中学1年国語

「ちょっと立ち止まって」要点とポイントを解説!【テスト対策】中学1年国語

中学1年国語で学ぶ「ちょっと立ち止まって」について、あらすじや要点、テストで必要になるポイントを解説するよ。

中学1年国語
「ちょっと立ち止まって」

目次【本記事の内容】

「ちょっと立ち止まって」には
どんなことが書かれているの?
【要約】

自分はAだと思っていたものが、人からBだとも言える、教えられることがある。

「ルビンのつぼ」という図には、「つぼ」と「向き合っている二人の顔」の二種類の絵を見てとることができる。
どちらかを見ているとき、もう一方は背景になってしまう。カメラで言えば、注目しているほうにピントが合わせられてしまうのだ。

「若い女性」と「おばあさん」の二種類の絵が見える図では、ひと目見てどちらかの絵として見ると、別の絵として見ることは難しい。
別の絵として見るには、今見ている絵を意識して捨て去らなければならないからだ。

「化粧台の前の女性の絵」ではどうか。
目を遠ざけると、たちまちこの図はどくろを描いた絵に変わる
近くから見るか、遠くから見るかによっても全く違う絵として受け取られるのだ。
そしてそれは、現実世界でも同じで、遠目では綺麗な山も、近づけば荒々しい姿が見えたり、遠目では綺麗なビルも、近づくとひび割れていたりする。

私たちは、ひと目見たときの印象に縛られ、一面のみをとらえて、その物の全てを知ったように思いがちだが、見方を変えると、見えるものも違ってくる

物を見るときには、ちょっと立ち止まって、他の見方を試してみてはどうだろうか。
その物の他の面に気付き、新しい発見の驚きや喜びを味わうことができるだろう。

「ちょっと立ち止まって」
テスト対策ポイント①
それぞれの図の内容と事例を整理しよう

「ちょっと立ち止まって」では、筆者が説明したいテーマがあって、「なぜそう言えるのか」を伝えるために、いくつかの例を紹介しているよ。

テストでは、それぞれの例の内容と、「そこからどんなことが言えるのか?」を聞かれることがあるので、しっかりと整理しておこう。

例①「ルビンのつぼ」

「ルビンのつぼ」という図は、「優勝カップのような形をしたつぼ」と、「向き合っている二人の顔の影絵」の二種類の絵を見てとることができる図だね。

片方を見ているときは、もう片方は「背景(バック)」になってしまうよ。

日常生活で同じことが言える例として、「橋の向こうから一人の少女がやって来ると、少女にピンとが合わせられて、橋や池などの周辺のものが背景になってしまう」ということを説明しているね。

この例から言えることは、
「見るという働きは、中心に見るものを決めたり、それを変えたりすることができる」ということ。

つまり、「なにを中心に見るかによって、見え方が変わる」ということだね。

例②「若い女性とおばあさんが見える図」

ここで紹介されるのは、「若い女性の絵」と「毛皮のコートに顎をうずめたおばあさんの絵」の二種類が見える図。

この例では、「ひと目見て即座に、何かの絵と見ているはずだが、そうすると、別の絵と見ることは難しい」ということが言えるよ。

一度「若い女性」だと思って見てしまうと、「おばあさん」として見るのはなかなか難しいよね

「ほかの絵として見るには、今見えている絵を意識して捨て去らなければならない」と筆者は考えているね。

例③「遠くから見るとどくろになる図」

そして最後に紹介されるのは、「化粧台の前に座っている女性の絵」

なんと、目を遠ざけてみると、「どくろ」が見えるようになるね。

このことから言えるのは、「同じものでも、近くから見るか遠くから見るかによって、全くちがうものとして受け取られる」ということ。

日常生活の例では、「遠くから見ると秀麗な富士山が、近づくと,岩石の露出した荒々しい姿に変わる」ということや、「遠くから見ると綺麗なビルが、近づいて見ると、ひび割れてすすけた壁面のビルだったりする」ということ。

つまり、「見ることの距離を変えたりすることで、新しい発見がある」ということだね。

「ちょっと立ち止まって」
テスト対策ポイント②
本文の内容を3つに分けて整理しよう

「ちょっと立ち止まって」は、「ダイコンは大きな根?」と同じように、「説明的文章」だよね。

くまごろう
くまごろう
 説明的文章は、誰かに何かを「説明」して「納得」してもらうための文章なので、
①何を説明するのか?を紹介する(序論)
②具体的な例をあげる(本論)
③その結果、言えることを伝える(結論)
という構成になっているんだ。

「ちょっと立ち止まって」も、序論・本論・結論の3つのまとまりに分かれているよ。

どこからどこまでが「序論」で、「結論」はどこからなのかということが、テストでは聞かれることがあるよ。
しっかり整理しておこう。

序論

第1段落では、「自分ではAだと思っていたものが、人からBともいえると指摘され・・」と、これから説明しようとしているテーマの紹介をしているね。

ここまでが序論だね。

本論

第二段落の「左の図は「ルビンのつぼ」と題されたものである。よく見ると・・」と、早速、筆者が説明しようとしているテーマについての「具体的な例」の紹介が始まったね。

ここからが「本論」だよ。

本論では、

①ルビンのつぼの図の例
②若い女性とおばあさんが見える図の例
③離れると、どくろに見える図の例

というように、3つの例を紹介しているね。

くまごろう
くまごろう
 「本編をさらに細かく分けるとしたら?」という問題が出ることがあるよ。
①・②・③のそれぞれの図について説明で分けることができるね。

結論

なにをこれから伝えるのか紹介して,
どうしてそう言えるのか例をあげて、

そしていよいよ、「だから○○なのだ」と、筆者の考えをまとめるのが「結論」だね。

「ちょっと立ち止まって」では、第十段落の「私たちは、ひと目見たときの印象に縛られ・・・」というところが結論になっているよ。

「ちょっと立ち止まって」
テスト対策ポイント③
筆者の言いたいことを確認しよう

説明的文章では、「筆者が説明したいこと(テーマ)」が必ずあるよ。

この「筆者は何を伝えたいのか」を答える問題は、テストでも良くでるので、しっかりおさえておこう。

筆者が伝えたいことは、結論に書いてあるね。

「ちょっと立ち止まって」で筆者が伝えたかったことは

「私たちは、ひと目見た時の印象に縛られがちであるが、ちょっと立ち止まって、中心に見るものを変えたり、見るときの距離を変えたりして「他の見方を試して」みれば、その物の他の面にきづいて、新しい発見の驚きや喜びを味わうことができる」

ということ。

「ちょっと立ち止まって」
テスト対策まとめ

まとめ
  • 「序論」「本論」「結論」の3つのかたまりに分かれている。
  • 「序論」では、何について説明するか紹介がされている。
  • 「本論」では、3つの図の例をあげている。
  •  筆者の伝えたいことは、「私たちはひと目見たときの印象に縛られがちなので、ちょっと立ち止まって、他の見方を試してみれば、新しい発見の驚きや喜びを味わうことができるだろう」ということ。
yumineko
yumineko
 テスト練習問題のページもあるので、ぜひチャレンジしてみてね!
熊と男の子が勉強をしているイラスト
中学1年国語テスト対策問題「ちょっと立ち止まって」テストで出る問題を確認しよう!中学1年国語「ちょっと立ち止まって」のテストに良く出る問題をまとめています。クリックすると答えが表示されるので、実力だめしや練習にピッタ...

 

ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。