「ごんぎつね」のテストではどんな問題がでる?小学4年国語テスト対策問題②

男の子と熊が勉強しているイラスト

小学4年国語「ごんぎつね」のテストでよく出る問題をまとめているよ。

問題をクリックすると、答えがでてくるので練習にピッタリです!

「ごんぎつね」テストれんしゅう問題①はコチラ

教科書をわかりやすく通訳するサイ...
「ごんぎつね」のテストではどんな問題がでる?小学4年国語テスト対策問題① | 教科書をわかりやすく通訳す... 小学4年国語「ごんぎつね」のテストでよく出る問題をまとめているよ。 問題をクリックすると、答えがでてくるので練習にピッタリです! 「ごんぎつね」テストれんしゅう問...
スポンサーリンク

「ごんぎつね」テストれんしゅう問題②

yumineko
もんだいをクリック(タップ)すると、こたえが出てくるよ!

次の「ごんぎつね」の文章を読んで問題にこたえましょう。

ごんぎつね

2

十日ほどたって、ごんが弥助というお百姓のうちのうらを通りかかりますと、そこのいちじくの木のかげで、弥助の家内が、お歯黒をつけていました。かじ屋の新兵衛のうちのうらを通ると、新兵衛の家内が、かみをすいていました。ごんは、「ふふん、村に何かあるんだな。」と思いました。「なんだろう、秋祭りかな。祭りなら、たいこや笛の音がしそうなものだ。それにだいいち、お宮にのぼりが立つはずだが。」
こんなことを考えながらやって来ますと、いつのまにか、表に赤い井戸のある兵十のうちの前へ来ました。その小さなこわれかけた家の中には、おおぜいの人が集まっていました。よそ行きの着物を着て、こしに手ぬぐいをさげたりした女たちが、表のかまどで火をたいています。大きななべの中では、何かがぐずぐずにえていました。
「ああ、そうしきだ。」と、ごんは思いました。「兵十のうちのだれが死んだんだろう。」
お昼がすぎると、ごんは、村の墓地へ行って、六地蔵さんのかげにかくれていました。いいお天気で、遠く向こうには、お城の屋根がわらが光っています。墓地には、ひがん花が、赤いきれのようにさき続いていました。と、村の方から、カーン、カーンと、かねが鳴ってきました。そうしきの出る合図です。
( ア )、白い着物を着たそうれつの者たちがやって来るのが、ちらちら見え始めました。話し声も近くなりました。そうれつは、墓地へ入ってきました。人々が通ったあとには、ひがん花がふみ折られていました。
ごんは、のび上がって見ました。兵十が、白いかみしもを着けて、いはいをささげています。いつもは、赤いさつまいもみたいな元気のいい顔が、今日はなんだかしおれていました。
「ははん、死んだのは、兵十のおっかあだ。」ごんは、そう思いながら頭を引っこめました。
そのばん、ごんは、あなの中で考えました。「兵十のおっかあは、とこについて、うなぎが食べたいと言ったにちがいない。それで、兵十が、はりきりあみを持ち出したんだ。( イ )、わしがいたずらをして、うなぎを取ってきてしまった。( ウ )、兵十は、おっかあにうなぎを食べさせることができなかった。( エ )、おっかあは、死んじゃったにちがいない。ああ、うなぎが食べたい、うなぎが食べたいと思いながら死んだんだろう。ちょっ、あんないたずらをしなけりゃよかった。」

問1

「なんだろう、秋祭りかな」とありますが、「ごん」はなぜ、秋祭りかどうかはっきりしないと思ったのですか。文章の中のことばを使って、2つ理由を答えましょう。
答え:
・たいこや笛の音がしないから
・お宮にのぼりが立たないから(お宮にのぼりが立っていないから)
※順ばんはどちらが先でもOK

問2

兵十のうちで、そうしきの準備が行われているようすが書かれた部分を、文章の中から抜きだして初めの8文字と終わりの8文字を答えましょう。
答え:
【初めの8文字】その小さなこわれ
【終わりの8文字】にえていました。

問3

「ごんは、村の墓地へ行って」とありますが、ごんは何をたしかめるために墓地へ行ったのですか。「〜ということ」とつながるように、文章の中のことばを使って答えましょう。
答え:兵十のうちのだれが死んだのか(ということ)
【かいせつ】
他にも、「兵十のうちのだれが死んだんだろう(ということ)」でもOK。

問4

「いいお天気で」とありますが、天気の良さを表現しているのは次のうちどれですか。もっとも正しいものを選びましょう。

ア:遠くのお城の屋根がわらが光っていること
イ:ひがん花が、赤いきれのようにさき続いていること
ウ:村の方からカーン、カーンとかねが鳴ってくること
エ:白い着物を着たそうれつの者たちがやって来ること

答え:ア
【かいせつ】
天気が良いので、お城の屋根がわらに太陽の光が反射して光っている。

問5

兵十がどんな気持ちか読みとることができる、兵十の様子が書かれている一文を、文章の中から抜きだして、最初の5文字と終わりの5文字を答えましょう。
答え:
【最初の5文字】いつもは、赤いさ
【終わりの5文字】おれていました。
【かいせつ】
抜きだす一文は、「いつもは、赤いさつまいもみたいな元気のいい顔が、今日はなんだかしおれていました。」。おっかあが死んでしまって、悲しくて元気のない兵十の気持ちを読みとることができる。

問6

「とこにつく」の意味として正しいものを次の中から選びましょう。
ア:お腹がすいて動けなくなる
イ:病気になって寝る
ウ:怪我をして寝る
エ:年をとって元気がなくなる
答え:イ

問7

「そのばん、ごんは、あなの中で考えました」とありますが、考えた結果、ごんはどんなことを思いましたか。次の中から正しいものを選びましょう。

ア:兵十のおっかあは、うなぎが食べたいと兵十をせめたまま死んだのだ
イ:自分がいたずらをしたせいで、兵十のおっかあは死んだのだ
ウ:自分がいたずらをしなければ、兵十のおっかあはうなぎを食べられたのだ
エ:うなぎを食べられていれば、兵十のおっかあは死ななかったのだ

答え:ウ

問8

いたずらをしたことを後悔している「ごん」の気持ちが表れている3文字のことばを文章の中から抜きだして答えましょう。
答え:ちょっ

問9

( ア )〜( エ )に入ることばを、それぞれ次の中から選びましょう。

①だから
②ところが
③やがて
④そのまま

答え:
ア・③
イ・②
ウ・①
エ・④

算数と数学を学びたい方はトムソンさんの『トムラボがオススメです!
より本格的な学習が無料でできます!

トムラボのバナーリンクの画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする