社会6

歴史を漫画で学習しよう!「古墳時代」シンプルな漫画と説明でサクッと読める!

前回の学習で分かったこと

弥生時代のおわりには、権力や富を得た「豪族」が登場したり、「くに」が出来て、「王」が誕生したよね。
「豪族」や「くに」、「王」の登場について分からなかったらココを読もう!

歴史を漫画で勉強しよう!「弥生時代(後編)」シンプルな漫画と説明でサクッと読める! 弥生時代では、米作りが始まったことで「指導者」が現れて、人々の間に「貧富の差」が生まれたよね。 指導者って?貧富の差ってな...
それから豪族や王は、「古墳(こふん)」「古墳(こふん)」というものを作り始めるようになったんだ。
古墳がたくさん作られた時代を「古墳時代」と呼ぶよ。

yumineko
yumineko
このページでは、「ナゼ古墳が作られるようになったのか」、「豪族たちはそれからどうなったか」を詳しく解説するよ!
古墳時代、ココがピンとこない!
  • 古墳って何のためのものなの?
  • 大和朝廷ってどこから出てきたの?
  • 大和朝廷ってどんなことをしたの??

それでは早速解説していくよ!

古墳って一体何??何のために作ったの?

力をもった豪族たちの間で古墳作りがブームになった!

弥生時代後半に、たくさんの「むら」を従えて力をもった豪族たち。
3世紀後半くらいになると、そんな豪族たちの間で自分たちの権力をアピールするため」に古墳作りがブームになったよ。

古墳というのは、「お墓」のこと
つまり豪族たちは自分の力をアピールするために、大きくて立派なお墓を作らせたんだ。

古墳がなぜ「強さアピール」になるの?
くまごろう
くまごろう
古墳作り」って、とっても大変なんだ。
すぐれた技術者の指導も必要だし、たくさんの人の働きが必要なんだ。

ということは、誰でも作れるものではないよね。
そんな古墳を作ることができて、しかもその古墳が大きければ大きいほど立派であれば立派であるほど
「スッゴクすぐれた技術者を働かせられる」とか、「スッゴクたくさんの人を働かせられる」ということの証明になるから
ね。

 

たとえば、君もエジプトのピラミッドのことを
「すごいなぁ」って思わない?

でも、なんと古墳はピラミッドよりも大きいんだ。
作るのには平均15年8ヶ月ほどかかるし、必要な人手は687万人。費用なんて今の価値で考えると796億円かかるんだ!

たろう
たろう
…半端ないね。

「いかに自分が偉かったか」をこの世に残しておきたい、と考える豪族たちの間で古墳づくりがブームになるのも分かる気がするね。

日本最大の古墳は大阪府堺市にある
大仙(だいせん)古墳だよ。
古墳の形(デザイン)は色々あるんだけど、大きくて立派なのはほとんど「前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)」なんだ。もちろん大仙古墳もそう。なぜ「前方後円墳」が多いかは、あとでも説明するね。

前方後円墳は、「前の方が方形(四角)で、後ろのほうが円(丸)」な形をした古墳ということだよ。
上から見るとカギ穴のような形なんだ。

余裕があったら読んでみよう!
前方後円墳は、どうしてあんな形なの?

前方後円墳は、鳥が羽ばたいている様子の形(亡くなった人が天に昇っていく様子)とか、男性を表す三角と女性を表す丸を合わせた(男性と女性を合わせることで、またこの世に生まれてこれるように)とかの説がある。

その他にも「天円地方(てんえんちほう)」という考え方があって、「天は丸く、地上は四角」という意味なんだけど、亡くなった人は神になるから天の丸い方へおさめられて、地上に残った人々が四角い方で亡くなった方を祀るからだと言われている。
実際、お墓部分は丸い方で、祭壇が四角い方なので、この説はけっこうしっくりくるかもしれないね。

古墳に亡くなった人と一緒に入れられたのは?
はにわとか・・死者をなぐさめるため
かんむりなど・・いかにお金があったか、偉かったかを示すため
ほかにも、古墳時代前期には勾玉(まがたま)が一緒に入れられたよ。
これは、呪術や宗教的な意味があるんだ。
古墳時代後期には、兜や太刀がおさめられた。これは軍事力や権力を表しているんだ。
※大王は古墳時代前期は「司祭者」だったのにたいして、時代が進むと「軍事式者」になり、後期では「政治指導者」の立場だったと言われているよ。

こういうワケだった!
  • 力をもった豪族たちが、自分たちの力をアピールするために古墳を作るようになった!
  • 並古墳にはデザインがあって、前方が四角で後ろが円(丸)のデザインのものを「前方後円墳」と呼ぶ!
  • 日本で一番大きい古墳は、大阪にある「大山古墳」

大和朝廷って一体どこから出てきたの!?

大和朝廷が出来るキッカケ
「2つの地域に強い豪族が集まった」

日本の色々な地方で、それぞれ力をもった豪族が誕生したわけだけど、
3世紀の終わりから4世紀ごろ、その中でも「特に大きな力を持った」豪族が集まった地域が2つあるんだ。

くまごろう
くまごろう
それが奈良県の大和(やまと)と大阪府の河内(かわち)。
この2つの地域に、特に強い勢力の豪族たちが集中していたんだ。
たろう
たろう
そんなこと、どうしてわかるの?

それは古墳が作られた場所を見るとわかるよ。

古墳は日本各地にたくさんあるけれど、あきらかに大和と河内には大きくて立派な古墳が集中しているんだ。

「大きくて立派な古墳が集まっている」ということはつまり、この地域に「勢力の強い豪族」が集まっていたということだね。

2つの地域の強い豪族たちが一緒になって政府を作った

その大和と河内の強い豪族たちが、連合(2つ以上の豪族がひとつにまとまって組織をつくること)して「政府」を作ったんだ。

この政府が「大和朝廷(大和政権)」なんだよ。

たろう
たろう
あれ?
邪馬台国はどうしちゃったの?中国の皇帝にも認められるほどの「くに」だったのに。
くまごろう
くまごろう
それが、266年の記録を最後に150年くらいのあいだ、邪馬台国のことはもちろん、日本のこと自体が中国の歴史書に登場しなくなってしまったんだ。
(なぜならその間、日本から中国に貢物(プレゼント)を送る人がいなかったから!)
たろう
たろう
日本には記録はないの?
くまごろう
くまごろう
実は、日本に大陸から漢字が伝わるのはまだ先で、このころ日本にはまだ「文字」がなかったと言われているんだよ。だから、記録も残っていないんだ。

なので、この頃の日本の様子は謎になっている。

邪馬台国がどうなってしまったのか、いつから大和朝廷が出来たのかなどは分かっていないんだ。
※邪馬台国が大和朝廷になったのでは?という説もあるよ。

ナゾはさておき、6年生の社会では「大和朝廷」が誕生したことが分かればOK。
そして大和朝廷には、やはり「一番偉い人」がいて、大王(おおきみ)と呼ばれていたよ。

なんとこの「大王」は、今でいう「天皇」のことだよ。

ええっ!じゃあ、天皇ってこのころから続いているの??

※文字は小さすぎて読めないかもしれないけど、こんなに長く続いているということが分かるかな?

日本の天皇家の歴史は少なくとも1500年以上続く、世界最長の王家なんだ。しかも、万世一系(ばんせいいっけい:永久にひとつの系統が続くこと)を貫いている世界唯一の王家なんだよ。

※実在していた(本当にいた)とされているのは、26代目の天皇からで、そこから数えても1500年以上になるんだ。
もしも「神武天皇」から実在していたとすると、なんと2600年以上続いていることになるよ。

yumineko
yumineko
歴代天皇歴代天皇のエピソードをわかりやすい言葉で一覧にしたページもあるので、興味があったら読んでみてね!

前方後円墳は、大和朝廷があった証拠!

「大きな古墳ほど、前方後円墳が多い」と説明したよね。

「大和朝廷があった」という証拠のひとつが「古墳のデザイン」。

豪族の間で古墳づくりがブームになった最初のころは、みんな好きなデザインで自由に作っていたんだけど、
大和朝廷が誕生したころから、古墳のデザインが「前方後円墳」中心になったんだ。

くまごろう
くまごろう
つまり、それまでは各自好きなデザインで作っていた古墳が、デザインが「統一された」ということは、まとまった組織が存在した、と考えられるんだね。

ということは、「大和朝廷」の「大王」や「偉い人」が作るのはほとんど「前方後円墳」になるね。

なるほど!
だから、偉い人のお墓=「大きくて立派な古墳」ほど、「前方後円墳」が多くなる、というワケだね。

こういうワケだった!
  • 大和地方と河内地方に、特に強い力をもった豪族が集まっていた!
  • 2つの地域の豪族が連合して、政府を作ったのが「大和朝廷」。
  • 大和朝廷のリーダーは「大王」で、現在の天皇のことだった!

大和朝廷はその後どんなことをしたの?

大和朝廷は、日本を統一しようとした!

大和朝廷は、大王を中心にして日本の国土を統一しようとしたよ。

たろう
たろう
それはどうして分かるの?
くまごろう
くまごろう
熊本県埼玉県の遺跡からそれぞれ「ワカタケル大王」という、「同じ名前」が記された鉄剣が見つかったんだ。

ワカタケル大王というのは、5世紀ごろの大和朝廷の大王なんだ。
つまり、熊本がある九州から、埼玉がある関東まで大和朝廷が制覇していた証拠なんだ。

テスト注意
テスト注意
話の途中だけど、ここでテスト注意報!
熊本県で発見されたのは「鉄刀」で、埼玉県で発見されたのは「鉄剣」だということ
★大和朝廷の大王だった人物の名前は「ワカタケル」だということ
この2つが期末テストに出た学校があるよ!
九州から関東までなんてすごいね。
なんでそんなに強かったの?

大和朝廷がそんなに広い範囲の国土を統一できたポイントは渡来人だよ。

弥生時代に米作りを教えてくれたのも渡来人だったよね。

渡来人は、この時も日本にはまだない優れた技術や文化を持っていたんだ。

すぐれた建築・土木工事の技術は古墳作りに役立ったし、
焼き物技術を取り入れて埴輪(はにわ)などをはじめ、もっと丈夫で使いやすい食器なども作れたし、
青銅や鉄を使った道具作りの技術は、強い武器をつくったり、米作りに便利な農具をつくったり。
漢字と仏教もこの頃に日本に伝わったと言われているよ。

大和朝廷は、こんなすぐれた技術を持った渡来人を重要な役目につけて、サポートしてもらいながら勢力を強めていったんだ。

まとめ

・大和政権は、九州から関東地方まで統一した

・熊本県と埼玉県で、「ワカタケル」という同じ名前が記された鉄剣が見つかった

・大和政権は優れた技術を持った「渡来人」にサポートしてもらいながら統一をすすめた

統一されて、日本はどうなったの?

日本は征服されてしまったということ?
くまごろう
くまごろう
征服というのは、侵略して相手を服従させる、というイメージかな。大和朝廷がした統一は、「バラバラだったものをひとつにまとめた」イメージだよ。

いままでは、豪族や「くに」がバラバラに存在していたよね。
それを「ひとつにまとめた」んだね。

大和朝廷は、統一によって組み込んだ(ひとまとめにした)「くに」の「王」や豪族たちにも、ちゃんと権力を残してあげたんだ。

たとえば、各地でそれぞれが古墳を作ったりすることも認めていたんだよ。

バラバラだった力がひとつにまとまって大きな政府になることで、中国や朝鮮に対等にやりあう力を得ることができるよね。

これは後々、「日本」というひとつの「国」が生まれる大切なターニングポイントだったんだ。
さらにこのあたりから、「自分たちの歩みを残しておこう」と、歴史や神話も記されたよ。

くまごろう
くまごろう
「自分たちの「日本」」という意識が出てくる、ということだね。
こういうワケだった!
  • 大和朝廷は、九州から関東までを統一した!
  • 大和朝廷が統一していたことが分かったのは、熊本と埼玉の遺跡から「ワカタケル」という同じ名前の鉄剣が見つかったから!
  • 大和朝廷は日本を統一するのに、優れた技術をもった渡来人にサポートしてもらった

6年生はここを押さえればOK!
まとめ

古墳時代のまとめ

※赤いキーワードは必ず覚えよう!
・豪族は自分のちからを誇示するため古墳を作った

日本最大の古墳は「仁徳天皇」のお墓である大仙古墳(大阪府)

前方後円墳とは、前が四角、後ろが丸のデザインの古墳

・4世紀ごろ大和と河内の豪族たちが連合して大和朝廷という政府を作った

・大和朝廷の王は大王と呼ばれ、後の天皇である

・古墳作りには優れた技術者やたくさんの人の働きが必要

・大和朝廷は渡来人の技術や文化を取り入れて、力を強めた

・5世紀頃には大和朝廷は九州地方から関東地方までのくにを従え、国土統一を進めた

yumineko
yumineko
次は「飛鳥時代」について解説するよ!
歴史を漫画で学習しよう!「飛鳥時代」シンプルな漫画と説明でサクッと読める!飛鳥時代に活躍した人といえば、とっても有名な「聖徳太子」。 日本のお札の絵にも何度も使われているよね。 一度にたくさんのひとの話を聞...
yumineko
yumineko
縄文時代〜古墳時代までのテスト対策問題もまとめたので、時間がある時に力試ししてみよう!
テストで出る問題を確認しよう!小学校歴史のテスト対策「縄文時代〜古墳時代」縄文時代〜古墳時代まででテストによく出る問題をまとめたよ! 分からない問題があったら、その時代の学習ページも確認しよう! 縄文時代 ...

 

 

ABOUT ME
yumineko
2019年の長女の高校受験時、訳あって塾にはいかず自宅学習することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。