さくいん

分からないコトバもすぐに分かる!歴史で出てくる用語をひとつひとつ簡単な言葉で解説!索引「た~と」

yumineko
yumineko
随時更新していきます!

「た」で始まる用語

大化の改新たいかのかいしん645年、力を持ちすぎた蘇我氏そがしの中心人物だった蘇我入鹿そがのいるかを、乙巳の変いっしのへんで倒し、天皇中心の国づくりをするために政治のやり方を新しくして、日本で初めての元号げんごうを決めた。
その初の元号が大化たいかなので、この改革を「大化の改新」という。
乙巳の変と大化の改新で活躍した中心人物は、中大兄皇子なかのおおえのおうじ中臣鎌足なかとみのかまたり
登場するページ→6年歴史「大化の改新」中学歴史「大化の改新」
太閤検地たいこうけんち検地けんちとは、田畑の大きさや、田畑の良し悪しを測って、その田畑でどのくらいの米がれるかを検査すること。豊臣秀吉が年貢ねんぐをきちんと集めるために、全国各地の田畑を検地した。このとき、豊臣秀吉は「太閤たいこう(もと大臣)という意味)」と呼ばれていたので、太閤が検地したということで「太閤検地」と呼ぶ。
豊臣秀吉は、全国の田畑を公平に検地するために、「ものさし」と「ます」を統一した。
登場するページ→6年歴史「安土桃山時代(豊臣秀吉)
大山古墳だいせんこふん大阪府堺市さかいし堺区大山町だいせんちょうにある古墳こふん。第16代の天皇である仁徳天皇にんとくてんのうの古墳で、日本で一番大きな古墳。長さは525m、高さ39.8m。古墳のデザインは前方後円墳ぜんぽうこうえんふん
登場するページ→6年歴史「古墳時代」
帯方郡たいほうぐん204年から313年の109年間のあいだ、古代の中国によって朝鮮半島ちょうせんはんとう中西部におかれていた拠点きょてん植民地しょくみんちだったと考える意見もある。314年に高句麗こうくりによってほろぼされた。
耶馬台国やまたいこく(古代中国にあった国)のやりとりは、帯方郡を通して行われた。
三国時代に帯方郡がどこにあったかを表すイラスト
大宝律令たいほうりつりょう701年に作られた日本ではじめての律令りつりょう。律とは「刑法」のことで、つまり「こういうことをしたら、こんな罰を与える」ということを決めたもの。令はそれ以外の法律のこと。
中国のとうの律令を参考にして作られた。
律は全部で6巻、令は11巻ある。
大宝律令ができたことで「日本」という国号こくごうが決められたという説もある。
武田信玄たけだしんげん源頼朝みなもとのよりともと同じ清和源氏せいわげんじ支流しりゅうで、鎌倉時代から甲斐かい国の守護しゅごをしていた。とても強くて有名。戦国時代せんごくじだいでは戦国大名せんごくだいみょうとして、織田信長おだのぶなが徳川家康とくがわいえやすと対抗した。
1572年の三方ヶ原みかたがはらの戦いで徳川家康を破る。(家康は逃亡)
第15第室町幕府将軍足利義昭あしかがよしあきの命令を受けて織田信長を攻める途中で、急病で亡くなった。
息子の武田勝頼たけだかつよりは信玄のあとをついで信長と戦うが、1575年の長篠ながしのの戦いで破れた。
登場するページ→6年歴史「戦国時代」「安土桃山時代(織田信長)
太政大臣だじょうだいじん太政官の長官ちょうかん(リーダーのこと)つまり朝廷のトップの役職。適任者てきにんしゃ(役に合った人のこと)がいなければおかれない「則闕そっけつかん」と言われる。
位階は正一位・従一位、官職は太政官。
武家からは平清盛たいらのきよもり足利義満あしかがよしみつ豊臣秀吉とよとみひでよし徳川家康とくがわいえやす徳川秀忠とくがわひでただ徳川家斉とくがわいえなりが太政大臣に任命されている。
日本史上初の太政大臣は大友皇子おおとものみこ弘文天皇こうぶんてんのう天智天皇てんじてんのうの皇子)で、明治の政治家三条実美さんじょうさねとみまで95人がついた。
竪穴住居たてあなじゅうきょ地面を円の形や、方形ほうけい(四角のこと)に掘ってくぼみを作り、そこに柱を何本か建てて、はりなどをつなぎ合わせて家の骨組ほねぐみを作り、その上に土やかやなどの植物で屋根をふいた(上からおおって屋根にすること)建物のこと。
日本では、縄文時代・弥生時代によく家として作られていた。
古墳時代より後になると、だんだん作られなくなっていったと言われているが、東北地方では室町時代の竪穴住居が見つかったり、江戸時代にも使われていたという説もある。
「竪穴式住居」と書く時もある。
登場するページ→小学6年歴史「縄文時代」、中学歴史「縄文時代」
玉虫厨子たまむしのずし法隆寺ほうりゅうじにおさめられている仏具ぶつぐ玉虫たまむしという昆虫の羽を飾りとして使っている。高さ233センチ。
飛鳥文化あすかぶんかの特徴である工芸品のひとつ。国宝に指定されている。
厨子ずしとは、仏像などを納める屋根付きの工作物のこと。
推古天皇すいこてんのうが愛用していたと言われている。
登場するページ→中学歴史「飛鳥時代

「ち」で始まる用語

地方機関ちほうきかん(鎌倉幕府)鎌倉幕府機関きかん(ある目的を達成するために作る組織そしき)のひとつ。鎌倉以外(京都や地方)のことを管理するための組織のこと。
守護しゅご地頭じとう六波羅探題ろくはらたんだいは地方機関である。
地方機関に対して、鎌倉におかれる「幕府の中心となる機関」を中央機関ちゅうおうきかんと呼ぶ
登場するページ→小学6年生歴史「鎌倉幕府のしくみ」
中央機関ちゅうおうきかん(鎌倉幕府)鎌倉幕府機関きかん(ある目的を達成するために作る組織そしき)のひとつ。
鎌倉におかれる「幕府の中心となる機関」のこと。
政所まんどころ問注所もんちゅうじょ侍所さむらいどころは中央機関である。
中央機関に対して、鎌倉以外の地方や京都のことを管理する機関を地方機関ちほうきかんと呼ぶ。
登場するページ→小学6年生歴史「鎌倉幕府のしくみ」
中国大返ちゅうごくおおがえ本能寺ほんのうじの変(織田信長おだのぶながの家臣の明智光秀あけちみつひでが、裏切って本能寺にいた信長を攻めた事件)で信長が亡くなったことを聞きつけた豊臣秀吉とよとみひでよしが、光秀をつために備中高松城びっちゅうたかまつじょう(現在の岡山県)から京都までの230Kmをたったの10日間で駆け抜けたことが、あまりに驚くスピードだったので、人々は「中国大返し」と呼んだ。
当時は大雨が降っていて、戦いのために備中高松城に行っていた秀吉は重い甲冑かっちゅう姿だったので、信じられない速さだった。
そのため、秀吉はあらかじめ光秀が信長を攻めることを知っていったのでは?(秀吉が黒幕くろまく)と考える意見もある。
登場するページ→6年歴史「豊臣秀吉の全国統一」
朝貢ちょうこう中国の周辺にある国々は、中国の皇帝こうていのところへ使者ししゃを送って貢物こうもつ(プレゼントのこと)をささげて、皇帝からそのお返しに恩賜おんし君主くんしゅから臣下しんかへ与える物や行為こういのこと。つまり、リーダーから家来けらいへ渡すごほうびのイメージ)をさずけて、称号しょうごうを与えていた。このように、中国の皇帝へ使者を送って貢物をささげることを「朝貢」という。
朝貢をして皇帝から称号や恩賜を受けると、「大国である中国の皇帝に認めてもらえた」ことを他の国に示すことができる。
例えば中国の歴史書によると、①日本からは57年に(昔の日本の呼び方)の王が光武帝こうぶていに朝貢して印綬いんじゅを受けたこと、②107年に倭王の帥升すいしょう安帝あんてい奴隷どれいを送ったこと、③239年に卑弥呼ひみこの皇帝に使いを送り、「親魏倭王しんぎわおう」の称号と銅鏡どうきょうを与えられたことが書いてある。
朝廷ちょうてい天皇が役人と政治を行う場所のこと。「政府」そのもののことを表すこともある。
長徳ちょうとくの変長徳2年(996年)に、藤原伊周が花山法皇を襲った事件。
藤原伊周が好きだった女性のところへ、花山法皇が通っている(この頃、好きな女性のところへ会いにいくことを「通う」という)のではないかと勘違いし、伊周は武士を連れて花山法皇を襲い、法皇の袖を矢で射抜いた。法皇は無事だったが、この事件をもとに伊周は太宰府(現在の福岡県)に流された。

「つ」で始まる用語

土一揆
鶴岡八幡宮
徒然草

「て」で始まる用語

鉄砲てっぽう火縄銃ひなわじゅうともいう。1543年に、種子島たねがしま(鹿児島県)にポルトガル人によって伝えられた武器。
ポルトガル人を乗せた貿易船ぼうえきせんが嵐によって種子島に流れ着き、島の領主りょうしゅ(その国を支配している人のこと)だった種子島時尭たねがしまときたかがポルトガル人の持っていた鉄砲に目をつけたのがきっかけ。
種子島時尭はポルトガル人から2ちょうの鉄砲を買うと、刀鍛冶かたなかじ(刀を作る職業の人のこと)に同じものを作るように命じた。鉄砲の作り方はどんどん広がり、さかい(大阪府)や国友くにとも(滋賀県)などで沢山作られるようになった。
戦国時代では、鉄砲が戦いに使われるようになった。
特に織田信長おだのぶながは鉄砲をうまく使って戦に勝ったことで有名。
長篠ながしのの戦いでは、3000丁の鉄砲を使ったと言われている。
【その頃の鉄砲の仕組み】長さ80㎝の鉄の筒。
①中に火薬となまりたまを入れ、柵状さくじょうで突き固める
火蓋ひぶたを開けて火皿ひざら点火薬てんかやくを盛り、火蓋を閉じて火のついた縄を火挟ひばさみにセットする。
目当めあてで狙いを定めたら、火蓋を開けて引き金を引くと弾が飛び出す。
田楽でんがく華美かび豪華ごうかで美しいこと)な服装をまとって、笛やつづみ、「ささら」などをらしたものを伴奏ばんそうにしてまいをおどるもの。
鎌倉時代終わりごろから、祭りのときなどに演じられるようになった。
天下統一てんかとういつ天下とは、日本の歴史では「日本全国」という意味で使われる。
統一とは、一人の力によって全てを支配するという意味。
「全て」の中には、武家ぶけはもちろん、公家くげ朝廷)、寺社勢力じしゃせいりょくもふくまれる。
そのため、日本の歴史上初めて天下統一したのは豊臣秀吉とよとみひでよしという考え方がある。
天下布武てんかふぶ天下を「武力」によって統一するという意味。
織田信長おだのぶながは、公的な文書を出すときには「天下布武」の印を使っていた。
天守閣てんしゅかく
伝馬制度でんませいど
天龍寺てんりゅうじ

「と」で始まる用語

とう中国の王朝おうちょうの名前。李淵が、618年にずいを滅ぼして中国を統一した。
663年に朝鮮の新羅しんらと連合軍を作り、百済くだらほろぼす。百済と仲の良かった日本()は、百済を復活させようと朝鮮へ兵を出し、唐と新羅の連合軍と戦った(白村江はくそんこうの戦い)。
日本軍は負け、668年には唐は高句麗こうくりも滅ぼした。
最盛期さいせいき(一番さかえていたころ)には中央アジアの砂漠地帯まで支配した大帝国だいていこく
首都は長安ちょうあん
日本は遣唐使けんとうしを派遣することによって、唐の文化や政治についてたくさんの影響を受けた。平城京へいじょうきょう平安京へいあんきょうなどの都づくりも、唐の長安の影響を受けている。
登場するページ→中学歴史「大化の改新」
銅銭どうせん
東大寺とうだいじ
土器どき粘土ねんどをこねて、器の形にして焼いて作ったもの。歴史の用語では、縄文土器じょうもんどき弥生土器やよいどきのことを表すのに使う言葉。
縄文土器は縄文時代に使われていた土器で、縄で文様もんようをつけて作ったので「縄文土器」と呼ばれる。
弥生土器は弥生時代に使われていた土器で、弥生町で発掘はっくつされたので「弥生土器」と呼ばれる。
土器のおかげで、人類の食生活がガラリと変わり、生活スタイルも大きく変わった。
登場するページ→小学6年歴史「縄文時代」「弥生時代」、中学歴史「縄文時代」「弥生時代」
土岐氏ときしらん
徳川家康三河国みかわこく(現在の愛知県)の岡崎城おかざきじょう城主の長男。父親は小大名こだいみょう(5万石まんごく以下の土地の大名のこと)だったので、小さいころから今川氏いまがわし織田氏おだし人質ひとじちとして過ごした。
桶狭間おけはざまの戦いで織田氏によって今川氏が敗れると、織田信長と同盟どうめいを結び、信長と連合して戦った長篠ながしのの戦いでは武田氏を破り、駿河国するがこく領国りょうごくにした。
本能寺ほんのうじの変で信長が明智光秀あけちみつひでに討たれると、光秀を仇討あだうちした豊臣秀吉が天下を取り、家康も秀吉のサポートをする。
しかし秀吉が亡くなると、秀吉の作ったルールを破るようになり、それが原因で敵対した豊臣方を関ヶ原せきがはらの戦いで破り、全国の大名を従えるようになる。
1603年に朝廷ちょうていより征夷大将軍せいいたいしょうぐんに任命され、江戸幕府を開いた。
登場するページ→6年歴史「徳川家康の全国統一」
徳政令とくせいれいげんが日本にせめて来た時に戦った御家人ごけにんに対して、幕府御恩ごおんを与えることが出来ず、御家人が戦いのためにした借金を返せなくなったのを「徳政令」によって帳消ちょうけしにした。
これをキッカケに御家人は借金ができなくなり、ますます苦しくなり、幕府と御家人の結びつきが弱まってしまい、幕府がほろびる原因となった。
登場するページ→6年歴史「鎌倉幕府のその後」
外様とざま
渡来人とらいじん大陸たいりく(中国や朝鮮ちょうせん)から日本まで「渡って来た人たち」のこと。
戦いが激しい中国や朝鮮から、日本へ逃げてきた人もいる。
縄文時代じょうもんじだいの終わりころに、日本に米作こめづくり」の技術を伝えてくれた。
おかげで日本人の食生活がガラリと変わり、弥生時代やよいじだいへと移っていく。
新しい土器どきの作り方なども伝え、弥生土器が作られるようになった。
飛鳥時代に力をもった蘇我氏そがしは、仏教を受け入れて渡来人ときずなを強めることで進んだ技術や知識を取り入れ、さらに力をつけていった。
聖武天皇しょうむてんのう大仏づくりをサポートした行基ぎょうきは渡来人の子孫しそん
登場するページ→小学6年歴史「弥生時代」「古墳時代」「飛鳥時代」「奈良時代」、中学歴史「弥生時代」
ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。