社会6

歴史を漫画で学習しよう!武家政権のはじまり「鎌倉幕府」シンプルな漫画と説明でサクッと読める!

源平げんぺいの戦いで勝ったみなもとの頼朝よりともは、鎌倉かまくらに新しい政府せいふを作ったよね。

yumineko
yumineko
源平の戦いって?
源頼朝はどうして勝ったの?とピンと来なかったら、ココを読もう!

これを鎌倉幕府かまくらばくふと呼ぶよ。
いよいよ、日本の歴史ではじめての「武家ぶけによる政治」が始まるよ。

yumineko
yumineko
このページでは、鎌倉幕府がどうやって誕生したかを詳しく解説するよ!

そもそも、政治って?朝廷ちょうていって?幕府ばくふって?

鎌倉幕府が開かれて、武家による政治がはじまったんだよね。
ということは、「朝廷ちょうてい」はなくなっちゃったの??
くまごろう
くまごろう
いや。
鎌倉幕府がひらかれた後も、朝廷はちゃんとあるよ
・・・あれ?
鎌倉幕府ができたのに、朝廷もあるの?
それって政治をするところが2つもあるということ・・?

なんだかよく分からなくなってきたよ。

くまごろう
くまごろう
そうだよね。
ちょっとここで、キホンをおさらいしてみよう

政治せいじとは?

政治というのは、カンタンにいうと、国とか県、市のようにまとまった団体が、「これからどうするか」とか、「どんなルールにするか」とか、色々なことを決めることなんだよ。

キミの「家族」に例えて考えてみよう。

「どこに住むか」「今日のご飯は何にするか」「いつ、どこに旅行に行くか」「ペットの名前は何にするか」「ゲームの時間はどのくらいにするか」「お小遣いはいくらにするか」・・

家族の間でも、色々なことを決めたりするよね。
それは、これからも家族みんなが仲良く幸せに暮らしていくために必要なことを決めているんだよね。

時には家族で話し合ってきめたり、お父さんやお母さんがリーダーになって決めたりもするよね。

国の政治も同じ。

国に住んでいる人、つまり国民がこれからも仲良く幸せに暮らせるように、「どんな法律を作るか」「税金をいくらにするか」「どこに学校を作るか」・・・など、沢山のことを決めなくちゃいけないんだ。

くまごろう
くまごろう
なかには、「国のトップのが決めたいようにする!」と、ひとりの人や、限られた人だけで好きなように政治をする国や、時代もあったりするけどね。(そういうのを独裁政治どくさいせいじというよ。)

今の日本では、「国民」が中心になって政治をする権利があるんだ。

でも、国民全員の意見を聞いていたり、話し合いに参加してもらったりすることは出来ないから、「国民を代表する人たち」を選んで、代表の人達に政治をまかせているんだね。

くまごろう
くまごろう
「国民を代表する人たち」を選ぶのが「選挙」だよ。
代表で選ばれた人たちが「国会議員こっかいぎいん」だね。「国会こっかい」で、日本の法律なんかは話し合って決められているんだよ。※これは「公民こうみん」という科目でこれから勉強することになるよ!

朝廷ちょうていとは?

朝廷ちょうてい」という言葉は、「天皇が中心になって政治をする」仕組しくみや場所という意味の言葉なんだよ。

くまごろう
くまごろう
現代のように「国民」が政治をするのではなくて、「天皇(と貴族きぞくなど)」が政治をするというのがポイント。

天皇が中心ということは、「天皇の考えで、ある程度のことが決められる」ということ。
だから奈良時代ならじだいにあった「みやこの引っ越し」も天皇の考え優先ゆうせんで出来ちゃったし、ぜいの種類や、法律ほうりつなんかも「国民がどうしたいか」は関係なく決めることだってできちゃったよね。
※もちろん、あまり国民を怒らせないようにしよう、とか国民が困らないようにしよう、ということも考えながら決めていたけどね。

今の時代で例えるなら、天皇陛下てんのうへいか
「来月から消費税しょうひぜいは30パーセントにしよう」なんて急に決めたりするということかぁ。

今の日本だと考えられないね。

幕府ばくふとは?

では「幕府ばくふ」という言葉はというと、「武士ぶし」が中心になってする政治の仕組みや、場所のことなんだ。

くまごろう
くまごろう
いくさの時は、軍のリーダーが「まく」をって、みんなに指示するための陣地じんちを作るよね。

」というのは「政府」でも使われるように、「政治を行う場所」のことなんだ。

武士が政治を行うから、戦の陣地を表す「幕」政治をおこなう場所の「府」が合わさって幕府になったといわれているよ(他にも説はアリ)

ちなみに、「幕府」という言葉は江戸時代に生まれたんだ。
だから、実はみなもとの頼朝よりともの時代には、「鎌倉幕府かまくらばくふ」という言葉はなかったよ。

えっ
じゃあ、頼朝は「鎌倉幕府を開きまーす」と宣言せんげんしたワケじゃないということ?
くまごろう
くまごろう
そう。
この時は「朝廷とは別に、頼朝が鎌倉で政治をおこなった」というカンジ。
それを江戸時代になって、歴史を振り返って考えたときに、「あの頃の頼朝の政府を幕府と呼ぼう」となったということだね。
中心になった場所が鎌倉だったから、「鎌倉幕府」と呼ばれたということ。

頼朝が政府を作るまで

朝廷とは別に政府を作るなんて、スゴイことだよね。
一体、頼朝はどうやって政府を作ることができたか解説していくよ。

キッカケ①鎌倉を拠点きょてんに、東国とうごくを任される

頼朝が鎌倉入りをする

平氏へいしがやりたい放題になってきて、それが許せなかった以仁王もちひとおうは源氏に「平氏を倒せ!」と命令を出したよね。

yumineko
yumineko
以仁王もちひとおうって?命令って何?と思ったら、ココを読もう!

それで、頼朝が「打倒だとう平氏」の兵をげたのが1180年の8月。
10月には、鎌倉に入って(拠点にするために移り住んだイメージ)おやしきを作ったよ。

くまごろう
くまごろう
鎌倉を選んだ理由はもう解説したよね。
源氏のゆかりの土地だったんだよね。
くまごろう
くまごろう
そう。
それと、鎌倉は地形ちけいで考えたときも、とても良い場所だったんだよ。

頼朝が拠点にした鎌倉の地形は、三方さんぽう(東・西・北)が山に囲まれていて、南側は海。

だから、「敵からまれにくい」んだ。
だって海から敵が船で攻めてきても、すぐに見つけられるし、陸地でも、山をえてくるのは大変だから、なかなか攻め込むことはできないからね。

頼朝は、山をけずって「切通きりどおし」という道を作ったんだけど、この道はとてもせまくできていて、馬一頭いっとう(と乗った人)がやっと通れるくらいなんだ。

鎌倉から他の場所へ行き来する分には困らないくらいの広さだけど、「軍で攻め込む」にはとても狭くて無理、ということだね。

東国とうごくまかされる

朝廷は、九州から関東までを統一とういつしていたけれど、東北地方をまだ統一できていなくて、困っていたよね。

それで、朝廷に反対している地方の人々が反乱などを起こしたときには、源氏に東国(関東地方などのこと)に行って、戦ってもらったりしていた。

だから関東でいつも活躍していた源氏には、関東の武士団ぶしだん(武士の団体)の味方も多かったし、平氏を倒そうと兵を挙げた時も、関東の武士たちがたくさん集まってくれた。

なので、関東の武士団を頼朝が管理することになったんだよ。

軍事ぐんじ・警察の役割「侍所さむらいどころ」を作る

鎌倉に入った頼朝は同じ1180年に、武士団を管理するために「侍所さむらいどころ」という組織そしきを作ったんだ。

「侍所」という言葉はもともと平安時代からあって、「軍事ぐんじ軍隊ぐんたいの管理や、いくさに関することをする)」や「警察」のようなことをする組織だよ。

くまごろう
くまごろう
鎌倉時代の侍所では、行事が行われる時の警備けいびをおこなったり、罪人ざいにん収監しゅうかん(犯罪をおかした人を牢屋ろうやに入れる)を任されていたりしたんだ。
侍所のトップは、別当べっとうと呼ぶよ。

1184年に裁判さいばんをする「問注所もんちゅうじょ」、行政ぎょうせい機関きかんの「公文所くもんじょ」を作る

頼朝としては、管理することになった武士団にはお互い仲良くしてもらう方が助かるよね。
今まではもめごとが起こると、一族同士でケンカしたりしていたけど、ちゃんと裁判のように、お互いの言い分を聞いて、どちらが悪いかなどを頼朝が判断してあげる「問注所もんちゅうじょを作ったよ。

公文所くもんじょというのは、政治をするために必要な手紙や文書ぶんしょを作るところ

くまごろう
くまごろう
こうやって、東国を任された頼朝は、政治をするための組織そしきをそろえていったんだ。

とはいえ、まだまだ東国以外は朝廷が支配しているよ。

キッカケ②義経よしつねと対立

義経は、頼朝の弟で一緒に平氏と戦って大活躍したひとだよね。
でも、平氏を倒したあと、義経があまり頼朝の言うことを聞かなくて、頼朝は義経のことを「謀反人むほんにん(裏切った人のこと)」として、捕まえて殺すことにしたんだ
源義経がしょんぼりしているイラスト

えぇっ
弟なのに・・
一体なにがあったの?
くまごろう
くまごろう
戦いの時に、勝手な行動をしたとか、頼朝に黙って朝廷から官位かんいえらくなってもらうくらいのこと)をもらってしまったとか、色々説があるよ。
頼朝は、朝廷とは別の政治を行うつもりだったから、朝廷から官位を受けたりすることをとても嫌がっていたらしいよ。

キッカケ③全国に守護しゅご地頭じとうをおく

頼朝は、「義経を捕まえてやっつける」と朝廷からも許可をもらったんだ。
そして、1185年に「義経を捕まえるため」ということで、朝廷の支配している全国の国ごとに守護しゅご地頭じとうをスタンバイさせたんだ。

守護というのは、警察のようなものだよ。
地頭というのは、朝廷の持っている土地や、貴族などが持っている荘園しょうえんで税を集めて管理する人。

さらに、戦うために必要ということで、お米を集めることもOKをもらったんだ。(兵糧米ひょうろうまいと呼ぶよ)

くまごろう
くまごろう
こうして、とうとう頼朝の力が全国にも影響するようになったんだ。

キッカケ④奥州おうしゅうの藤原氏を倒す

頼朝に追われた義経だけど、奥州にいる藤原ふじわらの秀衡ひでひらのところへ逃げたんだ。

くまごろう
くまごろう
奥州の藤原秀衡のところで、義経は少年時代を過ごしたからね。

秀衡は、義経をかくまおうとしたんだけど、しばらくして死んでしまうんだ。

秀衡が死んでしまうと、秀衡の息子の泰衡やすひらは、「お父さんは義経をかくまったけど、頼朝に逆らうのはやっぱりマズいでしょ(汗)」と考えて、義経をおそったんだ。

そして、おそわれた義経は「もう逃げられない」とあきらめて自殺してしまったよ。

だけど結局、頼朝は泰衡やすひらのことも「今まで義経をかくまっていたのは裏切りだ!」と倒してしまうよ。

容赦ようしゃないね(恐)
くまごろう
くまごろう
実は頼朝は、鎌倉で政治をおこなっていくためには奥州の藤原氏を倒しておくほうが安心、と思っていたんだよ。
つまり、「倒してしまう理由が出来て、いいキッカケだった」ということだね・・

こうして、奥州の藤原氏も、義経のことも倒した頼朝は敵なし状態となったんだ。

キッカケ⑤朝廷から「征夷大将軍せいいたいしょうぐん」に任命される

こうして鎌倉で政治するための組織はそろって、全国にも守護・地頭をおくことに成功して、奥州の藤原氏も倒すことができて、頼朝オリジナルの政府はカタチがそろったんだ。

でも、いくらカタチはそろっても、国の人々に「朝廷とは別の政府が出来た」と認めてもらうには、まだ説得力せっとくりょくが足りなかったよ。

でも、とうとう1192年に頼朝は朝廷から征夷大将軍せいいたいしょうぐん)」に任命されたんだ。

征夷大将軍というのは、朝廷が東北地方をおさえるために送る軍のリーダーのことだったね。
朝廷は京都にあるよね。
でも、戦いをする場所は東北地方。

戦う兵士や、兵士が食べるお米が足りなくなった場合、東北地方から京都までいちいち相談に行っていたら大変。
なので、「征夷大将軍」は天皇の代わりに、東北地方で兵士を増やしたり、お米を集めたりする「権利」を与えられていたんだ。

つまり、「天皇の代わりに政治を行うことができる」役なんだよ。

この「征夷大将軍」に任命された頼朝は、とうとう「天皇の代わりに政治を行うことができる」というお墨付すみつききを朝廷からもらった、というワケだね。

こうして、鎌倉幕府は「頼朝(武士)による政権」と認められることになったんだよ

くまごろう
くまごろう
この「頼朝が征夷大将軍に任命された」1192年に、「鎌倉幕府」が政府として認められることになった、と考えて「1192年に鎌倉幕府が開かれた」とすることが多いよ。※最近は、鎌倉幕府のスタートをどのタイミングにするか色々説があるんだ。
鎌倉幕府ができるまでの流れをざっくり言うと?

・平氏を倒すために、頼朝が東国とうごくを任される。頼朝は鎌倉に入り、陣地じんちをかまえる。
侍所さむらいどころ問注所もんちゅうじょ公文所くもんじょの設置)

・平氏を倒す

義経よしつねが裏切ったとして、捕まえるために全国に守護しゅご地頭じとうを置く

・義経と、奥州おうしゅう藤原氏ふじわらしを倒す(敵がいなくなる)

征夷大将軍せいいたいしょうぐんに任命される

年表をチェック!

1180年 頼朝が平氏を倒すために挙兵、鎌倉入り・侍所をおく

1184年 頼朝が問注所・公文所をおく

1185年 頼朝が全国に守護・地頭をおく

1189年 義経、奥州藤原氏を倒す

1192年 頼朝が征夷大将軍に任命される

6年生はココを押さえればOK!
まとめ

鎌倉幕府ができるまで まとめ

※赤いキーワードは必ず覚えよう!
・頼朝は、全国に守護しゅご地頭じとうを置き、全国に力をおよぼした
1192年に、朝廷から征夷大将軍せいいたいしょうぐんに任命された
・頼朝が始めた武士による政治を鎌倉幕府かまくらばくふという

歴史を漫画で学習しよう!鎌倉幕府はどんな政治をしたの?シンプルな漫画と説明でサクッと読める!源みなもとの頼朝よりともが征夷大将軍せいいたいしょうぐんに任命にんめいされて、鎌倉幕府は朝廷ちょうていとは別の「政府せいふ」として認めら...

 

 

ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。