音楽

中学音楽期末テスト対策「夢の世界を」80点超えするための【ポイント解説】

斉唱と混声三部合唱の違いを説明するイラスト

中学音楽「夢の世界を」の定期テストで80%以上得点するためにおさえるポイントを紹介するよ。
どこに気をつければいいのか?何を覚えればいいのか?期末テストに向けた学習ができます。

目次【本記事の内容】

「夢の世界を」
基本情報をチェックしよう

「夢の世界を」基本データ

作詞者:芙龍明子ふりゅうあきこ
作曲者:橋本祥路はしもとしょうじ
速度:♩.=84〜92
拍子ひょうし:8分の6拍子
曲の調ちょう:ハ長調
形式けいしき二部形式にぶけいしき
合唱形態がっしょうけいたい斉唱せいしょう混声三部合唱こんせいさんぶがっしょう

「夢の世界を」の歌詞

くまごろう
くまごろう
 テストでは、歌詞の一部が空欄くうらんになっていて、穴埋めをする問題が出たりするよ。
歌詞は暗記しておこう!
「夢の世界を」では、同じようなフレーズが繰り返されるので、言葉の順番がごちゃまぜにならないように、注意しよう。

「夢の世界を」の歌詞

1番

【Aメロ】
ほほえみ かわして かたりあい
おちばを ふんで あるいたね
なみきの いちょう あざやかに
いつかも ゆうひが うつしだしたね

【Bメロ】
※ さあ でかけよう
おもいでの あふれる みちをかけぬけ
さあ かたりあおう
すばらしい ぼくらの ゆめのせかいを

2番

【Aメロ】
ことりの さえずり ききながら
はるかな ゆうひを ながめたね
おがわの ながれも すみわたり
いつかも ぼくらを うつしだしたね

【Bメロ】
※くりかえし

【ポイント①】
1番の「いちょう」のところを、「いちょう」と間違えて覚えてしまうことが時々あるので注意しよう。
「夕日がイチョウ鮮やかに映し出している」というシーンをしっかり思い描いておくと間違えにくいよ。

【ポイント②】
「でかけよう」とか「かたりあおう」とか、同じメロディの部分では、どっちがどっちだったか、順番があやふやになることが多いよ。
それぞれ、

「でかける」→「出かけるために道をかけぬける」
「かたりあう」→「夢の世界について語り合う」

というように、あとにつづく歌詞とのつながりを意識しておけば、間違えにくいよ。

【ポイント③】
同じメロディの部分なのに、1番では「ゆうひが」になっていて、2番では「ぼくらを」になっているところが、あやふやになってしまうことが多いよ。
ヒントとしては、

1番は「イチョウを鮮やかに映し出したのは何?」→「ゆうひが(うつしだした)」
「ぼくら」がイチョウを鮮やかに映し出すことは普通あり得ないよね。

2番は、「すみわたった小川は、何を映し出したの?」→「ぼくらを(うつしだした)」

ということを意識しておくと、間違えにくいよ。

「夢の世界を」で重要なポイントはココ!

速度について

「夢の世界を」の速度記号は、♩.=84〜92となっているけど、これはどういう意味かわかるかな?

これは、「夢の世界を」を演奏(歌う)ときには、付点四分音符ふてんしぶおんぷが1分間に84回から92回になるような速さで演奏してね(歌ってね)、という意味だよ。

付点四分音符ふてんしぶおんぷとは?

四分音符しぶおんぷ(♩)に、点が付いたから付点四分音符だね。

音符や休符に点が付くと、「その音符や休符の半分の長さを足してあげてね」という意味になるんだ。

だから、四分音符に点がつくと、
「四分音符の半分の長さを足してあげて」ということになるから、
四分音符の半分の「八分音符はちぶおんぷ」を足した長さになるというわけ。

つまり、付点四分音符は、「♩+♪」 の長さになるんだよ。

で、結局どのくらいの速さなの?

たとえば、「夢の世界を」の最初の歌詞の部分で考えてみるよ。

「夢の世界を」の速度記号の説明のイラスト

「ほほえみ かわして かたりあい」のところを見てみよう。
「ほほえみ」というフレーズで1小節使うようになっているね。

この「ほほえみ」の、「ほほえ」が付点四分音符一個分の長さで歌って、「み」の部分でさらに付点四分音符一個分の長さで歌うことになるよ。

ということは、「ほほえ」という言葉を、一分間に84回から92回くらい言えるような速さ

というイメージだね。

えっ
じゃあ、「ほほえ」を一回歌うのに1秒もかかっちゃいけないということか。
結構速い曲なんだね(汗)

拍子について

8分の6拍子というのは、「1小節しょうせつに八分音符が6つ入る」という意味なんだ。

さっきの「ほほえみ」の部分で考えてみると、

「ほ」「ほ」「え」はそれぞれ八分音符がひとつづつ。(これで3つの八分音符)

「み」はこれだけで八分音符3つ分の長さ。

「夢の世界を」の拍子について説明するイラスト

全部でちゃんと八分音符6個分になっているね。

指揮しきについて

「夢の世界を」は、8分の6拍子の曲だよね。
指揮ももちろん、8分の6拍子の指揮のり方になるんだけど、ここでひとつ注意ポイントがあるよ。

速度のところで説明したように、「夢の世界を」は速い曲なので、同じ8分の6拍子の指揮の振り方でも「速い速度の振り方」になるので注意してね。

8分の6拍子の指揮のイラスト

調ちょうについて

「夢の世界を」はハ長調の曲だね。

シャープやフラットがもともと付いていなくて、主音しゅおん音階おんかいの最初の音のこと)は「ド」になるよ。
つまり、「ドレミファソラシド」の音階で作られている曲なんだね。

形式けいしきについて

二部形式にぶけいしきというのは、「2つのメロディーによって作られた曲」のことだよ。

歌詞のところを見るとわかるように、
「ほほえみ かわして かたりあい・・・」の「A」というメロディーと、
「さあ でかけよう おもいでのあふれる みちをかけぬけ・・・」の「B」というメロディーの2つが使われている よね。

合唱形態について【良く出る】

合唱形態とは、つまり「どうやって合唱するスタイルなのか?」ということだよね。

女の人2人で合唱するとか、
男女ペアで合唱するとか・・色々あるよね。

「夢の世界を」はどうやって合唱するかというと、
「Aのメロディー」と「Bのメロディー」で、合唱形態が変わるんだ。

斉唱と混声三部合唱の違いを説明するイラスト

Aのメロディの部分は、みんなで一緒に同じフレーズを同じ音程で歌って(斉唱せいしょうというよ)
Bのメロディの部分からは、ソプラノとアルトの女声と、男声に分かれて歌う(混声三部合唱こんせいさんぶがっしょうというよ)

というスタイルなんだ。

ソプラノとは

ソプラノは、女の人が歌う、一番高い音域おんいきのパートのことだよ。

アルトとは

アルトは、女の人の音域を2つに分けたときに、低い方の音域を歌うパートのことだよ。

男声とは

男声は、そのまま「男の人が歌うパート」ということだよね。

ソプラノとアルトのように、男声も何パートかに分かれることもあるけど、「夢の世界を」では、男声は1つのパートしかないということだね。

くまごろう
くまごろう
 「夢の世界を」の楽譜では、ト音記号の方に「ソプラノ」と「アルト」が書かれていて、
「ヘ音記号」の方に男声が書かれているよ。

使われている音楽記号について

リタルダンド、アテンポ、テヌートの説明のイラスト

リタルダンド

リタルダンドとは、「だんだん遅く」という意味だよ。
「夢の世界を」は、速い曲だったよね。でも、最後の方はもちろんサッサと終わるより、少しゆっくり歌うことで、曲に感情を込めることができるよね。

だから、「夢の世界を」でも、最後の方の小節に、リタルダンドが使われているんだ。

リタルダンドは、「rit.」という記号で書かれるよ。

ア テンポ

ア テンポとは、「もとの速さに戻る」という意味

「夢の世界を」の最後の方の小節に、リタルダンドが使われるよね。
リタルダンドによって、「だんだん遅く」なっていたのを、「もとの速さに戻す」ために使われているんだ。

ア テンポは、「a tempo」という記号で書かれるよ。

テヌート

テヌートとは、「(その)音の長さを十分に保って」という意味なんだ。

スタッカートは聞いたことあるかな?
同じ四分音符でも、スタッカートがついていると、「タッタッタッ」となんだか弾くように短く演奏したり歌ったりするんだ。

それとは逆に、テヌートが付いているときには、しっかりとその音の長さの分、演奏したり歌うようにする、ということなんだよ。

テヌートの記号は、音符の上や下に棒を一本描くよ。

yumineko
yumineko
 ここまで学習できたら、テスト対策の練習問題ページもあるので、ぜひチャレンジしてみてね!
熊と男の子が勉強しているイラスト
中学音楽テスト対策「夢の世界を」ではどんな問題が出る?練習問題中学音楽で習う「夢の世界を」について、定期テストで良く出る問題をまとめました。 問題をクリック(タップ)すると、答えが表示されるので実...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。