中学1年国語

中学1年国語テスト対策問題「野原はうたう」テストで出る問題を確認しよう!

中学1年国語「野原はうたう」のテストで良く出る問題をまとめています。クリックすると答えが表示されるので、実力だめしや練習にピッタリです!

まずは学習してから挑戦したい場合は、こちらもチェックしてみてね!

「野原はうたう」要点とポイントを解説!【テスト対策】中学1年国語中学1年国語で学ぶ「野原はうたう」について、テストで必要になるポイントを解説するよ。 目次【本記事の内容】 1....

「野原はうたう」
テスト対策問題

★本文を確認するために、教科書を用意して答えてね!

yumineko
yumineko
 問題をクリック(タップ)すると、答えが表示されるよ!

問1

「野原はうたう」の作者を漢字で書きなさい。
答え:工藤直子

問2

「野原はうたう」は4つの詩からできているが、以下のそれぞれの詩が誰の視点で書かれているか、詩の中から書きぬいてそれぞれ4文字以内で答えなさい。

①あしたこそ
②おれはかまきり
③あきのひ
④いのち

答え:①たんぽぽ ②かまきり ③のぎく ④けやき

問3

「あしたこそ」では、表現技法が使われているが、使われている一行と、なんという表現技法が使われているか答えなさい。
答え
使われている一行:とんでいこう どこまでも
使われている表現技法:倒置法

問4

「あしたこそ」の詩の季節を答えなさい。
答え:春

問5

「あしたこそ」の詩のテーマとしてもっとも適切なものを、次の中から選びなさい。

ア:親が子供を心配する気持ち
イ:春の光あふれるのどかな風景
ウ:新たな旅立ちへの決意と希望
エ:試練に何度も立ち向かう力

答え:ウ

問6

「おれはかまきり」で使われている表現技法を答えなさい。
答え:対句(法)

問7

「おれはかまきり」の詩の季節は夏だが、「おう なつだぜ」という行以外に、夏だということが分かる行を2つ書き抜きなさい。
答え:「おう あついぜ」「もえる ひをあびて」

問8

「おれはかまきり」では、「あまり ちかよるな」とあるが、その理由としてもっとも適切なものを次の中から選びなさい。

ア:夏の厳しい暑さをうっとうしく思っているから
イ:夏の暑さの中でも、ひとりでがんばろうと思っているから
ウ:自慢のかまの手入れに夢中だから
エ:夏になり力がみなぎった自分は危険だから

答え:エ

問9

「おれはかまきり」では、「きまっているぜ」とあるが、何がきまっているのか。詩の中からもっとも適切な1行を書き抜きなさい。
答え:かまを ふりかざす すがた

問10

「おれはかまきり」の詩のテーマとしてもっとも適切なものを、次の中から選びなさい。

ア:厳しい夏の暑さに耐える精神力
イ:かまきりの孤独な自然との戦い
ウ:運命を受け入れる覚悟と忍耐
エ:小さな生き物の生命力と自信

答え:エ

問11

「あきのひ」では、「わたしは はなびらを ゆすりました」とあるが、その理由としてもっとも適切なものを次の中から選びなさい。

ア:風がふいたから
イ:ゆうひがしずんだから
ウ:だれかによばれたから
エ:あきのひにひとりで寂しかったから

答え:ア

問12

「あきのひ」で、ゆうひがしずむようすを表した言葉を、詩の中から抜き出して5文字で答えなさい.
答え:くるくると

問13

「あきのひ」の詩の時間帯を答えなさい。
答え:夕方(夕暮れ)

問14

「いのち」の詩の季節を答えなさい。
答え:冬

問15

「いのち」では、「わしの しんぞうは たくさんの ことりたちである」とあるが、ここで使われている表現技法を答えなさい。
答え:比喩ひゆ隠喩いんゆ
解説:あるものを、他の似ているものにたとえることを「比喩」というよ。比喩の中でも、「まるで・・ようだ」とはっきり例えるのを「直喩」、「まるで・・ようだ」という言葉を使わず、たとえているということがハッキリはわからないものを「隠喩」というよ。

問16

「いのち」では、「ふところに だいて」とあるが、これはどのような状態を表しているか、もっとも適切なものを次の中から選びなさい。

ア:たくさんのことりたちが、けやきの木にとまっているようす
イ:しんぞうがしっかりと脈うって、あたたかいようす
ウ:たくさんのことりたちが、けやきのしんぞうを温めてくれているようす
エ:けやきが、いつまでもいきていくと決心をいだいているようす

答え:ア

問17

「いのち」では「だから わしは いつまでも いきていくのである」「だから わしは いつまでも いきていて よいのである」とあるが、ここで使われている表現技法を答えなさい。
答え:反復法

 

ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。