「帰り道」テスト練習問題と過去問題まとめ①

小学6年生国語「帰り道」の定期テストでよく出る問題をまとめました。
問題をクリックすると、答えが表示されるので、テスト対策の練習にピッタリです!

「帰り道」
テスト対策練習問題①

★本文を確認するために、教科書を用意してチャレンジしてね!

問1

学校の玄関口で「ぼく」と「周也」が会って、一緒に帰る場面の中で、周也の性格がわかる一文を本文から抜きだして、最初と最後の5文字を答えましょう。

答えを見る

答え:
【最初の5文字】うわばきを
【最後の5文字】ぞかせた。
【解説】
抜きだす一文は、「うわばきをぬぎながら周也が言って、くつしたにぽっかり空いた穴から、やんちゃそうな親指をのぞかせた。」
「穴の空いたくつした」や「やんちゃそうな親指」から、周也のあまり細かいことを気にしないやんちゃな性格がわかる。

問2

「周也と二人きりの帰り道が、はてしなく遠く感じられる。」とありますが、これには「ぼく」のどのような気持ちが表されていますか。
もっとも正しいものを次の中から選びましょう。

ア:周也と二人きりになるのが気まずい
イ:周也と二人きりになるのは恥ずかしい
ウ:周也と二人きりになれて嬉しい
エ:周也と二人きりになるのは久しぶりだ

答えを見る

答え:ア
【解説】
よくいっしょに登下校をしていた道と同じ道なのに、今日は「はてしなく遠く」感じるというのは、「周也と二人きりでいる時間がつらい」ので、早くこの時間が終わらないかと思うぼくには「はてしなく遠い」と感じてしまうのである。

問3

「今日のぼくにはついていけない。」とありますが、「ぼく」が周也の話についていけないのはなぜですか。「〜から」とつながるように、本文から12文字で抜きだして答えましょう。

答えを見る

答え:あのことを引きずっている(から)

問4

「ぼく」と周也がいっしょに帰りはじめた場面で、周也のことを別の言い方で表している言葉を本文から13文字で抜きだして答えましょう。

答えを見る

答え:一歩前を行く紺色のパーカー

問5

「ぽんぽん答えていく」とありますが、これと対照的に書かれている「ぼく」の行動を表す言葉を本文から11文字で抜きだして答えましょう。

答えを見る

答え:ごにょごにょ言っていた

問6

「先のとがったするどいものが・・・ずきっとささった」とありますが、「先のとがったするどいもの」とは何のことを表していますか。

答えを見る

答え:(例)「どっちも好きってのは、どっちも好きじゃないのと、いっしょじゃないの。」という周也の言葉
【解説】
ほかにも、「周也の言葉」「周也のセリフ」などでも正解。「周也の」という言葉を入れるようにしよう。

問7

「そのまま今もささり続けて、歩いても、歩いても、ふり落とせない。」とありますが、これを別の言い方で表した言葉を本文から12文字で抜きだして答えましょう。

答えを見る

答え:あのことを引きずっている

問8

「白ける」の意味として正しいものを次の中から選びましょう。

ア:もりあがっていた気持ちがしぼむ
イ:忘れていたことを思い出して怒る
ウ:思いどおりにならない相手にガッカリする
エ:相手の気持ちがわからず困る

答えを見る

答え:ア

問9

「ぐんぐん前へ進んでいくんだろう」とありますが、これと対照的に書かれている言葉を本文から11文字で抜きだして答えましょう。

答えを見る

答え:すぐに立ち止まっちゃう

問10

「はぁ。声にならないため息が、ぼくの口からこぼれて」とありますが、このときの「ぼく」の気持ちとしてもっとも正しいものを次の中から選びましょう。

ア:どんどん先に行ってしまう周也の勝手さにあきれている
イ:だまりこんだまま周也と2人で帰ることを気まずく思っている
ウ:返事をしないぼくに、周也が怒っていると思っている
エ:周也とくらべて自分をなさけないと思っている

答えを見る

答え:エ
【解説】
「どんなこともテンポよく乗りこえて、ぐんぐん前へ進んでいく」周也に比べて、自分はなぜ「すぐに立ち止まっちゃうんだろう」となさけなく思っている。

問11

「ぼく」が、周也に対して思っている気持ちとしてもっとも正しいものを選びましょう。

ア:自分も周也のように思っていることを言えるようになりたい
イ:思っていることをハッキリ言う周也の性格は好きではない
ウ:「ぼく」の言いたいことを分かってくれない周也は冷たい
エ:昼休みのことを謝るので、周也に許してほしい

答えを見る

答え:ア
【解説】
「その「こんな」をうまく言葉にできたなら、周也とちゃんとかたを並べて、歩いていけるのか。」とあることから、「ぼく」はちゃんと思っていることを言えるようになって、周也と対等になりたいと思っていることがわかる。.

問12

「空一面からシャワーの水が降ってきた」とありますが、この「シャワー」とは何のことでしたか。本文から3文字で抜きだして答えましょう。

答えを見る

答え:天気雨

問13

「水滴を雨と認めるのには、少し時間がかかった」とありますが、その理由を「〜から」とつながるように、本文から抜きだして答えましょう。

答えを見る

答え:晴れているのに雨なんて、不自然すぎる(から)
【解説】
晴れているのに雨なんて降るはずがなにので、「ぼく」は体中に打ちつける水滴がまさか雨だと思わず、認めるのに時間がかかってしまった。

問14

「またたく間」と同じ意味をもつ言葉を本文から6文字で抜きだして答えましょう。

答えを見る

答え:あっというま

問15

「むやみにじたばたし、意味もなくとんだりはねたりして」とありますが、「ぼく」はこの周也とぼくの行動を、どのように表現していますか。本文から抜きだして答えましょう。

答えを見る

答え:うっかりはしゃいだ

問16

「本当に、あっというまのことだったんだ」とありますが、何が「あっというま」だったのですか。「〜こと」とつながるように、本文から11文字で抜きだして答えましょう。

答えを見る

答え:天気雨が通り過ぎていく(こと)

問17

「単純すぎる自分がはずかしく」とありますが、「ぼく」は自分のどのようなところを「単純すぎる」と感じていますか。「正しくない」ものを次の中から選びましょう。

ア:天気雨にはしゃいで、とんだりはねたりしたこと
イ:天気雨を、とっさにシャワーの水だと思ったこと
ウ:雨で濡れた周也の前がみを見ただけで大笑いしたこと
エ:大笑いしただけで、みぞおちの異物が消えてきたこと

答えを見る

答え:イ
【解説】
「ぼく」は、周也の言葉をずっと引きずって悩んでいたはずなのに、とつぜんの天気雨にうっかりはしゃいでしまい、気まずいと思っていた相手の周也の前がみを見て大笑いしてしまい、そして笑ったことで、あれだけ引きずっていたみぞおちの異物が消えてきていることを「単純すぎる」と感じていると考えられる。
それに対して、天気雨をシャワーの水だと思ってしまったことは、「晴れているのに雨なんて、不自然すぎる」と書かれていることから「単純で恥ずかしい」とは思っていないと考えられる。
よって、イが正しくない。

問18

「ほんとに両方、好きなんだ。」という「ぼく」のセリフは、周也のどんな言葉に対して向けられたものですか。本文から周也の言葉を「 」ごと抜きだして答えましょう。

答えを見る

答え:「どっちも好きってのは、どっちも好きじゃないのと、いっしょじゃないの。」

「帰り道」テスト対策練習問題②のページへ

運営者情報

青山学院大学教育学科卒業。TOEIC795点。2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。志望校の特待生クラストップ10位内で合格を果たす。

感想や意見を聞かせてね

  1. さいきょうけなたろう より:

    いい感じの復習になりました。

    • yumineko より:

      さいきょうけなたろうさん

      良かったです!!
      3学期のものが終わったので、6年初めのほうから
      記事を作成してみたのですが、復習として役にたてたのなら嬉しいです。
      ちなみに、3学期の範囲は「海の命」からで良かったですか??