数学Ⅰ

因数分解のたすき掛けの裏ワザ!教科書では教えてくれない「たすき掛けを簡単にする方法」とは?

「たすき掛け」を使う因数分解をもっと早く解く方法はないかな?

高校数学Ⅰの因数分解の「たすき掛け」について学習したけれど、候補の数字がたくさんあると、どれが正しい組み合わせかを見つけるまで何度も「たすき掛け」することになってしまって大変だよね。

そこで、このページでは「たすき掛け」での作業が格段に減るいわば裏ワザを紹介するよ。
この方法を使えば、1度で4つの数字を見つけることが出来るんだ。

yumineko
yumineko
いやいや、裏ワザよりもまずは高校数学の因数分解「たすき掛け」ってどんな公式?と思ったら先にココを確認しよう

教科書では教えてくれない
「たすき掛け」の裏ワザとは?

では、前回の記事で解説した
「たすき掛け」で解く因数分解と同じ問題で試してみよう。

例題

2x2−5xy−3y2    を因数分解せよ

まずは「3つのポイント」を確認して、
「4つの手がかり数字」をみつけよう!

今回注目するのは3つのポイント

「たすき掛け」の公式
acx2+(ad+bc)x+bd=(ax+b)(cx+d)
と問題を照らし合わせると、

ポイント①
ac=2なんだから、
aとcをかけると「2」になる

ポイント②
bd=-3y2なんだから、
bとdをかけると「-3y2」になる

ここまでは、普通に「たすき掛け」で解く時と同じだね。
ここからが新しいポイント。

ポイント③
・和がxの係数と同じ数字になって、
・積がx2の係数と、定数項をかけたものと同じ数字になる
2つの数字を探すんだ。

この問題のxの係数は「-5y」だよね。
2の係数と、定数項をかけると・・
「2」×「-3y2」で、「-6y2」。

つまり、和が「-5y」で積が「-6y2」になる2つの数字を探すんだ。

くまごろう
くまごろう
和が「-5y」で、
積が「-6y2」になる2つの数字だから、
「-6y」と「y」しかないね。

こうやって見つけた4つの数字「2」「-3y2」「-6y」「y」は、「手がかり数字」なんだ。

4つの手がかり数字を表にする

こうやって見つけた4つの手がかり数字を、下のように表にする。

この表にはそれぞれ下の図の関係で
4つの答えの数字が当てはまるんだ。

くまごろう
くまごろう
普通ののたすき掛けと決定的に違うのは、
右側部分も「-6y」と「y」というようにもう手がかりの答えが分かっているよね。

だから、考えられる答えの数字の組み合わせは1通りしかないんだ。

だから何度も候補を入れ替えたりする必要もなく、いっぺんに数字が揃うんだね。

関係を満たす4つの答えの数字をみつける

この関係を全て満たす数字の組み合わせは
下のとおり1つしかないよ。

これであっという間に
a=1
b=-3y
c=2
d=y
という4つの答えの数字が揃ったね!

答え:(x-3y)(2x+y)

まとめ

・裏ワザを使うと、たすき掛けを何度もしなくても1度で答えの4つの答えの数字が見つけられる。

手順①3つのポイントから、4つの手がかり数字をみつける。
手順②4つの手がかり数字を表にする。
手順③表の中の関係が全て満たされる4つの答えの数字をみつける。

yumineko
yumineko
テストではいかに早く問題を解けるかがもちろん重要だよね。「たすき掛け」の因数分解が簡単にできるこの裏ワザをぜひ活用してね。

 

ABOUT ME
yumineko
2019年の長女の高校受験時、訳あって塾にはいかず自宅学習することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。