「一つの花」テストれんしゅう問題【小学4年国語】

小学4年生国語「一つの花」のテストでよく出る問題や過去問をまとめているよ。
問題をクリックすると答えが出てくるので、テストのれんしゅうにピッタリです。

スポンサーリンク

「一つの花」
テストれんしゅう問題

★本文をかくにんするために、教科書をよういしてチャレンジしてね!

yumineko

問題のはじめにある→マークをタップ(クリック)すると答えが表示されるよ!

問1

ゆみ子のはっきりおぼえた最初の言葉とはなんですか。本文にかかれているものをそのままぬき出して10字で答えましょう。
答え:一つだけちょうだい。

問2

「そのころは、おまんじゅうだの、キャラメルだの、チョコレートだの、そんな物はどこへ行ってもありませんでした。」とかかれていますが、「そのころ」とはどんなころですか。本文にかかれているものをそのままぬき出して13字で答えましょう。
答え:まだ戦争のはげしかったころ

問3

「そのころ」、町はどのようなようすでしたか。本文にかかれていることばを使って、2つ答えましょう。
答え:
・毎日、てきの飛行機が飛んできて、ばくだんを落としていった
・次々にやかれて、はいになっていった

問4

ゆみ子がもっともっとと言って、いくらでもほしがるのはなぜだとかんがえられますか。もっともただしいものを次の中からえらびましょう。

ア:お母さんのぶんの食べ物がおいしそうだったから
イ:食べ物がすくなくて、いつもおなかがすいていたから
ウ:ゆみ子はとてもよく食べる子どもだったから
エ:おまんじゅうやキャラメル、チョコレートがめずらしかったから

答え:イ
【かいせつ】
「ゆみ子は、いつもおなかをすかしていたのでしょうか。」とかかれていることから考えよう。

問5

スポイラーのタイトル
答え:ア

問6

ゆみ子が「一つだけちょうだい。」という言葉を最初に覚えたのはなぜでしょうか。本文にかかれていることばを使って20字以内で答えましょう。
答え:(例)お母さんの口ぐせを覚えてしまったから
【かいせつ】
「一つだけー。一つだけー。」と、これが、お母さんの口ぐせになってしまいました。ゆみ子は、知らず知らずのうちに、お母さんのこの口ぐせを覚えてしまったのです。」というところから考えよう。

問7

「お母さんのこの口ぐせを覚えてしまったのです。」とかかれていますが、「この口ぐせ」とはどんな言葉ですか。本文にかかれているものをそのままぬき出して6字で答えましょう。
答え:一つだけー。

問8

「一つだけー。」ということばがお母さんの口ぐせになってしまったことから、どんなことが分かりますか。もっともただしいものを次の中からえらびましょう。

ア:ゆみ子のわがままがなおらなかったこと
イ:戦争のせいで食べ物がたりない生活が続いていたこと
ウ:お母さんがいつもものをたいせつにしていたこと

答え:イ

問9

「なんてかわいそうな子でしょうね。一つだけちょうだいと言えば、なんでももらえると思ってるのね。」とお母さんが言いましたが、なぜお母さんはゆみ子を「かわいそう」と思っているのですか。もっともただしいものを次の中からえらびましょう。

ア:一つだけちょうだいと言っても、じゅうぶんな食べ物はないことをゆみ子がわかっていないから
イ:一つだけちょうだいと言えば、なんでももらえると思うわがままな子になってしまったから
ウ:一つだけちょうだいという言葉を覚えてしまうなんて、恥ずかしいことだから
エ:なんでももらえるようなくらしだと、ゆみ子がかんちがいをしているから

答え

問10

「そんなとき、お父さんはきまってゆみ子をめちゃくちゃに高い高いするのでした。」とかかれていますが、この時のお父さんのきもちとしてただしいものを次の中からえらびましょう。

ア:むじゃきなゆみ子にはらをたてている
イ:ゆみ子の口ぐせを、おもしろがっている
ウ:食べ物のかわりにゆみ子をよろこばせようとしている

答え:ウ

問11

あまりじょうぶでないお父さんも、戦争に行くことになったのはなぜだと考えられますか。次の中からえらびましょう。

ア:お母さんとゆみ子を守るため
イ:近所の人がすすめたから
ウ:兵隊の数がたりなくなったから
エ:お母さんがのぞんだから

答え:ウ

問12

「駅に着くまでにみんな食べてしまいました」と書かれていますが、お母さんがゆみ子におにぎりをみんな食べさせてしまったのはなぜですか。「…から」と続くように、本文にかかれていることばをぬき出して27字でこたえましょう。
答え:戦争に行くお父さんに、ゆみ子の泣き顔を見せたくなかった(から)

問13

「小さくばんざいをしていたり、歌を歌っていたりしていました」と書かれていますが、お父さんがこのようにしたのはなぜですか。もっともただしいものを次の中からえらびましょう。

ア:戦争に行くことになって、ほこらしかったから
イ:ゆみ子とお母さんしか見送る人がいなかったので、はずかしかったから
ウ:ゆみ子が悲しまないように、すこしでも明るくふるまおうとしたから

答え:ウ

問14

小さくばんざいをしたり、歌を歌っていたりしていたお父さんのようすをたとえて書かれた一文を本文からぬき出してそのままこたえましょう。
答え:まるで、戦争になんか行く人ではないかのように。

算数と数学を学びたい方はトムソンさんの『トムラボがオススメです!
より本格的な学習が無料でできます!

トムラボのバナーリンクの画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする