さくいん

分からないコトバもすぐに分かる!理科で出てくる用語をひとつひとつ簡単な言葉で解説!索引「や~よ」

yumineko
yumineko
随時更新していきます!

「や」で始まる用語

「ゆ」で始まる用語

有機物
(ゆうきぶつ)
「炭素」を含んでいる物質のことを有機物という。有機物以外のものは「無機物(むきぶつ)」と呼ぶ。
炭素を含んでいるかどうかは、その物質を燃やした時に二酸化炭素が発生するかどうかで見分けることが出来る。
例えば、白砂糖を熱するとコゲが出来る。このコゲは、「炭(すみ)」で、炭素なので、白砂糖は有機物ということになる。
登場するページ→中学1年理科「身のまわりの物質とその性質」
優性形質
(ゆうせいけいしつ)
ここに説明文を入力してください。
有性生殖
(ゆうせいせいしょく)
ここに説明文を入力してください。
融点
(ゆうてん)
個体である物体が、ある温度に達して液体に変化する温度のこと。
例えば、水(液体)が凍って氷(個体)になる。氷(個体)は温められるとまた水(液体)になる。この「液体になる温度」が融点。
水の融点は0度。
登場するページ→中学1年理科「物質の姿と状態変化」
誘導電流
(ゆうどう電流)
コイル(導線を巻いたもののこと)に磁石を近づけたり遠ざけたりすると、コイルの中に電流(でんりゅう)が流れる。
この現象を「電磁誘導(でんじゆうどう)」という。
この時、コイルの中に流れる電流のことを「誘導電流」と呼ぶ。
【参考】誘導電流は、コイルの巻き数(何重に巻いたか)が多いほど大きくなる。
登場するページ→中学2年理科「電流と磁界」

「よ」で始まる用語

溶液
(ようえき)
ある物質を液体に溶かした時、「溶けている物質」のことを「溶質(ようしつ)」、物質を溶かしている液体のことを「溶媒(ようばい)」と呼ぶ。そして、「物質が溶けた液体」全体のことを「溶液」と呼ぶ。
例えば、砂糖を水に溶かした場合、「溶質は砂糖」で、「溶媒は水」。そして出来上がった砂糖水全体のことを「溶液」と呼ぶ。

【参考】水が溶媒になっている溶液のことは「水溶液(すいようえき)」と呼ぶ。
登場するページ→中学1年理科「水溶液の性質」
陽イオン
(よういおん)
ここに説明文を入力してください。
溶解度
(ようかいど)
物質は、いくらでも水に溶かすことは出来ない(限界がある)。
ある物質が「それ以上は溶けることができない」状態を「飽和状態(ほうわじょうたい)」という。
溶けることができる限度は、物質によって違う。
なので、「どのくらい溶けることが出来るか」を表すのが「溶解度」。
溶解度は、水100gにその物質が限界まで溶けた状態の時(飽和状態のとき)、物質の質量がいくつかで表すことが出来る。例えば、塩(塩化ナトリウム)が溶けることが出来る限界の量は、水が0度の時の場合37.6g。
つまり、水が0度の時の塩の溶解度は37.6g。この溶解度は、水の温度によって変わる。例えば、水を熱してお湯(100度)にすると、0度の時よりも多く溶けることが出来て、溶解度は41.1g。
登場するページ→中学1年理科「水溶液の性質」
溶解度曲線
(ようかいどきょくせん)
ある物質が、「どのくらい水に溶けることが出来るか」を表した溶解度(ようかいど)は、水の温度によって変わる。
例えば、水を熱すると溶けやすくなり、溶解度が上がる。
この水の温度ごとに溶解度を表したグラフを、溶解度曲線と呼ぶ。
登場するページ→中学1年理科「水溶液の性質」
溶岩
(ようがん)
地球の内部はとても熱くなっていて、地面の下にある岩石が熱によって溶けているものを「マグマ」という。
このマグマが、地面の表面に流れ出てきたものを「溶岩」と呼ぶ。
登場するページ→中学1年理科「火をふく大地」
溶質
(ようしつ)
ある物質を液体に溶かした時、「溶けている物質」のことを「溶質(ようしつ)」、物質を溶かしている液体のことを「溶媒(ようばい)」と呼ぶ。そして、「物質が溶けた液体」全体のことを「溶液」と呼ぶ。例えば、砂糖を水に溶かした場合、「溶質は砂糖」で、「溶媒は水」。そして出来上がった砂糖水全体のことを「溶液」と呼ぶ。

【参考】水が溶媒になっている溶液のことは「水溶液(すいようえき)」と呼ぶ。
登場するページ→中学1年理科「水溶液の性質」
溶媒
(ようばい)
ある物質を液体に溶かした時、「溶けている物質」のことを「溶質(ようしつ)」、物質を溶かしている液体のことを「溶媒(ようばい)」と呼ぶ。そして、「物質が溶けた液体」全体のことを「溶液」と呼ぶ。
例えば、砂糖を水に溶かした場合、「溶質は砂糖」で、「溶媒は水」。そして出来上がった砂糖水全体のことを「溶液」と呼ぶ。

【参考】水が溶媒になっている溶液のことは「水溶液(すいようえき)」と呼ぶ。
登場するページ→中学1年理科「水溶液の性質」
葉脈
(ようみゃく)
葉緑体
(ようりょくたい)

 

ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。