社会6

歴史を漫画で勉強しよう!「縄文時代」シンプルな漫画と説明でサクッと読める!

小学校6年生の社会から、いよいよ歴史の勉強が始まるよ。

歴史は覚えることが沢山だから苦手な子も多いのではないかな?
「歴史の勉強は暗記」と思われがちだけど、歴史の勉強で大切なのは、

yumineko
yumineko
このサイトでは、そんな
「なぜ」「どうなった」という歴史の「流れ」を理解できるように、漫画も使って説明するよ。
縄文時代、ココがピンとこない!
  • いきなり縄文時代から始まるけど、日本人ってどこから来たの?
  • 土器って重要なの?何のために作ったの?
  • 縄文時代とか弥生時代とか、なにが違うのかピンと来ない!

では早速解説していくよ!

日本人ってどこから来たの?

縄文時代より前
「旧石器時代」

日本人はどこからやってきたか知っているかな??

今は日本は「島国」だよね。でも、大昔、すごーく寒い時期(氷河期・ひょうがき)に海の水が凍ってしまって、凍ったぶん、海の高さがぐぐっと低い時があったんだ。

その時は 大陸(ロシアや中国がある大きな陸地のこと)とつながっていた んだよ。

そして人類は大陸から歩いて日本へやってきたんだ。

なんで日本にやってきたの?
くまごろう
くまごろう
「獲物を追って一緒にきた」とか「争いから逃げてきた」と言われているよ。
こういうワケだった!
  • 大昔、日本と大陸はつながっていた!
  • 大陸からヒトが日本へ歩いてやって来た!

この頃のことは、
「旧石器時代(きゅうせっきじだい)」と言うんだ。
※下線のあることばは、クリックするとことばの意味を説明しているページが開くよ!

旧石器時代は、「石のオノとかヤリで、獲物をやっつけて食べていた」時代だね。

くまごろう
くまごろう
せっかくやっつけた獲物だけど、お肉ってずっと保存出来る?
たろう
たろう
うーん・・ずっとはとっておけないね。
くまごろう
くまごろう
そうだよね。
ということは、人々はいつも獲物を追う生活」をしなきゃいけなかったんだ。

なので、このころの人類は獲物を追って移動する生活だった。

住むところも、決まったお家ではなく洞窟なんかにとりあえずで住んだりしていたよ。

たろう
たろう
なんだか落ち着かなそう。
くまごろう
くまごろう
そんな中、人類が手にしたのが
ニューアイテム「土器」

土器が誕生したことで、縄文時代へとつながっていくんだよ。

土器って?
そんなに重要なの?

「土器(どき)」は、粘(つち)をこねて焼いた、硬い(うつわ)のことだよ。

土の器だから「土器」だね。
くまごろう
くまごろう
土器を作れるようになったことは、ヒトにとって大発明だったんだよ。
でもただの器でしょ?
大発明なんて大げさじゃない??

「土器」は、今のキミたちが使っている「ナベ」とか「フライパン」のよう使い方ができるんだ。
土器が誕生したおかげで、 ヒトは「食べ物を煮たり焼いたり」できるようになった んだ。

そうすると、硬い木の実を煮て柔らかくして食べたり、肉でハンバーグのようなものを作ったり、パンのようなものを作ったりできるようになったんだよ。

ということは、食生活(どんなものを、どう食べるのか)がガラリと変わったということ。

こうして

「いつも動物を追いかける生活」

から

「食物を料理して保存できる」=「一箇所に落ち着いて住める生活」

になったんだ。

土器・・めっちゃ重要だね。
くまごろう
くまごろう
土器が登場したことで、ヒトの暮らしが大きく変わったから、ここで区切って「時代が変わった」と考えるんだよ。
歴史では、大きな変化があるごとに「時代」として区切られるんだ。

この頃作られた土器には、縄の文様(もんよう)がつけられていたので、縄文土器(じょうもんどき)と呼ぶんだ。
そして、 縄文土器のおかげでヒトの暮らしが変わったので、この頃を「縄文時代」と呼ぶ んだよ。

こういうワケだった!
  • 土器のおかげで食べ物を煮たり焼いたりできるようになった!
  • 土器のおかげで、食べられるものが増えた!
  • 狩りをしながら移動する生活から、落ち着いて決まった場所に住めるようになった!

縄文時代ってどんな時代?

縄文時代ってどのくらい昔なの?

なるほど。
ところで、縄文時代っていつ頃のことなの?
くまごろう
くまごろう
縄文時代は、今から1万2000年ほど前に始まって、1万年近く続いたんだ。(2019年現在)
たろう
たろう
ええっ
そんな昔のこと、どうして分かるの??

そんな昔のことが分かるのは、「遺跡(いせき)」のおかげなんだ。

遺跡ってなに?

遺跡というのは、その頃のヒトが暮らしていた様子が残っている場所や建物のことだよ。
された(のこされた)(あと)」だから「遺跡」なんだね。

その頃のヒトの暮らしていた様子が残っているんだから、その「昔のヒトたちの生活がどんなだったか」を調べるのにピッタリだよね。

たとえば、「縄文時代のヒトの生活がどうして分かったか」というと、

遺跡から「縄文土器」が出てきたので、「この頃に土器が登場した」とか、

「火を起こした跡の土の焦げ」から「土器を使って料理をしていた」とか、

「土を掘り下げた(掘ってくぼみを作ること)あと」から、この頃のヒトは土を掘ってくぼみを作って、植物で屋根を作った「竪穴住居」に住んでいたということが分かったり、

「お墓のあとが沢山」あるので、ヒトの集団がそこで長いあいだ暮らしていたことが分かったりしたんだ。

遺跡を調べれば、その時代の生活や、その時代が何年くらい前か分かるんだよ。

くまごろう
くまごろう
君の部屋のゴミ箱から出てきたものを見れば、
君が何をしたか、いつぐらいに何を食べたかが分かったりするでしょ(笑)

遺跡も、「その時代の人々が暮らしていた跡」だから、遺跡から出てくるものを調べれば、その時代の人々が何をして、何を食べていたか・・などが分かるんだよ。

縄文時代のことがわかる遺跡はどこ?

縄文時代の遺跡で日本で一番大きいものは、青森県にある「三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)」だよ。

yumineko
yumineko
この「三内丸山遺跡」は中学でもテストで出たりするから今おぼえちゃおうね。

縄文時代の遺跡では、「貝塚(かいづか)」というものが見つかっているんだ。

くまごろう
くまごろう
貝塚は、縄文時代のヒトたちが貝を煮て食べたあと、その貝殻をまとめて捨てていた場所で、貝殻が積み上がって塚(もりあがり)が出来ているんだ。

貝塚から出てきた食べ物のゴミ(貝殻や、動物の骨など)を見て、 縄文時代のヒトは貝や木の実、小さな動物を狩って食べていた ことがわかっているよ。

縄文時代の特徴
「みんな平等」!

遺跡から、縄文時代の生活でわかったことが他にもあるよ。

まず、「家の大きさが皆だいたい同じ」

くまごろう
くまごろう
家の大きさが同じということから何が分かるかな?

家の大きさに差がないということは、
「貧富の差」とか「偉い人」とかが無かったということ。

 縄文時代では、みんなが平等だった んだ。

余裕があったら読もう!

遺跡からわかった縄文時代のこと

ほかにも、「黒曜石(こくようせき)」が本州の遺跡から出たりしたんだけど、「黒曜石」は北海道で採れる石なんだ。ということは、本州の人と北海道の人のように、お互い遠いところに住んでいる人同士で「物の交換(交易)」をしていたということも分かったんだよ。

yumineko
yumineko
ちなみに、縄文時代の日本の人口(日本にいる人の数)は約26万人といわれているよ。
現在(令和元年)は1億2600万人だから、まだまだ少ないね。
こういうワケだった!
  • 縄文時代の特徴①「縄文土器を使っていた」
  • 縄文時代の特徴②木の実や貝をとって煮たり焼いたりして食べていた
  • 縄文時代の特徴③「みんな平等だった」

6年生はここを押さえればOK!
まとめ

縄文時代のまとめ

※赤いキーワードは必ず覚えよう!
・始まりは1万2000年前

・1万年続いた

縄文土器が出来たことで、食生活が変わった

・食生活が代わり、決まったところに住むようになった

家は竪穴住居

貝塚から、縄文時代に何を食べていたかがわかった

・みんな平等だった

・代表的な遺跡は「三内丸山遺跡」

yumineko
yumineko
次は「弥生時代」について解説するよ!
歴史を漫画で勉強しよう!「弥生時代(前編)」シンプルな漫画と説明でサクッと読める! 縄文時代では、「土器」が登場したことで、人々の食生活がおおきく変わって、決まったところに住みかを作って暮らすようになっていたね。 ...
ABOUT ME
yumineko
2019年の長女の高校受験時、訳あって塾にはいかず自宅学習することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。