「ウナギのなぞを追って」のテストではどんな問題がでる?小学4年国語テスト対策問題②

小学4年国語「ウナギのなぞを追って」のテストでよく出る問題をまとめているよ。

問題をクリックすると、答えがでてくるので練習にピッタリです!

「ウナギのなぞを追って」テストれんしゅう問題①はコチラ

スポンサーリンク

「ウナギのなぞを追って」
テストれんしゅう問題②

yumineko
問題をクリック(タップ)すると、答えがでてくるよ!

★本文を確認するために、教科書をよういしてチャレンジしてね!

問1

「これらは生後二十日ほどのものだと分かりました」とありますが、「これら」とは何のことですか。本文から抜きだして18字で答えましょう。
答え:十ミリメートル前後のレプトセファルス

問2

「調べてみると、これらは生後二十日ほどのものだと分かりました」とありますが、レプトセファルスの何を調べたのですか。本文から抜きだして17字で答えましょう。
答え:一日に一本ずつふえる輪のできる部分

問3

「これらは生後二十日ほどのものだと分かりました」とありますが、このことから、ウナギがたまごを産む場所を見つけるためにはどうすればよいと考えられましたか。本文の言葉を使って答えましょう。
答え:とれた所から、二十日分のきょりを計算して海流をさかのぼる

問4

「ある地点をこえると、ぱったりととれなくなっているのです」とありますが、ある地点とはどんな地点ですか。「〜地点」とつながるように、本文の言葉を使って答えましょう。
答え:大きな三つの海山が、南北に連なっている地点

問5

「ウナギは、新月のころに合わせて、いっせいにたまごを産んでいるようなのです」とありますが、このことが分かるために、どのようなことをしましたか。本文の言葉を使って答えましょう。
答え:レプトセファルスのたんじょう日をこよみと照らし合わせた

問6

「確実にたまごに近づいていると、わたしたちの期待は高まりました」とありますが、それはなぜですか。もっとも正しいものを次の中から選びましょう。

ア:「海山の近く」「新月のころ」という予想通りの場所でレプトセファルスを見つけることができたから
イ:生後わずか二日のレプトセファルスを見つけることができたから
ウ:何年もとれなかったレプトセファルスが久しぶりにとれたから
エ:マリアナ諸島の西でレプトセファルスがとれたから

答え:イ

問7

「そこで、わたしたちは、フロントとよばれる、塩分のこさがことなる海水のさかい目に着目しました」とありますが、フロントに着目しようとした理由は何ですか。もっとも正しいものを次の中から選びましょう。

ア:確実にたまごに近づいていると、期待が高まったこと
イ:たまごも、生まれてすぐのレプトセファルスもとれないことが何年も続いたこと
ウ:生後わずか二日のレプトセファルスを見つけることができたこと
エ:たまごをとるためには、さらに場所をしぼりこむ必要があったこと

答え:エ

問8

「ついにそのしゅんかんは、やって来ました」とありますが、そのしゅんかんとは、どんなしゅんかんですか。「〜しゅんかん」とつながるように、本文から抜きだして答えましょう。
答え:ウナギがたまごを産む場所にたどり着くことができた(しゅんかん)

問9

「船内は、期待とこうふんに包まれました」とありますが、「わたし」の「ウナギのたまごらしいもの」にたいして期待する気持ちがこめられている一文を本文からさがして、最初の5字と終わりの5字を答えましょう。
答え:
【初めの5字】船の研究室
【終わりの5字】いました。
【かいせつ】
抜きだす一文は、「船の研究室のモニターにうつし出されているたまごは、にじ色にかがやいていました。」「わたし」のたまごにたいする期待が、「にじ色にかがやいていた」という言葉にこめられている。

問10

ウナギがどこでたまごを産むのかという問題を明らかにするために、大変な苦労があっただろうということがつたわる一文を本文からさがして、最初の5字と終わりの5字を答えましょう。
答え:
【初めの5字】初めて調査
【終わりの5字】いました。
【かいせつ】
抜きだす一文は、「初めて調査に加わったときから、三十六年の年月が流れていました。」ウナギがどこでたまごを産むのかという問題を明らかにするために、三十六年もの年月がかかったことから、大変な苦労があっただろうということがつたわる。

算数と数学を学びたい方はトムソンさんの『トムラボがオススメです!
より本格的な学習が無料でできます!

トムラボのバナーリンクの画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする