古典

古典:古文常識「陰暦の名称」を覚えよう!由来とイラストでわかりやすく解説!

陰暦の名称ってなに?
如月とか、皐月ってどういう意味??
おススメの覚え方は?
陰暦(月)の名前の由来を
こどもにもわかりやすい言葉で解説!
イラストもあるのでイメージしやすい!

yumineko
yumineko
古文の学習をするには、古文で使われる
用語を理解している必要があるよね。
「古文常識」はそのひとつだよ。
「古文を勉強するための常識」
みたいなものかな。

今回はその中の「陰暦の名称」
(月の名前)を覚えよう。

陰暦の名称

1月 睦月(むつき)
2月 如月(きさらぎ)
3月 弥生(やよい)
4月 卯月(うづき)
5月 皐月(さつき)
6月 水無月(みなづき)
7月 文月(ふみつき/ふづき)
8月 葉月(はづき)
9月 長月(ながつき)
10月 神無月(かんなづき)
11月 霜月(しもつき)
12月 師走(しわす)

教科書にも表が載ってるけど、覚えるのが大変で・・・
くまごろう
くまごろう
うん。ただ名称が書き並べてあるのを眺めたって、なかなか頭に入らないよね。
でも、ひとつひとつ
「なぜその名前になったのか?」まで学習すると、記憶に残りやすいんだ!

そもそも陰暦って何??

くまごろう
くまごろう
陰暦の反対は陽暦だよ。
陽はなんの陽かわかるかな?
あっ
もしかして、太陽??

陽暦は「太陽の動きをもとに」
季節の移り変わりや1年の月日を
決めている。
陽暦=新暦ともいって、
日本では明治5年のおわりから
新暦が使われているよ。

陽暦が太陽ということは、
陰暦は・・・

そう、「月の満ち欠けをもとに」
新月から新月までを、ひと月にしたんだ。
(だから○○月なのかもしれないね)
陰暦は旧暦とも呼ばれているよ。

実は陰暦から陽暦に変わったのは、
明治5年の12月3日だったんだけど、
その日をそのまま陽暦としての
明治6年1月1日にしてしまったんだ。

1ヶ月近く飛ばしちゃってる
くまごろう
くまごろう
そう。だから、
陰暦の月の季節感と、今の季節感にはズレがあるんだよ。

陰暦の四季

春 1月・2月・3月
夏 4月・5月・6月
秋 7月・8月・9月
冬 10月・11月・12月

うーん・・
1月が春で7月が秋・・?
くまごろう
くまごろう
ね、だいぶズレているでしょ。
でも、陽暦は陰暦よりも1ヶ月
早まってしまっていることを考えると
陰暦の1月は今の2月に相当するんだ。
それを考えて書き直してみたよ。

陰暦の四季
(1ヶ月のズレを考慮すると)

春 2月・3月・4月
夏 5月・6月・7月
秋 8月・9月・10月
冬 11月・12月・1月

これなら今の感覚にちょっと近いかな。
くまごろう
くまごろう
この「1ヶ月のズレ」を
考慮すると、これから説明する
月の名称も納得できると思うよ。

それぞれの月の名称の由来は?

睦月(むつき)

1月には何があるかな?
そう、お正月だね。
君も親戚一同で集まったりしないかな?
「皆で仲良く過ごす」時期だね。
「睦」は「睦まじい」という言葉どおり、
「仲良く」という意味があるんだ。

「睦まじい月」だから「睦月」なんだよ。

如月(きさらぎ)

1ヶ月のズレを考えると、陰暦の2月は
今の3月の季節感なんだ。

もともとは「衣更着(きさらぎ)」と
書いて、「寒いから衣服を着込む」という
意味だったという説が有力なんだけど、

「生更木(きさらぎ)」と書いて、
「暖かくなって、木が生い茂る」という
意味だったという説もあるんだ。

本来は3月の季節感だったと思うと、
「生更木」の説の方がしっくりくるかな。

ではなぜ「如月」と書くの?
くまごろう
くまごろう
もとは中国の2月
「如月(にょげつ)」
から来てるんだよ。
ちなみに、中国の如月は
「春に向かう月」という意味があるよ。

弥生(やよい)

陰暦の3月は今の4月の季節感だね。
「弥」には「いよいよ」という
意味があるんだ。

本格的に春になって、
「いよいよ草木が生い茂る」
という意味だよ。
「弥よ生い茂る月」で「弥生」だね。

卯月(うづき)

まずひとつは、
「うさぎ」の卯という説があるよ。
干支の4番目は「うさぎ」だね。
4番目の月だから、「うさぎ」なんだ

他には、「ウツギ」という花を
別名「卯の花」と呼ぶんだけど、
その「卯の花」から卯月とも言われている。

ウツギの花は5月頃に咲くんだ。
陰暦の4月は5月の季節感だから、
これも納得だね。

「卯(うさぎ)の月」
または「卯の花の月」
で「卯月」だね

皐月(さつき)

皐という漢字は、
「神様に稲穂をささげる」という
意味がある
また、「さ」という言葉は、
昔の言葉で「耕作」という意味だったんだ。

だから、「皐月」は
「田植えの時期」という意味があるよ。
田植えの時期は地域によって差があるけど、
全国的に4~6月が平均とのこと。
(関東は6月上旬ごろ)
「皐(田植えをする)月」
だから「皐月」だね。

「五月雨(さみだれ)」という
言葉があるよね。
あれは「梅雨」のことなんだけど、
梅雨は6月なのに、なんで
「五月雨」なのかと思ったことはないかな?
陰暦の5月は今の6月の季節感と思えば、
これも納得だね!

水無月(みなづき)

陰暦の6月は今の7月の季節感だね。
7月といえば、梅雨も終わって、
本格的に暑くなるころ。
だから「水が無くなる」で
「水無月」になった、という説が
有力だよ。

他に、田んぼに水を引く時期だから
「水の月」で、「の=無」と
字を当てたという説もあるよ。

「水の(無)月」だから「水無月」だね。

文月(ふみづき)

7月といえば七夕だよね。
短冊に願いを書いて、七夕の笹に飾り吊るす
ことから、「文を書く月」=文月になったよ。

葉月(はづき)

陰暦の8月は今の9月の季節感にあたるよ。
秋の入口、葉が色づいて美しい時期だね。
「葉が美しい月」だから「葉月」なんだ。

長月(ながつき)

陰暦の9月は今の10月に相当するね。
10月から12月の冬至にかけて、
日の出から日の入りまでの時間は
一年の中で一番短くなっていくんだ。

つまり、「夜が長くなる」んだね。
「秋の夜長」という言葉は有名だよね。

「夜が長い月」から「長月」になったよ。

神無月(かんなづき)

日本には八百万(やおよろず)の神様がいるんだけど、
神様達のふるさとは島根県の出雲(いずも)なんだ。

神様たちは、一年に一度、出雲にある
「出雲大社(いずもたいしゃ)」に
集まって会議を開くよ。

「今年は豊作にするか、凶作にするか」
とか、
「誰と誰を結婚させよう」なんて
話し合いをしているらしい(笑)

その会議は、陰暦の10月10日が
スタートなんだ。
だから陰暦の10月は、日本の神様たちが
みんな出雲に出かけてしまっていて
いないから、
「神様が無い(いない)月」で
「神無月」になったよ。
ちなみに、出雲の人にとっては
日本中の神様がやってくるので、
10月は「神在月(かみありづき)」
と呼ばれているよ(笑)

霜月(しもつき)

陰暦の11月は今の12月くらいの
季節感なので、
いよいよ寒さが本格的になってきて、
地面に霜(しも)がおりる時期なんだ。

「霜がおりる月」で「霜月」だよ。

師走(しわす)

これは結構有名だね。

年末は、みんなも色々忙しいよね?
大掃除をしたり、お正月の用意をするために
買い出しに行ったり、
年賀状を書いたり・・

昔も一緒。
年末は、「師(先生)」でさえも
色々忙しくて走り回るということから、
「師が走る月」で「師走」なんだ。

※「師」は「先生」の他にも、
「お坊さん」とか「孔子」などの
説が色々あるよ。
どれにせよ、「偉い人でもアタフタする」
というイメージでOK(笑)

yumineko
yumineko
どうかな?
せっかくなら、ただ丸暗記するのではなく、それぞれの由来や意味を調べると
とても面白いし、記憶に残りやすいよね。
月の名前の付け方ひとつにも、日本ならではの
感性や伝統、暮らしが取り入れられているんだね。
ABOUT ME
yumineko
2019年の長女の高校受験時、訳あって塾にはいかず自宅学習することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。