中学1年国語

「野原はうたう」要点とポイントを解説!【テスト対策】中学1年国語

中学1年国語で学ぶ「野原はうたう」について、テストで必要になるポイントを解説するよ。

中学1年国語
「野原はうたう」

目次【本記事の内容】

「野原はうたう」
どんな詩なの?

『野原はうたう』は、工藤直子くどうなおこさんが作った詩。

①「たんぽぽ はるか」による『あしたこそ』
②「かまきり りゅうじ」による『おれはかまきり』
③「のぎく みちこ」による『あきのひ』
④「けやき だいさく」による『いのち』

という4つの詩からできているよ。

それぞれ春・夏・秋・冬をテーマにした詩だね。

「たんぽぽ はるか」とか、「かまきり りゅうじ」、「のぎく みちこ」、「けやき だいさく」は本当にいるわけではなくて、それぞれの季節の詩を、それぞれの季節を代表する自然のキャラクターたちが「うたっている」ように書かれている
んだね。

テスト対策ポイント①
詩の情景と内容を理解しよう!

『あしたこそ』の情景と内容

『あしたこそ』のテーマは春。
うたっている自然のキャラクターは「たんぽぽ」だね。

情景

たんぽぽのわたげが飛んでいく様子が書かれているよ。

内容

わたげは、自分が育ってきたたんぽぽから旅立って、風にのって飛んでいって、新しい場所で花を咲かせるね。

タイトルの「あしたこそ」は、わたげが風にのって飛んでいって、「明日になればきっと」新しい場所で「新しい土」や「新しいまわりの花」や「新しい虫」なんかに出会える、という意味をこめているんだね。

「はなひらく ひを ゆめにみて」は、新しい場所で花を咲かせること、
「たくさんの「こんにちは」に であうために」は、新しい場所で「新しい土」や「新しいまわりの花」や「新しい虫」なんかに出会うことを表現しているね。

「とんでいこう どこまでも」には、たんぽぽのわたげが旅立っていくときの「決意」が表現されているよ。

『おれはかまきり』の情景と内容

『おれはかまきり』のテーマは夏。
うたっている自然のキャラクターは「かまきり」だね。

情景

夏になって、元気いっぱいに生命力があふれている「かまきり」が、生き生きとしている様子が書かれているね。

内容

かまきりは「カマ」を持っていて、獲物えものをとったりするよね。

「あまり ちかよるな」は、自分はとても元気で生命力にあふれていて、「カマ」の調子もとてもいいので、近寄ちかよるやつには攻撃するぞ、という、かまきりの気持ちを表しているよ。

『あきのひ』の情景と内容

『あきのひ』のテーマは秋。
うたっている自然のキャラクターは「のぎく」。

情景

秋になって、少し肌寒はださむくなって、日も短くなっていく様子が書かれているね。

内容

「かぜが とおりすぎました」や、
「はなびらを ゆすりました」からは、秋になって少し冷たい風が吹いたり、花びらが散っていく予感のようなものを感じさせるね。

「ゆうひが くるくると しずむところでした」からは、日がだんだんと短くなっていく雰囲気が伝わってくるね。

『いのち』の情景と内容

『いのち』のテーマは冬。
うたっている自然のキャラクターは「けやき」。

情景

冬になって、すっかり枝だけになってしまった「けやきの木」だけれど、たくさんのことりたちが「けやき」の枝にとまってくれていて、寒さの中にもあたたかみを感じさせる情景が書かれているよ。

内容

冬の間は枝だけになってしまって、まるで木や花は死んでしまったように見えることもあるよね。

でも、けやきの木はたくさんのことりたちを「ふところに だいて」「とても あたたかいのである」といって、ことりたちを「わしの しんぞう」とたとえているね。

「だから わしは いつまでも いきていくのである」
「いつまでも いきていて よいのである」という言葉からは、厳しい冬を乗り越えて、また春に新しいいのち(葉っぱや花、実)を生み出す自然の強さを感じることができるね。

テスト対策ポイント②
表現の工夫について

「野原はうたう」には、いくつか表現の工夫が使われているよ。

表現の工夫①倒置法とうちほう

倒置法とは

文章の語順をあえて通常とは逆にすることで、印象を強める効果がある表現技法のこと。

「あしたこそ」では、倒置法が使われているよ。

「あしたこそ」第二連 一行目

とんでいこう どこまでも

ふつうの並び方だと、「どこまでも飛んでいこう」になるところを、ひっくり返して「とんでいこう どこまでも」とすることで、印象に強く残るようにしているね。

表現の工夫②対句

対句法とは

似た表現や、関係する表現を並べる事で、リズムを作ったり、印象を強くする効果がある表現技法のこと。

「おれはかまきり」では、対句が使われているよ。

「おれはかまきり」
第一連 一・二行目

おう なつだぜ
おれは げんきだぜ

第二連 一・二行目

おう あついぜ
おれは がんばるぜ

第一連の一・二行目と、第二連の一・二行目は、似たような言い回しになっているね。

表現の工夫③たとえ

「いのち」では、表現の工夫として「たとえ」が使われているよ。

「いのち」一〜三行目

わしの しんぞうは
たくさんの
ことりたちである

「いのち」を歌っている自然のキャラクターは「けやき」だね。

けやきは、「ことりたち」を「わしの しんぞう」だと、たとえているね。

ことりたちのおかげで、とてもあたたかくて、いつまでも生きていけることを、「しんぞう」とたとえて、読む人の心に残るようにしているんだね。

「野原はうたう」テスト対策ポイント
まとめ

まとめ
  • 「野原はうたう」は、春・夏・秋・冬をテーマにした詩。
  • それぞれの季節を代表する自然のキャラクターが、詩をうたっているように書かれている
  • それぞれの季節の詩の情景を理解しよう!
  • それぞれの季節の詩の内容を理解しよう!
  • 「あしたこそ」では、倒置法が使われている
  • 「おれはかまきり」では、対句が使われている
  • 「いのち」では、たとえが使われている。

 

ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。