未分類

中学2年国語テスト対策問題「短歌に親しむ」テストで出る問題を確認しよう!

中学2年国語「短歌に親しむ」のテストに良く出る問題をまとめています。

クリックすると答えが表示されるので、実力試しや練習にピッタリです!

「短歌に親しむ」
テスト対策問題

問1

短歌について説明している次の文の(  )に当てはまる言葉と漢数字をそれぞれ選びなさい。
なお漢数字は、同じものを繰り返し使っても良い。また、同じカタカナの( )には、同じ言葉や漢数字が入る。

【説明文】
短歌は、( ア )年以上前から受け継がれてきた日本の( イ )で、( ウ )・( エ )・( オ )・( カ )・( キ )の( ク )音から成り立っている。
同様の( イ )の形式として、( ウ )・( エ )・( オ )の( ケ )音から成る ( コ )がある。

【選択肢】
サ:二
シ:四
ス:五
セ:六
ソ:七
タ:十五
チ:十七
ツ:二十
テ:二十八
ト:三十一
ナ:六百
ニ:千三百
ヌ:千八百
ネ:歌
ノ:詩
ハ:俳句
ヒ:絶句

答え:
ア・ニ
イ・ノ
ウ・ス
エ・ソ
オ・ス
カ・ソ
キ・ソ
ク・ト
ケ・チ
コ・ハ
※完成する説明文
短歌は、千三百年以上前から受け継がれてきた日本の詩で、五・七・五・七・七の三十一音から成っている。同様の詩の形式として、五・七・五の十七音かr成る俳句がある。

次の短歌について、問2〜8に答えなさい。

くれなゐのニ尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる

問2

この短歌の作者を漢字で答えなさい。
答え:正岡子規

問3

(ア)「くれなゐ」と(イ)「やはらか」をそれぞれ現代仮名遣いに直して、ひらがなで書きなさい。
答え:
ア・くれない
イ・やわらか

問4

この短歌で歌われている薔薇の芽の色を、次の中から選びなさい。

ア:緑
イ:茶
ウ:紅
エ:橙

答え:ウ

問5

「針」とは薔薇の何のことを表しているか。ひらがな2文字で答えなさい。
答え:とげ

問6

ニ尺に相当する長さを次の中から選びなさい。

ア:約30.3cm
イ:約60.6cm
ウ:約90.9cm
エ:約1m

答え:イ

問7

この短歌で「針」の他に「やはらか」とされているものを「〜の様子」と続くように歌の中から抜き出して答えなさい。
答え:薔薇の芽(の様子)

問8

この短歌について説明した次の文のうち、正しいものを全て選びなさい。

ア:この短歌は、日本の季節の情感を大切にし、激しく冷たい雨の中懸命に咲く薔薇の花の健気さを歌っている。
イ:この短歌は、「くれなゐ」「ニ尺」「やはらか」というように曖昧な表現を使って薔薇の芽を幻想的なベールに包んでいる。
ウ:この短歌は、「針」「やはらか」という言葉を使い、薔薇の新芽のみずみずしい柔らかな様子を見事に表現している。
エ:この短歌は、おなじ音の助詞を続けて使うことでリズムを生み出し、歌に優しい印象を持たせている。

答え:ウ・エ
【解説】
「春雨」とは、春に降るこまやかな雨のこと。よって、アの「激しく冷たい雨」は誤り。また、薔薇の花はまだ咲いていないので、その点でも誤り。
「くれなゐ」で薔薇の芽の色、「ニ尺」で薔薇の全体の長さなど、薔薇の芽を細かく表現しているので、「曖昧な表現」としているイは誤り。
ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。