中学1年国語

「詩の世界」要点とポイントを解説!【テスト対策】中学1年国語

中学1年国語で学ぶ「詩の世界」について、テストで必要になるポイントを解説するよ。

中学1年国語
「詩の世界」

目次【本記事の内容】

「詩の種類」とは?

詩は、使っている言葉(用語)とか、書き方(形式)とか、内容によっていくつかの「種類」に分けられるよ。

くまごろう
くまごろう
テストでは、この「詩の種類」について問題が出たりするので、種類の分け方と、それぞれの種類を「なんて呼ぶか」を覚える必要があるよ。

それじゃあ、詩の種類はどうやって分けられるのか、ひとつずつ解説するよ。

「用語」の違いで分ける

「用語」というのは、「詩を書くときに、使うことば」のこと。

詩に使われることばには、口語こうご」と「文語ぶんご」という2つの種類があるんだ。

「口語と「文語」については、中学の国語では絶対に必要な知識なので、今しっかり覚えてしまおう!

口語とは?

口語というのは、カンタンに言えば「今の時代に、みんなが話すときに普通に使っていることば」のこと。
「今」と「話しことば」がポイント。

文語とは?

口語に対して、文語というのは、「昔の文章に使われているようなことば」のこと。
「昔」と「文章」がポイントだね。

たとえば、あの有名な「かぐや姫」のお話で考えてみよう。

「かぐや姫」を「文語」で書いた場合

今は昔、竹取のおきなというものありけり。
野山にまじりて竹をとりつつ、よろづの事につかひけり。

「かぐや姫」を「口語」で書いた場合

今となってはもう昔のことだけど、「竹取じいさん」という人がいたんだ。
野山に入っていって、竹を取ってきては、いろんなことに使っていたんだって。

ぜんぜん違うね。
「文語」で書かれているか、「口語」で書かれているかで分ける必要があるのも納得かも。

用語での詩の分け方

「今の話しことば」で書かれていたら
口語詩こうごし

「昔の書きことば」で書かれていたら
文語詩ぶんごし

「形式」の違い

詩の「形式」というのは、「どんなきまりで書かれているか」ということ

たとえば、俳句って、「五・七・五」で書くというきまりがあるよね。

それと同じように、詩にも、「○文字で書く」というきまりがある時があるんだ。

くまごろう
くまごろう
 ○文字のことを、「音数」という言い方をするよ。
たとえば、「5文字で書かれている」ことを「5音で書かれている」というふうに言うよ。

詩の書くときのきまりの違いによって、「定型詩」、「自由詩」、「散文詩」という3つの形式に分かれるよ。
ひとつずつ解説するね。

「定型詩」とは?

詩を書くとき、音数に一定のきまりがある詩のことだよ。

音数にきまりがある詩の例

山のあなたの(7音) 空とおく(5音)
さいわい」住むと(7音) 人のいふ(5音)
ああ、われひとと(7音) とめゆきて(5音)・・・

「7音」と「5音」のくりかえしになっているよね。

こういうふうに「音数にきまりがある詩」のことを「定型詩」と呼ぶんだ。

「自由詩」とは?

定型詩は音数にきまりがあったけど、
自由詩は、「自由」というだけあって、つまり「音数のしばり・・・はナシで」書かれた詩のこと。

書きたいことを、書きたいように書いているから、音数がバラバラということだね。

「散文詩」とは?

ふつう、「詩」といったら、まとまりごとに1行空いていたりするよね。

それに比べて散文詩というのは、まるで小説とかのように「普通の文章で書かれた」詩のこと。

くまごろう
くまごろう
散文詩はあんまりなくて、めずらしいんだ。
中学の国語では、「散文詩」についてまでは覚えていなくても大丈夫。

定型詩と自由詩については、絶対に覚えよう!

「何について書かれているか」の違い

さいごに、「何について書かれているか」の違い。

書かれている内容によって、「叙情詩」「叙景詩」「叙事詩」の3つに分かれるよ。

これも、中学国語ではまだ覚えなくても良いけれど、参考にしてみてね。

叙情詩とは?

「情」、つまり「作者の心情」について書かれた詩のことだよ。

「僕はこう思った」とか、「友達って大切だよね」というように、作者の気持ちや考えを書いたものだね。

叙景詩とは?

「景」、つまり「風景」について書かれた詩のこと。

「夕日がしずむ」とか、「春ののどかな花畑」というように、風景のようすなどを書いたものだね。

叙事詩とは?

「事」、つまり「起きた事」などについて書かれた詩のこと。

「戦争によって焼け野原になってしまった」とか、「転校生が自分のクラスにやってきた」というように、「出来事」などを書いたものだね。

くまごろう
くまごろう
 「詩の世界」で学習する3つの詩も、用語・形式・内容によって種類分けすることができるよ。

それでは、それぞれ詳しく解説するね。

「てがみ」のテスト対策ポイント

「てがみ」の基本情報

作者:寺山てらやま 修司
しゅうじ

詩の形式:口語定型詩
音数:7音と5音のくり返し
連の数:3連
特徴:ひらがなだけで書かれている。

「てがみ」の詩の言葉は、今、みんなが使っている話しことばとおなじだよね。
ということは、用語は「口語」だね。

そして、「つきよのうみに(7音) いちまいの(5音) てがみをながして(7音) やりました(5音)」となっていて、「7音」と「5音」のくり返しになっているね。
ということは、音数に一定のきまりがあるので、形式は「定型詩」だね。

なので、「口語」と「定型詩」を組み合わせて、「口語定型詩」という形式になるよ。

「てがみをながして」とは?

「てがみ」では、「てがみをながして」とあるけれど、これはどういうことかというと、「てがみをうみにながす」というのは、「渡すことのできなかった手紙(思い)」のことを表していると考えられるよ。

「てがみ」=「さかな」?

うみにながした「てがみ」はどうなるかというと、
つきのひかりにてらされて、「あおく」なるんだよね。

最後の連では、「ひとがさかなとよぶもの」は、「だれかのてがみ」だと言っているね。

「てがみ」のテーマ

「伝えられない思い」をうみにながすと、「さかな」になる。
海にたくさん泳いでいる魚は、みんな「伝えることができなかった、だれかの思い」なのではないか。

「太陽」のテスト対策ポイント

「太陽」の基本情報

作者:八木やぎ 重吉じゅうきち

詩の形式:口語自由詩
詩の「時間」:夕暮れ

「太陽」も、書かれている言葉は「今の話しことば」と同じだね。
ということは、用語は「口語」になるね。

そして、音数はというと、特にきまりはないね。

なので、「太陽」の詩の形式は、「口語自由詩」ということになるよ。

「太陽」の詩の時間は?

「太陽」には、「あかくなって落ちてゆくのをみていたら」という表現があるね。

これは、「太陽」が「あかくなって落ちてゆく」ということなんだよね。

太陽が落ちてゆくということは、「夕暮れ」のことだね。

「太陽」の詩の時間は、「夕暮れ」なんだよ。

内容で考えると、2つに分けることができる

「太陽」に書かれている内容でかんがえると、詩を前半と後半の2つに分けることができるよ。

「太陽をひとつふところへ入れていたい」から、「腹がたったら投げつけてたりしたい」までは、
「作者が太陽をどうしたいか」が書かれているね。

そのさきの「まるくなって」から、「太陽がひとつほしくなった」には、
「なぜ作者は太陽をほしいのか」について書かれているね。

「太陽」のテーマ

「太陽」を、自分のものにして自由にしたい。
でも、「手に入れることはできない」「手の届かない」存在として書かれているよ。

「魚と空」のテスト対策ポイント

「魚と空」の基本情報

作者:木坂きさか りょう

詩の形式:口語自由詩
連の数:4連
特徴:句点が使われている。
※句点で考えると、7つの文に分かれている。
表現技法:擬人法・倒置法

「魚と空」も、今の話しことばで書かれていて、音数にはとくにきまりはないね。

なので、詩の形式は「口語自由詩」になるよ。

句点が使われている

ふつう、詩には句点(文の終わりの「。」のこと)は使われないんだけど、「魚と空」には、句点があるのが特徴

れん(文のひとまとまりのこと)は、4つだけれど、句点が使われていることによって、「文」として分けることもできるんだ。

「文」で分けると、全部で7つの文からできているよ。

「魚と空」の表現技法について

表現技法とは、文章や詩を書く時の工夫のことで、
「印象が残るように」したり、「リズムを出したり」する方法のことだね。

擬人法について

「魚と空」の第二連には、「波は 海のやぶれ目を ごまかしている。」とあるね。

「波」は、人間ではないから「ごまかす」ことはできないよね。
そこを人間のように例えて「波」が「ごまかす」というように、「擬人法」を使って印象に残るようにしているんだ。

倒置法について

「魚と空」の第三連には、「魚は 海を脱けでる。 初めてそして たった一度だけ。」とあるね。

これは、ふつうなら「魚は初めて、そしてたった一度だけ海を脱け出る」という言葉の並び方になるよね。

これをあえて逆にすることで印象が強く残るように工夫しているんだね。

鳥は何をつかんでいるの?

「鳥は もう掴んでいる。」とあるけど、何をつかんでいるのかな?

「魚と空」は、なにが起きているのかハッキリは書いていないけれど、「鳥が海へ急降下してきて、泳いでいた魚を掴んで、また飛び上がり、魚を食べる」ということが書かれているんだ。

なので、鳥が掴んでいるのは、「魚」だね。

「海のやぶれ目」とは?

海に、やぶれ目なんて、本当ならあるわけないよね。

じゃあ、なにを表しているのかというと、「鳥」が海を泳ぐ「魚」を掴んだときにできた水面のことを表現しているんだよ。

「もうひとつの空へのまれる。」とは?

魚は、海を脱け出るね。
それって、「鳥」に海から掴み出されたからだよね。

そして、それは「たった一度だけ」と書いてある。
つまり、「もう掴みだされる」ことはない。ということを表現しているんだ。

なぜ「もう掴みだされる」ことはないのかな?
そう、鳥に「食べられてしまうから」なんだね。

この「鳥に食べられてしまう」ことを、「もうひとつの空へのまれる。」と表現しているんだよ。

魚と空のテーマ

鳥が海を泳ぐ魚をみつけて、急降下し、魚を掴み出して、食べてしまうまでの様子を描いている

「詩の世界」テスト対策ポイント
まとめ

「詩の世界」まとめ
  • 詩に使われていることば(用語)によって「口語」と「文語」に分けることができる。
  • 詩を書くときに、音数が決まっているかどうかで、「定型詩」と「自由詩」に分けることができる。
  • 「てがみ」は口語定型詩で、すべてひらがなで3連で書かれている。
  • 「太陽」は口語自由詩で、内容的に前半と後半に分けることができる。
  • 「太陽」の時間は「夕暮れ」
  • 「魚と空」は口語自由詩で、擬人法と倒置法が使われいてる。
  • 「魚と空」には、句点が使われている。
  • 「魚と空」は、4連で書かれているが、句点で考えると7つの文に分かれている。

yumineko
yumineko
テスト練習問題のページもあるので、ぜひチャレンジしてみてね!
中学1年国語テスト対策問題「詩の世界」のテストで出る問題を確認しよう!中学1年国語「詩の世界」のテストに良く出る問題をまとめています。クリックすると答えが表示されるので、実力だめしや練習にピッタリです! ...
ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。