「物が燃え続けるには(ものの燃え方と空気)」をわかりやすく解説

6年生理科「物の燃え方と空気」では、
「物が燃えるときのしくみ」を勉強するよ。

つまり、

①どうしたら燃え続けるのか

②燃えるために必要なもの

③燃えると何が起こるのか

この3つのことを勉強するんだね。

yuminekoyumineko

このページでは、①の
「どうしたら燃え続けるのか」を漫画で説明するよ

どうしたら燃え続けるのか

学校では、ねん土の上にロウソクを立てて、ビンとフタをかぶせて燃やす実験をしたんだけど・・

物の燃え方と空気の実験で粘土にロウソクを立て、ビンをかぶせ、フタをしているイラスト

※このビンは「集気しゅうきビン」と学校では呼んでいたと思うよ。
今回の実験では、底の無い集気ビンを使うよ。

くまごろうくまごろう

みんなも学校で同じ実験をしたかな?
この実験は、「どうしたら物が燃え続けるのか」を調べるための実験なんだよ。

物が燃え続けるために必要なものを調べる実験で、隙間の無いビンでロウソクを燃やすと消えてしまうことを表した漫画


物が燃え続けるには何が必要か調べる実験で、空気が入れ替わると物が燃え続けることを表した漫画


物が燃え続けるには何が必要かを調べる実験で、空気が入れ替わるとなぜ物が燃え続けるかを説明した漫画


物が燃え続けるには何が必要か調べる実験のまとめを書いた漫画


くまごろうくまごろう

どうかな?
今回は「物が燃え続けるには」何が必要かを見つけるための実験だったんだね。

「まったくスキマがない」と、すぐ消えてしまうということは、

①燃え続けるには「新しい空気が必要」ということが分かって、

「スキマを開ける位置や大きさによって火が消えたり燃えつづけたりする」
ということから、

②燃え続けるには「空気が出て行って、新しい空気が入ってくることが必要」ということが分かったんだね。

どうしてスキマの位置や大きさによって「空気が入れかわれたり、入れかわれなかったりするか」は、4年生で習った「空気はあたためられると上へのぼる」ということが関係していたんだね。
ロウソクの火で温められた空気が出ていけるように、スキマの位置や大きさが重要なんだ。
あたためられた空気が出ていけば、新しい空気が入って来られるからね。

6年生はココを押さえればOK!
「物が燃えつづけるには」まとめ

物が燃えつづけるには
絶対覚えよう!キホンの知識
  • 空気がえず入れかわる必要がある
テストの点数に差がつくかも?よくばり知識
  • 実験では、スキマの位置や大きさによって燃えつづけたり消えたりする
  • それは「空気はあたためられると上にのぼる」ことが関係している
  • スキマが下だけでは、燃えつづけられない。
  • スキマが小さくても、上と下が開いていれば燃えつづける
  • 上が開いていても、スキマが小さいと燃えつづけられない
  • 上が大きく開いていれば、燃えつづけられる
yuminekoyumineko

次は2つ目のギモン、「燃やすために必要なもの」について解説するよ!

運営者情報

青山学院大学教育学科卒業。TOEIC795点。2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。志望校の特待生クラストップ10位内で合格を果たす。

感想や意見を聞かせてね