「旧石器時代」定期テスト対策練習問題・過去問まとめ【中学歴史】

勉強をしている男の子と熊のイラスト

中学歴史で学ぶ「旧石器時代」についての定期テストでよく出る問題・過去問をまとめました。問題をクリックすると答えが表示されるので、自学でのテスト対策がサッとできます。

スポンサーリンク

中学歴史「旧石器時代」
定期テスト対策練習問題

yumineko

問題のはじめにある→マークをタップ(クリック)すると答えが表示されるよ!

問1

「紀元前」と「紀元後」の基準となっているのは何という人物の誕生か答えなさい。
答え:イエス・キリスト(キリスト)
次の時代区分を古いものから順に並び替えなさい。

ア:中世
イ:近世
ウ:現代
エ:古代
オ:原始
カ:近代

答え:オ→エ→ア→イ→カ→ウ

問2

21世紀とは、西暦何年から何年までか答えなさい。
答え:2001年〜2100年

問3

次の説明文に当てはまる人類をそれぞれ答えなさい。

ア:約200万年前に現れた。火を使うようになった。
イ:約20万年前に現れた。現在の人類の直接的な祖先にあたる。
ウ:約700万年前に現れた。直立二足歩行をするようになった。

答え:
ア・原人
イ・新人
ウ・猿人

問4

猿から進化し、二足歩行をするようになった猿人の知能が発達した理由を、「手」と「脳」をいう言葉を使って簡単に説明しなさい。
答え:(例)立って歩くことで、大きな脳を支えられるようになったため発達し、また手を自由に使えるようになったから。
【解説】「手を自由に使えるようになった」「立って歩く」「脳が発達した」という内容が書けているかどうかがポイント。

問5

次の名称はそれぞれどの人類に当てはまるか、それぞれ「猿人」「原人」「新人」から選びなさい。

ア:クロマニヨン人
イ:アウストラロピテクス
ウ:北京原人

答え:
ア・新人
イ・猿人
ウ・原人

問6

原人について説明した次の文の( )に当てはまる言葉をそれぞれ答えなさい。

約200万年前に現れた原人は、発達した知能により、調理に利用できる( ア )やコミュニケーションを取るための( イ )を使うようになった。( ウ )石器を使って狩りをするようになり、このような時代を( エ )時代と呼ぶ。

答え:
ア・火
イ・言葉(ことば)
ウ・打製
エ・旧石器

問7

旧石器時代が終わって新石器時代が始まったころとして正しいものは次のうちどれか答えなさい。

ア:約5千年前
イ:約1万年前
ウ:約2万年前
エ:約3万年前

答え:イ

問8

日本にも旧石器時代があったことが証明されたきっかけとなった遺跡の名前を答えなさい。
答え:岩宿遺跡

問9

人々の狩りのようすが描かれていることで有名な壁画があるフランスの洞窟の名前を答えなさい。
答え:ラスコー

縄文時代・弥生時代の中学テスト対策練習問題のページはコチラ

スポンサーリンク



算数と数学を学びたい方はトムソンさんの『トムラボがオススメです!
より本格的な学習が無料でできます!

トムラボのバナーリンクの画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする