高校2年

「てこのはたらき」小学6年生理科を漫画で学習!「てこのはたらき」

yumineko
yumineko
このページでは、小学6年理科「てこのはたらき」について、教科書に書いてあることを「わかりやすい言葉」に変えながら解説していくよ!

てこのはたらき

教科書の説明

棒のある1点を支えにして、棒の一部分に力を加えることで、物を持ち上げたり動かしたりするものを、「てこ」という。
てこには、「支点」・「力点」・「作用点」がある。

さっそく「わかりやすい言葉」に置き換えて解説していくよ!

教科書くん
教科書くん
棒のある1点を支えにして、棒の一部分に力を加えることで、物を持ち上げたり動かしたりするものを、「てこ」という。
くまごろう
くまごろう
言葉だけだとよくわからないね。
どういう状態かイラストで見てみよう!
教科書くん
教科書くん
てこには、支点(してん)、力点(りきてん)、作用点(さようてん)がある。
くまごろう
くまごろう
この「てこ」でポイントになる3つに、それぞれ名前があるということだね。

てこって何がすごいの??

たろう
たろう
なるほど。
「てこ」がどういうものかは分かったけど、なんでワザワザこんなことを覚える必要があるの??
くまごろう
くまごろう
だって、「てこ」はとても「便利」なんだ。

「てこ」のおかげで、小さい力で大きいものを動かせる!!

くまごろう
くまごろう
「てこ」を使うと、使い方によって「小さい力」でも「大きいもの」を動かすことができる んだよ。

 

たろう
たろう
本当だ!
同じ重さのおもりを、同じ「僕」が持ち上げているのに、てこの使い方によっては「ラク」に感じたり、「キツく」感じたりするんだね。
くまごろう
くまごろう
そう。
ということは、人が生活していて「何か大きなものを動かさなきゃいけない」ときに、「てこ」のことを知っているだけで「ラクに動かす」ことが出来る、ということだね。

シーソーも「てこ」を使った遊具だね。

たろう
たろう
直接、友達のことを持ち上げようと思ったって絶対ムリだもんね。
てこって便利だね。

6年生はココを押さえればOK!
「てこのはたらき」まとめ

 

まとめ

※赤いキーワードは必ず覚えよう!

  • 棒のある1点を支えにえにして、棒の一部に力を加えて物を持ち上げたり動かしたりするものを、「てこ」という。
  • てこには、「支点」「力点」「作用点」がある。
  • 「支点」とは、棒を支える位置(点)のこと。
  • 「力点」とは、棒に力を加える位置(点)のこと。
  • 「作用点」とは、物を持ち上げたり動かしたりする位置(点)のこと。
  • 支点と作用点のキョリを短くすると、小さい力で物を持ち上げることが出来る(手ごたえが小さくなる)。
  • 支点と力点のキョリを長くすると、小さい力で物を持ち上げることが出来る(手ごたえが小さくなる)。

yumineko
yumineko
次は、「てこが水平につり合うとき」の学習について解説するよ!
ABOUT ME
yumineko
2019年の長女の高校受験時、訳あって塾にはいかず自宅学習することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。