」は「い」にして、「ゑ」は「え」にしているんだね。

だから、歴史的仮名遣いの「ゐ・ゑ・を」はそのまま「い・え・お」に直すよ。

でもここで例外があるので注意。

助詞として使われている「を」はそのままにするんだ。

「こゑを(声を)」を例に考えてみるよ。

「こゑ」の「ゑ」は「え」にそのまま直せばOK。
でも、「を」は単語として使われているのではなく、「◯◯を」というように「助詞」として使われているよね。

だから、この場合は「を」は直さずにそのままでいいんだ。

たろうたろう

「こゑを」は「こえを」と直すことになるんだね。

②「ぢ・づ」は→「じ・ず」に直す

③「む」は→「ん」に直す

④語頭以外の「は・ひ・ふ・へ・ほ」は
→「わ・い・う・え・お(わ行)」に直す

「語頭」というのは、単語の初めの部分のこと。

たとえば、「はし(箸)」の「は」は単語の初めの部分なのでそのままにする。
単語の初めにない「は・ひ・ふ・へ・ほ」は直さなければいけないということだね。

たろうたろう

語頭ではない、というのはつまり「2文字目よりもあと」とかんがえると分かりやすいね。

でも、ここで例外があるよ。
①たとえ単語の初めになくても、他の単語にくっついて「複合語」になっている場合は、やっぱりそのままでいいんだ。
※複合語とは・・もともと独立している単語が二つ以上くっついて、新しいひとつの単語として意味などをもつようになったもの。
【例】
・「日」が「朝」について複合語になった「朝日」はそのまま「あさひ」
・「降る」が「雨」について複合語になった「雨降り」はそのまま「あめふり」

②助詞の「を」はそのままにするのと一緒で、助詞の「は」と「へ」はそのままにするよ。
【例】
・しはすは(師走は)→「しわす(師走)」という単語と助詞の「は」なので、
「しわすは」になる。

⑤「くわ・ぐわ」は→「か・が」に直す

⑥ア段+う(ふ)→オ段+う

ア段の文字と「う」または「ふ」がくっついている時は、ア段をオ段に変えて、「う」をくっつけるんだ。
【例】
「やうす(様子)」は、ア段である「や」と「う」がくっついているよね。
なので、「や(ア段)」を「よ(オ段)」に直して、「う」をくっつけるよ。
「やうす」は「ようす(様子)」になるんだ。

⑦イ段+う(ふ)→イ段+ゅ+う

イ段の文字と「う」または「ふ」がくっついている時は、イ段の文字はそのままで、「う」または「ふ」を小さい「ゅ」と「う」に変えるんだ。
【例】
「ちう(宙)」は「ち(イ段)」と「う」がくっついているよね。
なので、「ち」はそのままで、「う」を「ゅ」と「う」に変えて、
「ちゅう(宙)」になるんだ。

⑧エ段+う(ふ)→イ段+ょ+う

エ段の文字と「う」または「ふ」がくっついている時は、エ段の文字をイ段に変えて、「う」または「ふ」は小さい「ょ」と「う」に変えるんだ。
【例】
「けふ(今日)」は「け(エ段)」と「ふ」がくっついているよね。
なので、「け(エ段)」は「き(イ段)」に直して、「ょ」と「う」をくっつけるよ。
「けふ」は「きょう(今日)」になるんだ。

歴史的仮名遣いと現代仮名遣い一覧

歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに直したものを一覧にまとめたよ。

①「ゐ・ゑ・を」→「い・え・お」

たりたり
ど(井戸)
(声)
かしげかしげ(かわいらしいという意味)
とことこ(男)
とめとめ(乙女)

②「ぢ・づ」→「じ・ず」

(京都から東国へ行く道のこと)
しんじしん(地震)
(藤)
かはかわ(蛙のこと)
か(静か)
かしかし(すばらしいという意味)
(水)
よろよろ(色々なこと)

③「む」→「ん」

(矢を射ようという意味)
なづきなづき(神無月。10月のこと)
はむわん(戦おうという意味)※「は」→「わ」も直すよ。
(係りの言葉。係り結び「ける」で結ぶ。)
ごとなきごとなき(高貴な身分のこと)

④語頭以外の「は・ひ・ふ・へ・ほ」
→「わ・い・う・え・お(わ行)」

せるせる
れ(おもむきがあるという意味)
く(「おっしゃった」という意味)
す(いらっしゃる」という意味)
おそるるおそるる(襲われるという意味)
す(師走。12月のこと)
すなすなち(すぐにという意味)
ものもの(兵)
けるける
使使
ぐれぐれ(夕暮れ)
す(返す)
(前)
いといとし(かわいそうだという意味)
り(庵)
かたかた(「だいたい」という意味。おほかた・・・「ない」という否定の場合は、「全く」という意味)
(顔)
(やはりという意味)
う(輝いて美しいという意味)

⑤「くわ・ぐわ」→「か・が」

くわかくかく(過客。旅人のこと)
くわし(菓子)
くわじかじ(火事)
ぐわまんまん(我慢)
ぐわつ(二月)

⑥ア段+う(ふ)→オ段+う

あふおうぎ(扇)
おとなふおとのう(音を立てるという意味)
かうこうい(更衣。天皇のそばで働く女性の位のひとつ)
さうざうそうぞうし(「ものたりない」という意味)
さうぞくそうぞく(装束。服装のこと)
けんぱふけんぽう(憲法)
さぶらふさぶろう(お仕えする、・・・でございますという意味)
かうこう(近う)
ちゆうじやうちゅうじょう(中将。役職の名前)
歴史的仮名遣いでは、「っ・ゃ・ゅ・ょ」のように現代仮名遣いで小さく書く字も普通の大きさで書く。
やうよう
やうやうようよう(しだいにという意味)
やうやく
ようやく
まうもう
まうでけりもうでけり(詣でけり)

※「たまふ」は現代仮名遣いに直すと「たまう」になるよ。
読む時は「たもう」でもよいけれど、表記(書くとき)は「たまう」なんだ。

テストでは基本的には「たまう」と直すのが正解になるよ。(「たもう」でも○になることはあるけれど、確実ではないとのことなので、出来れば担当の先生に確認してみよう。)

現代でも、「そういう」を発音するときには「そーゆー」と発音することがあるけど,表記は「そういう」でないとバツになるのと同じだよ。

⑦イ段+う(ふ)→イ段+ゅ+う

じふにひとじゅうにひと(十二単)※「へ」→「え」も直すよ。
りふしやくじりゅうしゃくじ(立石寺というお寺の名前)
うつくしううつくしゅう(かわいいという意味)
ちうちゅう(宙)
ちうちゅう や(昼夜)

⑧エ段+う(ふ)→イ段+ょ+う

けふきょう(今日)
恋すてふ恋すちょう壬生忠見みずのただみの和歌で使われていることば)
てふてふちょうちょう(蝶々)
せうしょうゆ(醤油)
せうをしょうおう(芭蕉翁。松尾芭蕉のこと)※「を」→「お」も直すよ。
ほすてふほすちょう(持統天皇の和歌で使われていることば)
れうりょうり(料理)

歴史的仮名遣い練習問題

次の歴史的仮名遣いで書かれた言葉や文を、現代仮名遣いに直しましょう。
スクロールすると、解答があります。

問題

いづれ
はらひて
たのもしうをかしけれ
あひたるけるを
あづまぢ
せうと
ゐたり
きりくひの
いさかひ
よはひ
たふとみて
くわかくにして
きうり
くはへて
いみじうをかし
かうむる
づけい
やむごとなき
おほかた
せうがふ
をしへられし
思ひくづをれて
おのづから
ゑしゃく
ころもほすてふ
わづらひ
をのこ
据ゑる
・・・やうにする
いかがせむ
かくほどなくうつろひて
さふらふなり
けふこえて
をしう

解答

いづれいずれ
はらひてはらいて
たのもしうをかしけれたのもしゅうおかしけれ
あひたるけるをあいたるけるを
あづまぢあずまじ
せうとしょうと
ゐたりいたり
きりくひのきりくいの
いさかひいさかい
よはひよわい(齢)
たふとみてとうとみて
くわかくにしてかかくにして(過客にして)
きうりきゅうり(胡瓜)
くはへてくわえて
いみじうをかしいみじゅうおかし
かうむるこうむる(被る)
づけいずけい(図形)
やむごとなきやんごとなき
おほかたおおかた
せうがふしょうごう(照合)
をしへられしおしえられし
思ひくづをれて思いくずおれて
おのづからおのずから
ゑしゃくえしゃく(会釈)
ころもほすてふころもほすちょう(衣ほすちょう)
わづらひわずらい(患い)
をのこおのこ
据ゑる据える
・・・やうにする・・・ようにする
いかがせむいかがせん
かくほどなくうつろひてかくほどなくうつろいて
さふらふなりそうろうなり(候なり)
けふこえてきょうこえて(今日こえて)
をしうおしゅう(惜しゅう)

運営者情報

青山学院大学教育学科卒業。TOEIC795点。2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。志望校の特待生クラストップ10位内で合格を果たす。

感想や意見を聞かせてね