中学2年国語

中学2年国語テスト対策問題「漢詩の風景・黄鶴楼にて孟浩然の・・」テストで出る問題を確認しよう!

中学2年国語「漢詩の風景」のうち「黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る」について、テストで良く出る問題をまとめています。クリックすると答えが表示されるので、実力試しや練習にピッタリです!

「漢詩の風景・黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る」
テスト対策問題

yumineko
yumineko
 問題の初めの→をクリック(タップ)すると、答えが表示されるよ!

問1

この作品の作者の名前を漢字で書きなさい。
答え:李白

問2

この漢詩のように、1句が7文字で、全部で4句で作られている漢詩の形式を何というか答えなさい。
答え:七言絶句

問3

「故人」とは、どういう意味か、答えなさい。
答え:(例)古くからの友人・古くからの親友
解説:「古くから」と同じ意味の言葉と、「友人」と同じ意味の言葉を使っていればOK

問4

この作品では、「故人」とは誰のことをさすのか、人物の名前を書きなさい。
答え:孟浩然

問5

「黄鶴楼を辞し」とあるが、どういう意味か、次の中からもっとも適切なものを選びなさい。

ア:黄鶴楼から去って
イ:黄鶴楼での仕事を辞めて
ウ:黄鶴楼へ行くのをやめて
エ:黄鶴楼であいさつをして

答え・ア

問6

作品の中で、孟浩然と李白はそれぞれどこにいるか。次の中からそれぞれ選びなさい。

ア:西のかた
イ:船の上
ウ:黄鶴楼
エ:揚州

答え:
孟浩然・イ
李白・ウ

問7

この作品の中の季節はいつか、それが読み取れる部分を漢字4字で答えなさい。
答え:煙花三月

問8

「煙花」とはどういう意味か答えなさい。
答え:(例)春がすみ・春のかすみ

問9

「碧空」とはどういう意味か答えなさい。
答え:青空

問10

この作品の第四句に使われている表現技法を答えなさい。
答え:倒置法
解説:本来ならば、「長江の天際に流るるを唯だ見る」という語順になるところを、倒置して「唯だ見る長江の天際に流るるを」となっている。

問11

第三句と第四句から、孟浩然のどんな様子が読み取れるか。次の中からもっとも適切なものを選びなさい。

ア:長江の雄大さに目を奪われている様子
イ:長江の流れの中にぽつんと船で浮かぶ孤独な様子
ウ:長い旅路に力尽きている様子
エ:青い空を見上げて涙を流している様子

答え」:イ

問12

この作品の中で、李白のどんな様子が読み取れるか。次の中からもっとも適切なものを選びなさい。

ア:孟浩然に去ってほしくないと、涙を流している様子
イ:長江の雄大さにひたすら感動している様子
ウ:孟浩然が去りゆくのをずっと見送り続けている
エ:黄鶴楼の中で、孟浩然と過ごした日々を思い起こしている

答え:ウ

問13

この作品では押韻が使われている。韻を踏んでいる3つの文字を全て答えなさい。
答え:楼・州・流

問14

この作品のテーマを説明したもののうち、もっとも適切なものを次の中から選びなさい。

ア:大切な友人との別れることの悲しみ
イ:長江の自然の雄大さ
ウ:自然の中での人間の無力さ
エ:人の命のはかなさ

答え
ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。