中学3年国語

中学3年国語テスト対策問題「古今和歌集」テストで出る問題を確認しよう!

男の子と熊が勉強しているイラスト

中学3年国語「古今和歌集 仮名序」のテストで良く出る問題をまとめています。

クリックすると答えが表示されるので、実力試しや練習にピッタリです!

「古今和歌集 仮名序」
テスト対策問題

yumineko
yumineko
問題をクリック(タップ)すると、答えが表示されるよ!
古今和歌集仮名序のテスト問題の画像

問1

赤線ア「やまとうた」とは何か、本文の中の漢字を使って2文字で答えなさい。
答え:和歌
【解説】本文に使われている「歌」という漢字と「男女のなかをも和らげ」の「和」という漢字で「和歌」となる。

問2

赤線イ「ことわざ繁きものなれば」の口語訳を次の中から選びなさい。

ア:たくさん言葉を発するので
イ:さまざまな出来事に関わっているので
ウ:いろいろな罪を背負っているので
エ:数多くの苦労を経験しているので

答え:イ

問3

「やまとうた」とは具体的にどういうものか、口語訳から書き抜いて「〜もの」と続くように答えなさい。
答え:心に思うことを、見るもの、聞くものに託して、言い表した(もの)

問4

「河鹿」とは何か、次の中から選びなさい。

ア:蛙
イ:川魚
ウ:鹿
エ:虫

答え:ア

問5

赤線ウ「生きとし生けるもの、いづれか歌をよまざりける」の意味として最も適切なものを次の中から選びなさい。

ア:生きているもので、歌を詠まないものはない
イ:生きているものならば、歌を詠むべきである
ウ:生きているものは、いずれ歌を詠むことになる
エ:生きているものの中には、歌を詠まないものもいる

答え:ア

問6

赤線エ「あはれ」の意味を次の中から選びなさい。

ア:ものがなしい
イ:かわいそう
ウ:みすぼらしい
エ:しみじみとしている

答え:エ

問7

「やまとうた」のもつ力を4つ、口語訳の言葉を使って「〜力」と続くように答えなさい。
答え:
①力ひとつ入れずに天地の神々の心を動かす力
②目に見えないもろもろの精霊たちをしみじみとさせる力
③男女の仲を親しいものとする力
④勇猛な武人の心をも和らげる力
※順不同

問8

四角カ〜ケを、現代仮名遣いに直してひらがなで書きなさい。
答え:
カ:よろず
キ:こころにおもうこと
ク:いいだせる
ケ:あわれとおもわせ
ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。