「かんがえるのっておもしろい」小学5年国語【テスト対策問題・過去問まとめ】

勉強をしている男の子と熊のイラスト

小学5年国語で学ぶ谷川俊太郎さんの詩「かんがえるのって おもしろい」のテストで出る問題をまとめています。詩の形式は?テストで良く出るポイントは?
クリックすると答えが表示されるので、実力試しや練習にピッタリです!

「かんがえるのって おもしろい」
テスト対策問題

★本文を確認するために、教科書を用意してチャレンジしてね!

yumineko
問題をクリック(タップ)すると、答えが表示されるよ!

問1

この詩では、「かんがえること」はどんなことのようだとたとえられていますか。「〜こと」とつづくように詩からぬきだして答えましょう。
答え:どこかとおくへいく(こと)

問2

「しらないけしき」とありますが、これはどんなけしきとして表されていますか。次の中からもっともふさわしいものを選びましょう。

ア:とおくのせかいの景色のこと
イ:見たこともない美しい景色のこと
ウ:今まで自分が知らなかったようなこと
エ:よく知らないぶきみなこと

答え:ウ

問3

「そらのあおさが ふかくなる」とありますが、これはどのようなことを表していますか。次の中からもっともふさわしいものを選びましょう。

ア:かんがえているうちに、ふかい青色の夜空になるということ
イ:どこかとおくの青い空が見えるということ
ウ:空の青さがふかくなっても、かんがえることに夢中で気づかないこと
エ:かんがえることで、ものごとのことがもっと分かるということ

答え:エ

問4

「みらいにむかって とんでいる」とありますが、これはどんなことを伝えようとしていますか。次の中からもっともふさわしいものを選びましょう。

ア:みんながかんがえることで、教室がふしぎな力をもつこと
イ:かんがえることで、なんでもできるようになること
ウ:かんがえることで、未来にむかって成長していけること
エ:頭の中でなら、なんでも想像することができること

答え:ウ

問5

「けんかするのも いいみたい」とありますが、けんかするとどんなことが分かりますか。詩の中のことばを使って答えましょう。
答え:(例)かくれていたしらないきもち(かくれているしらないきもち)
【解説】「かくれて」と「しらないきもち」を使って答えよう。

問6

「まえよりもっと」とありますが、何をするまえのことですか。「〜まえ」とつづくように詩の中からぬき出して答えましょう。
答え:けんかする

問7

「けんかするのも いいみたい」とありますが、それはなぜですか。「〜から」とつづくように詩の中からぬき出して答えましょう。
答え:まえよりもっとすきになる(から)

問8

「みんなのちからで そだってく」とありますが、これはどんなことを伝えようとしていますか。次の中からもっともふさわしいものを選びましょう。

ア:ひとりひとりの力がすばらしいこと
イ:みんなしか学校を育てることはできないこと
ウ:みんながつながり合うことで成長できること
エ:学校を育てるにはなかよくすることが必要だということ

答え:ウ

問9

この詩に表現されている「がっこう」はどこにありますか。詩の中からぬき出して5字で答えましょう。
答え:おかのうえ

問10

この詩に表現されている「がっこう」は何によって育ちますか。詩の中からぬき出して答えましょう。
答え:みんなのちから

問11

この詩の形式を説明しているものとしてもっとも正しいものを次の中から選びましょう。

ア:現代の話しことばが使われていて、全ての行の音数が同じになっている。
イ:現代の話しことばが使われていて、5行目と11行目以外の行の音数は、8字・5字または7字・5字になっている。
ウ:昔の話しことばが使われていて、一部をのぞいて音数の決まりがある。
エ:現代の話しことばが使われていて、全ての行の音数に決まりはない。

答え:イ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする