さくいん

分からないコトバもすぐに分かる!歴史で出てくる用語をひとつひとつ簡単な言葉で解説!索引「あ~お」

yumineko
yumineko
随時更新していきます!
くまごろう
くまごろう
「用語」となっている部分は、クリックするとその用語の説明ページへ行くことができるよ!

 「あ」で始まる用語

悪党あくとう 鎌倉時代の終わりごろから、幕府に支配しはいされることに対して抵抗ていこうするようになった人たちのこと。
今のように「悪者わるもの」というより、「幕府に反抗する人」という意味を持っている。
もとは、わざと可笑おかしな格好かっこうをした数人で泥棒どろぼうなどをしていたが、だんだん大きな集団になり、1320年代には弓矢やよろいを身につけ馬に乗り、軍隊のようになった。
荘園をおそって役人を追い出したり、米を盗むなどするようになり、幕府は悪党を取り締まる命令を出すようになった。
鎌倉幕府を倒した後醍醐天皇ごだいごてんのうの味方として戦った楠木正成くすのきまさしげは、河内かわち地方の悪党だったと言われている。
登場するページ→中学歴史「建武の新政
足利氏あしかがし 足利氏は、もとは源義家みなもとのよしいえを祖先にもつ源氏の一族。
源義家の息子である義国よしくにが、義家からゆずり受けた土地を荘園しょうえんにした。義国には義重よししげ義康よしやすの2人の息子がおり、義重が上野国こうずけのくに(今の群馬県)にある新田荘にったのしょうを開発して新田氏にったしになり、義康は下野国しもつけのくに(今の栃木県)にあった足利荘あしかがのしょうを受け継いで足利氏となった。
義康の息子の義兼が、源頼朝が平氏へいしを倒すために兵をげると、頼朝の軍に加わり、平氏を倒した頼朝が鎌倉幕府かまくらばくふを開くと、足利氏は鎌倉幕府の御家人ごけにんとなった。
しかし足利尊氏は幕府を裏切り後醍醐天皇ごだいごてんのうの味方として六波羅探題ろくはらたんだいを攻め落とした。さらに後醍醐天皇とも敵対てきたいするようになり、京都に幕府を開いた。
足利尊氏あしかがたかうじ 鎌倉時代かまくらじだいの終わり頃から、室町時代むろまちじだい初めの頃にいた武将ぶしょう
もともと河内源氏かわちげんじの出身で、鎌倉幕府の有力な御家人ごけにん(幕府で将軍につかえる武士ぶしのこと)だった(この時は「足利たかうじ」と名乗っていた)が、幕府を裏切り、後醍醐天皇ごだいごてんのうの味方になり、六波羅探題ろくはらたんだい(京都にあった、鎌倉幕府の重要な機関きかんのこと)をおととした(その後、鎌倉幕府は滅びた)。
この活躍かつやくにより、後醍醐天皇から、天皇の名前の一字である「尊」の字を使った「尊氏たかうじ」の名前を受ける。
しかし後醍醐天皇の新しい政治のやり方が気に入らず、京都に新しく光明天皇こうみょうてんのうを立てる。
1338年に、光明天皇から征夷大将軍せいいたいしょうぐん任命にんめいされて京都に幕府を開いた(足利義満あしかがよしみつが室町に御所ごしょを建てたことから、室町幕府むろまちばくふと呼ばれる)。
登場するページ→小学歴史「室町幕府」、中学歴史「建武の新政」
安和の変あんなのへん 969年の平安時代へいあんじだいに起こったへん謀反むほんのこと)。謀反とは、その時のトップの人にはむかうこと。
藤原氏ふじわらしが、ライバルのように思っていた源高明みなもとのたかあきらが謀反をたくらんでいると言いつけて、源高明を政治の中心から追い出した事件のこと。
源高明がいなくなって、藤原氏のライバルはいなくなって摂関政治せっかんせいじが上手くいくきっかけになった。

「い」で始まる用語

 

遺跡いせき 古い時代のヒトが暮らしていた様子がわかる建物や場所のこと。暮らしていた「あと」が「のこされている」場所なので「遺跡」という。
日本の有名な遺跡には、青森県の「三内丸山遺跡さんないまるやまいせき」、佐賀県の「吉野ケ里遺跡よしのがりいせき」、群馬県の「岩宿遺跡いわやどいせき」などがある。
乙巳の変いっしのへん 645年の飛鳥時代あすかじだいに起こった政変せいへん政権せいけん突然とつぜん変動へんどう)。皇子おうじである中大兄皇子なかのおおえのおうじと、中臣鎌足なかとみのかまたり蘇我入鹿そがのいるか暗殺あんさつし、蘇我入鹿の父の蘇我蝦夷そがのえみしも自殺にまれ、これによって蘇我氏の本家ほんけほろんだ。
それまで蘇我氏は朝廷ちょうてい内で大きな力を持っていたが、中大兄皇子はこれをきっかけに天皇てんのう中心の国造りを目指して改革かいかくを行った(大化たいか改新かいしん)。
登場するページ→小学歴史「大化の改新」、中学歴史「大化の改新」
岩宿遺跡いわやどいせき 1946年に群馬県で発見された遺跡いせき
更新世こうしんせいのころに堆積たいせき(土がかさなること)した関東かんとうロームそうの中から旧石器きゅうせっきが発見されたことで、日本にも旧石器時代があったことが分かった重要な遺跡。
登場するページ→高校歴史「旧石器時代」
院政いんせい 退位たいいした天皇てんのうが、政治の実権じっけん実際じっさい権力けんりょくのこと)をにぎること。
天皇は退位すると「いん」というところに住むようになる。「院」で政治を行うということから、「院政」と呼ぶ。
1086年に白河天皇しらかわてんのうが退位して堀河天皇ほりかわてんのう譲位じょうい(天皇の位をゆずること)したあと、政務せいむ(政治を行うための行政事務ぎょうせいじむ)を後見こうけん(後ろにひかえてサポートすること)したことが始めとされる。登場するページ→小学歴史「武士の政治の始まり」

「う」で始まる用語

うじ 同じ祖先をもつ、血縁関係のある集団のこと。つまり親戚のイメージ。3世紀の大和政権やまとせいけんでは、豪族ごうぞくたちは「氏」ごとに職務しょくむ(仕事の役目のこと)を受け持って大王おおきみに仕えていた。大王は、それに対して「かばね」という称号しょうごう(呼び名のこと)を与えていた。
この関係を「氏姓制度しせいせいど」と呼ぶ。
例えば、大化改新たいかのかいしんで有名な蘇我そがは、「蘇我」という「氏」の一族。蘇我氏は大王のもとで「大臣おおおみ」という重要なポストとして仕えていた。この場合、「大臣」が「姓」になる。
他にも中臣鎌足なかとみのかまたりが有名な「中臣なかとみ氏」や、「物部もののべ氏」などがある。
うじかみ うじ」のリーダーのこと。大化改新たいかのかいしんの後からは朝廷が氏の上を任命にんめい(その役につくように命令すること)するようになった。
氏の上は、氏神うじがみ(一族と関係が深い神様のこと)のための儀式を行ったり、一族の人間を、朝廷の位に推薦すいせんしたり、罪を犯した場合は罰を与えたりした。
平安時代より後には「氏の上」から、「氏の長者おさ」と呼ぶようになった。

「え」で始まる用語

永楽通宝えいらくつうほう みんから輸入された銅銭どうせんのひとつ。永楽銭とも呼ぶ。明の皇帝「永楽帝えいらくてい」の時代(1402年~1424年)に発行された銅銭。
室町時代むろまちじだいでは、この永楽通宝が一般的な通貨として使われていた。
織田信長おだのぶなが旗印はたじるし(旗に描かれる印のこと)にはこの永楽通宝が描かれていて、刀の「つば」も永楽通宝をデザインしたものになっている。
織田信長は自分の領地りょうち(おさめていた土地のこと)での経済活動けいざいかつどうが発展するよう色々工夫をした人物なので、「天下統一てんかとういつにはお金のちからも必要」と考えていたためという意見もある。
蝦夷えみし 「えぞ」とも読む。大和朝廷やまとちょうていから見て、朝廷の支配が及ばない土地や、その土地に住む人々のことを指す言葉。朝廷が支配する範囲が変わるにつれて、「蝦夷」という言葉が表す範囲も変わる。
主に関東地方や、東北地方、近世以降は北海道なども含まれるようになる。
朝廷は蝦夷を支配しようと、たびたび討伐隊とうばつたい(倒すための軍隊)を送っている。征夷大将軍せいいたいしょうぐんとは、蝦夷を征討せいとうするための軍の大将のことで、武士のトップ的な人物が任命された。
延久えんきゅう荘園整理令しょうえんせいりれい 寄進系荘園きしんけいしょうえんが増えてしまうと、税が入ってこなくなり、困った結果、延久元年に後三条天皇ごさんじょうてんのうにより出された命令。
これにより、寛徳かんとく2年(1045年)以降の荘園の権利は全てストップされ、それより前のものも、券契けんけい(財産が移動したことや、財産を持っているということを証明する文書のこと)が無かったり、きちんと揃っていないものは全て公領こうりょう(国の土地ということ)になると宣言された。
さらにこれによって記録荘園券契所きろくしょうえんけんけいしょが作られ、ここに証拠書類を提出して、国司から報告があることでやっと荘園が認められるようになった。
結果、摂関家せっかんけの荘園とされていたもののほとんどは権利が無くなり、国のものとなった。

「お」で始まる用語

大江匡房おおえのまさふさ 平安時代後期、院政いんせい期(院政が行われていたころのこと)を代表する学者。後三条天皇ごさんじょうてんのうのもとで「延久えんきゅう荘園整理令しょうえんせいりれい」を建議けんぎ(意見をいうこと)した。後三条天皇が東宮とうぐう(皇太子時代のこと)の時の学士がくし(教育係のこと)で、後三条天皇の信頼を得て蔵人くろうど(天皇の秘書のような人のこと)になっていた。
その後も、白河天皇しらかわてんのう堀河天皇ほりかわてんのうが東宮の時にも学士になる。
百人一首に歌がおさめられている。
第73番「高砂の 尾の上の桜 咲きにけり とやまの霞 立たずもあらなむ」
応天門おうてんもんの変 貞観じょうがん8年(866年)に起こった変。平安京の大内裏だいだいり(天皇の住まいや役所があるエリアのこと)にある「応天門」が放火されて炎上した。それまで朝廷で長く力を持っていた大伴氏おおともしが犯人とされ、この事件により力を失った。事件の処理をした藤原良房ふじわらのよしふさは事件後に清和天皇せいわてんのう摂政せっしょうになり、力をつけていった。(そのため、この事件は藤原氏による陰謀いんぼうとの考え方もある)
大型哺乳類おおがたほにゅうるい 更新世こうしんせいの時代、まだ地球が氷河ひょうがおおわれていたころにいた大型の哺乳類動物。マンモスナウマンゾウなどがいる。
氷期ひょうきが終わって間氷期かんぴょうきになると、大型哺乳類は絶滅ぜつめつしてしまった。
日本では、長野県の野尻湖遺跡のじりこいせきでナウマンゾウの骨が見つかり、日本でも大型動物を狩って食べる生活がされていたことが分かった。
大王おおきみ 古墳時代から飛鳥時代の間で、大和朝廷やまとちょうていのトップの人を大王と呼んだ。
現在の天皇のこと。
大森貝塚おおもりかいづか 1877年にアメリカ人のモースという人が発見した縄文時代じょうもんじだい後期遺跡いせきのこと。モース貝塚かいづかとも呼ばれている。日本で発掘調査はっくつちょうさを初めてしたのが大森貝塚。現代の東京都品川区と大田区にまたがる場所にある。
織田信長おだのぶなが 1534年生~1582年没 尾張国おわりのくにの戦国大名。1560年に桶狭間おけはざまの戦いで、駿河国するがのくに今川義元いまがわよしもとを倒した。1573年には室町幕府将軍むろまちばくふしょうぐん 足利義昭あしかがよしあきを京都から追放し、室町幕府を滅ぼした。
1575年の長篠ながしのの戦いでは、武田勝頼たけだかつよりを倒し、1576年に安土山あづちやまに安土城を築く。
天下統一てんかとういつをめざすが、1582年に京都にある本能寺ほんのうじで家臣だった明智光秀あけちみつひでおそわれて自害する。(本能寺の変)
とても激しい性格で、性格をよく表すホトトギスのうた「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」が有名。
公的な文書を出すときには、「天下布武てんかふぶ」の印を使った。天下布武とは、「天下を武力で統一する」という意味。
また、信長は領地での経済活動の発展にも力を入れていた。
信長の旗印はたじるしには銅銭どうせんの「永楽通宝えいらくつうほう」が使われていて、刀の「つば」も永楽通宝のデザインになっていた。
小野妹子おののいもこ もとは滋賀県の豪族ごうぞくの出身。飛鳥時代聖徳太子しょうとくたいしの命令でずいへお使いに行った。遣隋使けんとうしは607年と608年の2回つとめている。
それまで冠位十二階かんいじゅうにかいの5番目の位「大礼だいれい」だったが、遣隋使を頑張ったので1番目の「大徳だいとく」という位まで出世しゅっせした。
登場するページ→歴史人物図鑑「小野妹子

 

ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。