加法・減法テスト対策練習問題と過去問まとめ【中1数学】正負の数

勉強をしている男の子と熊のイラスト
中学数学「正負の数」で学ぶ「加法・減法」のテストで良く出る問題と過去問をまとめています。基本問題から応用問題までチャレンジできます。問題をクリックすると答えが表示されるので、自学でのテスト対策にピッタリです。

まずは正負の数「加法・減法」の計算方法についての解説をチェックしたい場合はこちら

スポンサーリンク

「正負の数」加法・減法テスト対策練習問題

yumineko

問題文をクリック(タップ)すると答えが表示されるよ!

基本問題

❶ 次の計算をしなさい。

1

−12+(−5)
−17

2

−18+7
−11

3

−16−(−5)
−11

4

−6+(−4)
−10

5

−7+15
8

6

7−(+12)
−5

7

−15−(−16)
1

8

12−(−12)
24

❷ 次の計算をしなさい。

1

−2+7−9+5
1

2

4+(−6)−3−(−8)
3

3

5+(−2)+(−9)+5+(−2)
−3

4

−22−(−18)+52+(−11)
37

項を答える問題

❶ 次の式の項をすべて答えなさい。

1

−12+5+(−20)−8
−12、5、−20、−8
【解説】+5など、正の数の項に「+マーク」をつけるかどうか、先生によって教え方が違う場合がある。基本的に、+マークは付けても、省略しても間違いにはならない。しかし、「−マーク」は必ずつける必要があるので注意しよう。

2

−5+8+10−4
−5、8、10、−4

小数や分数が含まれる問題

❶ 次の計算をしなさい。

(1) +\(\frac{1}{6}\)−(−\(\frac{2}{5}\))

【答えと解き方】
−(−\(\frac{2}{5}\))は、符号を変えて加法に直すので、+\(\frac{2}{5}\)となる。
=\(\frac{1}{6}\)+\(\frac{2}{5}\)となるので、通分して計算する。
=\(\frac{5}{30}\)+\(\frac{12}{30}\)
=\(\frac{17}{30}\)

(2) 3−0.7−(−0.3)

【答えと解き方】
−(−0.3)は符号を変えて加法に直すので、+0.3となる。
=3−0.7+0.3
=2.6

(3) −2−1.6−(−\(\frac{3}{2}\))

【答えと解き方】
分数と小数が混ざっているときは、どちらかにそろえよう。

【小数を分数に直す場合】
小数点第一位までの小数を分数に直す場合は、10倍したものを分子、10を分母にすればよいので
=−\(\frac{16}{10}\)
全て通分すると
=−\(\frac{20}{10}\)−\(\frac{16}{10}\)+\(\frac{15}{10}\)
=−\(\frac{21}{10}\)
=−2\(\frac{1}{10}\)

【分数を小数に直す場合】
分数を小数に直すには、分子を分母で割ればいいので
=−2−1.6+1.5
=−2.1

算数と数学を学びたい方はトムソンさんの『トムラボがオススメです!
より本格的な学習が無料でできます!

トムラボのバナーリンクの画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする