中学歴史

中学歴史「古墳時代」を5分で学習しよう!漫画と簡単なことばでサクッと読める!

このページでは、中学歴史「古墳時代」について、中学で覚えなきゃいけないことに絞って解説するよ。

yumineko
yumineko
中学の歴史は、小学校で習う内容に「さらにエピソードがプラスされたり」、「もっと詳しくなっている」ので、まずは小学校の歴史を理解することが大事だよ。
このサイトの「6年生社会」では、小学校で習う「古墳時代」の学習ページもあるので、合わせて読んでみてね!

まずは小学校で習うことをチェックしておこう!

歴史を漫画で学習しよう!「古墳時代」シンプルな漫画と説明でサクッと読める! 弥生時代のおわりには、権力や富を得た「豪族」が登場したり、「くに」が出来て、「王」が誕生したよね。 「豪族」や「くに」、「王」の登...
中学の古墳時代、コレがプラスされる!
  • 大和政権と、地方の豪族の関係
  • 大和政権は、朝鮮半島や中国とどんな関係だったか
  • 渡来人が日本に伝えた技術の詳しい内容
yumineko
yumineko
まずはサクッと古墳時代のことをおさらいしておこう!

古墳時代、基本知識をおさらい!

古墳ってなんだっけ?

弥生時代に人々が米作りをはじめたね。

米作りは、チームになって作ったほうが効率がいいので、人々は「むら」を作って生活していた。
「むら」のリーダー的存在の「指導者」は、「むら」の人々を支配するようになって「貧富の差」が出てきたんだ。

「むら」同士でも、土地や水を取り合うために戦いが起きたりして、勝った「むら」の指導者は、制覇した「むら」の人々や土地を従えて「くに」を作るようになっていった

こうして、各地方で支配者になった一族のことを「豪族」と呼ぶよ。

豪族は、自分がどれだけ大きな力を持っていたかということをアピールするため「大きな墓」を作るようになったんだ。
それが「古墳」だね。

「古墳」がたくさん作られた時代を「古墳時代」と呼ぶよ。

大和政権ってなんだっけ?

古墳時代の大和地方(今の奈良県)には、とても力のある豪族が集まっていたんだ。

そして、その豪族たちが連合(協力し合うイメージ)して作ったのが「大和政権」だね。

大和政権のトップは「大王(おおきみ)」と呼ばれていたよ。
大王は後の天皇だったよね。

渡来人ってなんだったっけ?

渡来人というのは、朝鮮半島から日本へ移り住んできた人のことだよ。
弥生時代に「米作り」を伝えてくれたのも渡来人だったね。

大和政権は渡来人から色々な技術を教えてもらったり、渡来人の力をかりて、さらに力を強めて行ったんだ。そして、九州から関東までを支配することが出来たんだよ。

yumineko
yumineko
基本のおさらいができたら、いよいよ中学でプラスされる知識を学習しよう!

大和政権と地方の豪族の関係

大和政権のしくみ

大王を中心にした大和政権では、豪族はそれぞれ「氏(うじ)」という集団を作っていたよ。
氏は、基本的には血縁関係(血のつながり、つまり家族のイメージ)をもとにして作られた集団。

中央(大和政権の中心)の豪族は、氏ごとに先祖代々、決まった職業を担当していたりしたよ。

地方の豪族との関係は?

そして地方の豪族は、その地方の土地や人々を支配することを認めてもらう代わりに、大和政権に貢物(みつぎもの)を納めていたんだ。

大和政権と朝鮮・中国の関係

大和政権や豪族たちは、「鉄」を手に入れるために朝鮮半島の南の端にある「伽耶諸国(かやしょこく)」と交流をしていたんだ。

勢力を広げるためには、強い武器が必要になるよね。
なので、鉄などを手に入れようとしていたんだね。
伽耶諸国は鉄が多くとれる生産地帯だったんだ。

でも、ほかの国だって鉄は欲しいよね。
この頃の朝鮮や中国はどんな状態だったかというと・・

この頃の朝鮮半島

朝鮮半島の北部は、「高句麗(こうくり・コグリョ)」という国が支配していたよ。
南部には、「新羅(しんら・シルラ)」と、「百済(くだら・ペクチェ)」という国があったよ。

朝鮮半島の国と大和政権の関係

大和政権は伽耶諸国と交流して鉄を手に入れていたんだよね。

朝鮮半島の北部を支配していた高句麗だって、鉄が欲しいよね。
そんなワケで、鉄をめぐって大和政権と高句麗はライバル状態

一方、百済も高句麗とは対立していたんだ。
ということは、「敵の敵は味方!」となって、百済と大和政権は同盟を結んだよ。

そして、大和政権は高句麗や新羅と戦うことになったんだ。

この頃の中国は?

この頃の中国は、南北に分かれて王朝(王が支配する政権のこと・中国では皇帝がトップ)ができていて、そのうちの南朝(南側の王朝)は「宋(そう)」という王朝が支配していたよ。

宋と大和政権の関係

大和政権は、この宋に何度もお使いを送っているよ。

何のためのお使い??
くまごろう
くまごろう
中国はこの頃のアジアの中で「大国」だったからね。
「宋の皇帝に認められた」となれば、朝鮮半島の国から一目置かれるよね。
そうすれば、対立していた高句麗との関係が有利になると考えたんだね。

渡来人が日本に伝えたもの

伝えたもの①技術

渡来人は、土木工事の技術、金属を加工する技術、絹を織る技術、そして「須恵器(すえき)」という土器の作り方を伝えたよ。

土器?
縄文土器と弥生土器なら分かるけど・・・。
くまごろう
くまごろう
縄文土器や弥生土器は素焼きなんだ。
須恵器は、「窯を使って焼く」ところが違いだよ。
窯を使うと、高温で焼くことができるので、素焼きの土器よりも硬いんだ。

伝えたもの②漢字

日本には、ずっと文字がなかったよね。
だから、邪馬台国のことは記録が残っていなくて、今でもナゾのままなんだもんね。

渡来人は、日本に「漢字」を伝えたんだ。
渡来人は大和政権の記録を残したり、外国へ送る文書を作ったりして、活躍していたよ。

伝えたもの③仏教

6世紀に、大和政権と同盟を結んでいた百済から「仏教」が伝わったんだ。

中学歴史ではココを押さえればOK!
古墳時代まとめ

古墳時代まとめ

※赤いキーワードは絶対に覚えよう!

・地方の豪族は、地方を支配することを認めてもらう代わりに、大和政権へ貢ぎ物を納めていた
・大和政権は、鉄を手に入れるために朝鮮半島南端の伽耶諸国と交流をしていた
・この時代の朝鮮半島は、高句麗・百済・新羅が支配していた
・大和政権は百済と同盟を結び、高句麗や新羅と対立していた
・この時代の中国の南朝は宋が支配していた。
・大和政権は、宋へ何度も使いを送っていた
・渡来人は、土木工事・金属加工・絹織物の技術を日本に伝えた
・渡来人は、須恵器という土器の作り方を伝えた
・渡来人は、日本に漢字を伝えた
・6世紀に、百済から仏教が伝わった

 

 

 

ABOUT ME
yumineko
2019年の長女の高校受験時、訳あって塾にはいかず自宅学習することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。