「ものが水に溶けるとき(ものの溶け方)」水溶液とはなにか解説

小学5年生理科「もののとけ方」
ものが水に溶けるってどういうこと?水溶液って何?
「物のとけ方」について、ココを押さえればOKなポイントをまとめました。
漫画もあるからわかりやすい!
「物の溶け方」の導入について、楽しく学習するためのページです。

「ものが水に溶けるとき(ものの溶け方)」 水溶液とはなにか解説のPDFをダウンロード

「ものが水に溶けるとき(ものの溶け方)」 水溶液とはなにか解説

「ものが水に溶けるとき(ものの溶け方)」 水溶液とはなにか解説のPDF(6枚)がダウンロードできます。

PDFを印刷して手書きで勉強したい方は以下のボタンからお進み下さい。

「ものの溶け方」
おさえるべきポイントはココ!

  • ものが水にとけるとどうなるのかを理解する
  • とけたものは無くなったわけではないことを理解する
  • とけたものが無くなっていないことを調べる実験について理解する
  • 「水にとける」・「水溶液」という言葉の意味を理解する
yuminekoyumineko

それではそれぞれのポイントを解説していくよ!

目次【本記事の内容】

「ものの溶け方」ポイント①
水に物をいれるとどうなるか

水に入っているはずなのに、見えない物

水に物をいれた時に、入れた物が見えなくなっちゃうことってあるよね。

たろうたろう

たしかに。
角砂糖かくざとうは、白いかたまりなのに、紅茶に入れると見えなくなるよね。


くまごろうくまごろう

たろう君は海で泳いだことはあるかな?
海も、塩水だよね。でも、塩のつぶつぶも見えないよね。

「ものの溶け方」ポイント②
とけたものは無くなったわけではない!

見えなくなった
→消えてしまったのか?

くまごろうくまごろう

角砂糖かくざとうを入れた紅茶の場合ばあいだけど、砂糖が見えなくなったということは、砂糖が消えてしまったのかな??


たろうたろう

うーん・・見えないけど、飲んでみるとちゃんと「甘い」よね。


くまごろうくまごろう

そう。
実は、砂糖や塩の粒は、水の中に入って「見えなくなるくらい小さくなってしまった」
だけなんだよ。
消えてしまったワケじゃないから、しっかり「甘さ」とか「しょっぱさ」は感じるというわけだね。

「ものの溶け方」ポイント③
とけたものが残っていることがわかる実験

見えないから「本当に残っているか」なんて分からない?

たろうたろう

たしかに「甘さ」や「しょっぱさ」は感じるけど、本当に残ってるの?
だって、見えないんだから確かめられないよ。

コップの水をじっと見る男の子のイラスト

くまごろうくまごろう

見えなくても、「ちゃんと残っているか」を調べる実験があるよ!

溶けたものが無くなったわけではないことが分かる実験
「水に入れる前と、入れた後の重さを比べてみよう!」

ものの溶け方の実験のイラスト

ものの溶け方の実験のイラスト

ものの溶け方の実験のイラスト

ものの溶け方の実験のイラスト

くまごろうくまごろう

水の中に入れる前の「水」と「塩」の重さと、水の中に入れた後の水の重さが一緒ということは、塩は消えてもいないし、ってもいないということが分かるね!

たろうたろう

ということは、本当に見えなくなっちゃっただけで、物は水の中にそのまま残っているんだね。

「ものの溶け方」ポイント④
「水にとける」・「水溶液」ってどういうこと?

こうやって「物を水に入れたときに、見えなくなるくらい小さくなって水の中全体に広がる」状態じょうたい「水にとける」というよ。

「水にとける」とは
ものを水に入れたとき、見えなくなるくらい小さくなって、水の中全体に広がること!

そして、そうやって「物がとけた水」のことを、すいようえきというんだ。

たろうたろう

すいようえき??
なんだか覚えづらい言葉だなぁ・・


くまごろうくまごろう

水よう液は、全部漢字にすると「水溶液すいようえき」と書くんだよ。
よう」は「かす」という漢字だね。
ちなみに、「物がけたえきたい」のことを溶液ようえきというんだ。
溶液は、べつに水じゃなくても使える言葉だよ。
たとえば、甘いホットミルク。
砂糖を牛乳に溶かしたものだけど、これだって溶液だよ。
だから、「水に物が溶けた」ことをあらわすためにみず」+「溶液ようえき水溶液すいようえきと呼ぶんだね。


yuminekoyumineko

この「溶液ようえき」や「水溶液すいようえき」という言葉は、中学でもたくさん使うよ!今から言葉の意味をちゃんと理解しておくと後がラクになるよ!

「もののとけ方」
小学5年生はココを押さえればOK!
まとめ

まとめ
※赤いキーワードは必ず覚えよう!
    • 物を水に入れた時、見えなくなる物がある。
    • 見えなくなっても、物は消えてしまったワケではない
    • 物を水に入れる前と、入れた後では重さは変わらない
    • 物を水に入れた時、見えなくなるくらい小さくなって広がることを「水にとける」という。
  • 物がけた水のことを、すいようえきという。
yuminekoyumineko

つぎは、「ものが水にとけることができる量」について解説するよ!

この記事に関連する商品

運営者情報

青山学院大学教育学科卒業。TOEIC795点。2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。志望校の特待生クラストップ10位内で合格を果たす。

感想や意見を聞かせてね