中学3年国語

中学3年国語テスト対策問題「君待つと(万葉集)①」テストで出る問題を確認しよう!

男の子と熊が勉強しているイラスト

中学3年国語「君待つと」の「万葉集」のテストで良く出る問題をまとめています。

クリックすると答えが表示されるので、実力試しや練習にピッタリです!

「君待つと」(万葉集)
テスト対策問題

yumineko
yumineko
問題をクリック(タップ)すると、答えが表示されるよ!

問1

万葉集について説明している次の文の( )に当てはまる言葉・数字を答えなさい。

「万葉集は、( ア )時代にまとめられた、現存する日本( イ )の歌集である。( ウ )巻から成っており、約( エ )首の歌を収めている。
歌の作者は( オ )や貴族、兵士、農民など全国の各階層にわたっている。」

答え:
ア・奈良
イ・最古
ウ・20(二十)
エ・4500(四千五百)
オ・天皇

以下の歌について、問2〜6に答えなさい。

春過ぎて夏来るらし白たへの衣干したり天の香具山

問2

この和歌の作者を漢字で答えなさい。
答え:持統天皇

問3

次の読み方をそれぞれ答えなさい。

ア:夏来るらし
イ:衣干したり
ウ:天の香具山

答え:
ア・なつきたるらし
イ・ころもほしたり
ウ・あめのかぐやま

問4

この和歌の口語訳である次の文の(  )にそれぞれ適切な助詞を補いなさい。

「春( ア )過ぎて、夏( イ )来たらしい。真っ白な衣( ウ )干してある。天の香具山( エ )。」

答え:
ア・が
イ・が
ウ・が
エ・に

問5

「白たへの衣干したり」を現代仮名遣いで書き直しなさい。
答え:白たえの衣干したり

問6

この和歌の説明として正くないものを次の中から選びなさい。

ア:作者は和歌の発展に貢献した女帝である。
イ:白い衣と夏の香具山の新緑との対比がされている。
ウ:白い衣を干しながら、作者は春が過ぎ去ってしまうのを残念に思っている。
エ:白い衣が干されているのを見て、作者は夏が来たこと実感している。

答え:ウ

次の歌について問7〜12に答えなさい。

東の野に炎の立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ

問7

この和歌の作者を漢字で答えなさい。
答え:柿本人麻呂

問8

次の読み方をそれぞれ答えなさい。また、歴史的仮名遣いが使われている場合は、現代仮名遣いに直しなさい。

ア:東の
イ:炎の
ウ:傾きぬ

答え:
ア・ひんがしの(ひんかしの でも可)
イ・かぎろい
ウ・かたぶきぬ

問9

「かへり見すれば」を現代仮名遣いで書き直しなさい。
答え:かえり見すれば

問10

「炎の立つ見えて」の意味として最も適切なものを次の中から選びなさい。

ア:山火事が見える
イ:夕日が見える
ウ:あけぼのが見える
エ:真っ赤に咲く花が見える

答え:ウ

問11

「かへり見すれば」の意味として最も適切なものを次の中から選びなさい。

ア:ふりかえって見れば
イ:帰りながら見れば
ウ:違った角度から見れば
エ:もう一度見れば

答え:ア

問12

この和歌の説明として正しくないものを次の中から選びなさい。

ア:作者は歌聖と称され、万葉集には約90首が収録されている。
イ:炎の見える東と、月が見える西の対比がされている
ウ:この歌は、月が出始める夕暮れ時の情景について詠んでいる。
エ:作者は、天皇に使える宮廷歌人で、長歌を完成させた。

答え:ウ
【解説】炎とは、朝に昇る太陽のことで、月傾きぬとは、月が傾いて沈んでいくことを表現しており、朝の情景を歌ったものである。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。