「旅立ちの日に」テスト練習問題と過去問まとめ

「旅立ちの日に」の中学音楽期末テストで出る問題をまとめています。
クリックすると答えが表示されるので、テスト対策の練習にピッタリです。

「旅立ちの日に」定期テスト対策練習問題のPDFをダウンロード

「旅立ちの日に」定期テスト対策練習問題

「旅立ちの日に」定期テスト対策練習問題のPDF(7枚)がダウンロードできます。

PDFを印刷して手書きで勉強したい方は以下のボタンからお進み下さい。

「旅立ちの日に」
テスト対策練習問題

問1

「旅立ちの日に」の作詞者を漢字で答えなさい。

答えを見る

答え:小嶋登

問2

「旅立ちの日に」の作曲者を漢字で答えなさい。

答えを見る

答え:坂本浩美

問3

「旅立ちの日に」は何分の何拍子の曲か答えなさい。

答えを見る

答え:4分の4拍子

問4チャレンジ問題

「旅立ちの日に」は何調の曲か答えなさい。

答えを見る

答え:変ロ長調

問5

「旅立ちの日に」の合唱形態を答えなさい。

答えを見る

答え:混声三部合唱

問6

「旅立ちの日に」の曲のはじめに書かれている指示について、「 」に入る言葉を答えなさい。

指示:Moderato (♩=84くらい)「   」

答えを見る

答え:心をこめて

問7

「Moderato」 の読み方と意味を答えなさい。

答えを見る

答え:
【読み方】モデラート
【意味】中くらいの速さで

問8

次の「旅立ちの日に」の1番の歌詞について、( )に当てはまる言葉を答えなさい。

1 白い光の中に ( ア )は萌えて
( イ )空の果てまでも ( ウ )は飛び立つ
限り無く( エ )に ( オ )ふるわせ
自由を( カ )よ ( キ )こともせず
( ク )を翼にこめて ( ケ )の風にのり
このひろい( コ )に 夢をたくして

答えを見る

答え:
ア・山なみ
イ・遥かな
ウ・君
エ・青い空
オ・心
カ・駆ける鳥
キ・ふり返る
ク・勇気
ケ・希望
コ・大空

問9

次の「旅立ちの日に」の2番以降の歌詞について、( )に当てはまる言葉を答えなさい。

2 懐かしい( ア ) ふとよみがえる
意味もない( イ )に ( ウ )あのとき
( エ )うれしさに ( オ )日よ
みんなすぎたけれど ( カ )強く抱いて

※省略

いま、( キ )のとき
飛び立とう ( ク )信じて
弾む ( ケ )信じて
このひろい
このひろい大空に

答えを見る

答え:
ア・友の声
イ・いさかい
ウ・泣いた
エ・心かよった
オ・抱き合った
カ・思い出
キ・別れ
ク・未来
ケ・若い力

問10

下の楽譜は「旅立ちの日に」の一部である。
①アの記号の読み方と意味を答えなさい。
②イ・ウそれぞれの声部の名前を答えなさい。
③男声部はイ・ウ・エのどれか答えなさい。
④③の男声部の名前を答えなさい。

答えを見る

答え:
①【読み方】ピウ モッソ
【意味】今までより速く
②イ・ソプラノ
ウ・アルト
③エ
④テノール

旅立ちの日にについてのテスト問題のイラスト

下の楽譜について、問11〜答えなさい。

「旅立ちの日に」ののテスト問題のイラスト

問11

アの歌詞には同じ言葉が入る。当てはまる言葉を答えなさい。

答えを見る

答え:このひろい

問12

音楽記号イ〜オの読み方と意味をそれぞれ答えなさい。

答えを見る

答え:
イ・【読み方】クレッシェンド 【意味】だんだん強く
ウ・【読み方】テンポプリモ 【意味】最初の速さで
エ・【読み方】リタルダンド 【意味】だんだん遅く
オ・【読み方】フェルマータ 【意味】ほどよく伸ばして

問13チャレンジ問題

カの音符はタイによって何拍分のばせばよいか答えなさい。

答えを見る

答え:7拍分
【解説】
タイとは、高さの同じ2つの音符をつなげること。
カの音符は高さが同じなので、つなげることになる。
全音符(4拍分)と、付点二分音符(3拍分)がつながることになるので、4+3=7拍分のばせばよい。

yuminekoyumineko

わからない問題があったら、「旅立ちの日に」解説ページをチェックしよう!

音楽の楽典テスト対策もして、高得点を狙おう!

この記事に関連する商品

運営者情報

青山学院大学教育学科卒業。TOEIC795点。2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。志望校の特待生クラストップ10位内で合格を果たす。

感想や意見を聞かせてね

  1. より:

    副教科のテスト勉強ができるサイトなんてあまりないのでとてもありがたいです

    • yumineko より:

      人さん
      そんなふうに言っていただけてとても嬉しいです。
      副教科の記事ももっと増やしていけるよう頑張りますね。