「枕草子」現代語訳・古語の意味は?テスト対策ポイント解説【中学2年国語】

中学2年国語で学ぶ「枕草子」の現代語訳と内容、「枕草子」とはどういう意味なの?古語の意味は?「枕草子」のテストで必要になるポイント内容をくわしく解説するよ。

スポンサーリンク

目次【本記事の内容】

「枕草子」原文と清少納言について

「枕草子」原文

枕草子まくらのそうし

【原文】

春はあけぼの。やうやうようよう白くなりゆく山ぎ、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。

夏は夜。月のころはさらなり、闇もな、蛍の多く飛びちがたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもかし。雨など降るもかし。

秋は夕暮れ。夕日のさして山のいとちか(こ)うなりたるに、からすの寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛びいそぐされなり。まいてかりなどのつらねたるが、いと小さく見ゆるはいとかし。日入り果てて、風の音、虫のなど、はた言べきにあらず。

冬はつとめて。雪の降りたるは言べきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火などいそぎおこして、炭もて渡るもいとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶ひおけの火も白き灰がちになりてわろし。

清少納言とは

くまごろう

「枕草子」のテストでは、作者の清少納言についての問題が出ることもあるよ!

枕草子の作者は、平安時代の清少納言せいしょうなごん

たろう

清少納言は、「一条天皇いちじょうてんのう中宮定子ちゅうぐうていし女房にょうぼう」と書かれているけれど、これってどういう意味?。

「一条天皇の中宮定子の女房」とは??

「一条天皇」とは、平安時代の第66代天皇のことだね。

中宮ちゅうぐう」というのは、天皇のおきさきさまのこと。

定子ていし」というのは、そのお妃様の名前なんだ。

つまり、「一条天皇の中宮定子」とは、「一条天皇のお妃さまの定子さま」ということ。

女房にょうぼう」というのは、平安時代にくらいの高い人のおやしきで働いていた女性のお手伝いさんのこと。

一条天皇と定子と女房の関係のイラスト

天皇のお妃さまに女房として仕えることができるのは、超エリートだけ。

清少納言はとても美しくて教養がある女性だったという証拠だね。

スポンサーリンク



「枕草子」とは

「枕草子」は、清少納言が書いた随筆ずいひつ

くまごろう

随筆とは、見聞きしたことや思ったことを、気ままに自由な形式で書いた文章や作品のことだよ。

枕草子は、清少納言が中宮定子のところで働いていた時の宮中きゅうちゅう(天皇が住むやしきのこと)での生活の様子や、出来事、思ったことなどを書きつづったものなんだ。

なぜ「枕草子」というタイトルなのかというと、中宮定子と清少納言のやりとりがきっかけになっているよ。

なぜ「枕草子」というの?

あるとき、定子さまが「何も書かれていない冊子」をプレゼントされたんだ。
今で言う「ノート」のイメージ。

「紙」は、当時ではとても貴重なもの。

定子さまが「何を書いたらいいかしら?」というと、清少納言は「枕」でしょう。と答えたんだよ。

この「枕」はどういう意味かは色々説があるけれど、「枕もとにおいて、毎日のことを書く日記にする」とか、有名な漢詩にひっかけたダジャレだったのでは?などと言われているよ。

この「枕」という清少納言の返しが気にいいった定子さまは、その冊子を清少納言にあげちゃったんだ。

それで清少納言がその冊子に書いたのが「枕草子」というわけ。

くまごろう

「草子」というのは「冊子」のことをあらわす言葉だよ。「枕」+「草子」で、「枕草子」というタイトルのできあがりだね。

yumineko

清少納言と、枕草子が生まれたキッカケについて、詳しく解説しているページがあるので、ぜひそちらもチェックしてみてね。「枕草子」に対しての理解が深まるよ。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

「枕草子」テスト対策
歴史的仮名遣いについて

「歴史的仮名遣い」とは

歴史的仮名遣れきしてきかなづかは、今の日本で普通に使われている「現代仮名遣い」に比べて「古い」仮名遣いのことだよ。

くまごろう

カンタンに言えば、現代とはちがう「かな文字の使い方」、ということだね。

「枕草子」は平安時代の作品なんだから、ところどころに歴史的仮名遣いが使われているんだよ。

テストでは、歴史的仮名遣いが使われている部分を「現代仮名遣いに直しなさい」という問題が出たりするので、よくチェックしておこう。

枕草子

春はあけぼの。やうやうようよう白くなりゆく山ぎ、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。

夏は夜。月のころはさらなり、闇もな、蛍の多く飛びちがたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもかし。雨など降るもかし。

秋は夕暮れ。夕日のさして山のいとちか(こ)うなりたるに、からすの寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛びいそぐされなり。まいてかりなどのつらねたるが、いと小さく見ゆるはいとかし。日入り果てて、風の音、虫のなど、はた言べきにあらず。

冬はつとめて。雪の降りたるは言べきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火などいそぎおこして、炭もて渡るもいとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶ひおけの火も白き灰がちになりてわろし。

くまごろう

赤字歴史的仮名遣いが使われているところ。上の黒い文字は、現代の仮名遣いに直したものだよ。

yumineko

歴史的仮名遣いについて解説しているページもあるので、もっとよく学習したい場合はチェックしてみてね。

「枕草子」テスト対策
古語の意味について

枕草子は平安時代の作品なので、現代では使わないような言葉や、現代だと意味が違う言葉が使われているよ。

くまごろう

そのような言葉を「古語こご」というよ。

テストでは、古語の意味を答える問題が出たりするので、ひとつひとつ確認しておこう!

「枕草子」に登場する古語と意味

あけぼの明け方のこと。
やうやうようようだんだんと
山ぎ空側から見た「山と空が接しているように見える辺り」のこと。
※山の端は、おなじ辺りを山側から見た言葉。
紫だちたる紫は、今の紫よりも少し赤みがかった紫色のことで、「紫だちたる」は、「紫がかった」という意味。
たなびきたる「たなびいた」という意味。雲などが横に長くかかること。
さらなり「言うまでもないが」という意味。
なほやはり
飛びちがたるっている」という意味。
をかし味わい深い、おもむきがあるという意味。
山の山側から見た「山と空が接しているように見える辺り」のこと。
※山ぎはは、おなじ辺りを空側から見た言葉。
近うなりたる「近づいた」という意味
寝どころ枕草子のこのシーンでは、からすのぐら(鳥が寝るところ)のこと。
しみじみしたものを感じさせるという意味
まいてまして
つらねたる列を作ってつらなった状態のこと
いと「とても」、「たいそう」という意味
日入りてて日が完全に沈んでしまって
はた言ふべきにあらずこれまたいまさら言うまでもない(わざわざ言わなくても十分なほど当たり前だ)という意味。
「はた」は、「さらにまた」という意味。
つとめて早朝のこと。
またさらでもまた、そうでなくても。「さらでも」は「そうでなくても」という意味。
炭もて炭を持って
渡るも通るという意味。
枕草子のこのシーンでは、廊下ろうかを渡っていくということ。
つきづきししっくりしている、調和がとれている。
ぬるく「ぬるく」とは、現代のように「ぬるい(生暖なまあたたかい)」ということ。
ゆるびもていけば「ゆるぶ」は「ゆるむ」という意味。
「もていく」は、「だんだんと○○になる」という意味。
なので、「だんだんとゆるんでいくと」ということ。
火桶ひおけ木製の丸い火鉢ひばちのこと。
はいがち灰「ばかり」という意味。
わろし良くない、好ましくない。という意味。
スポンサーリンク

「枕草子」テスト対策
現代語訳と内容

教科書で学ぶ枕草子の「第一段」には、四季の良いところやおもむきがあると清少納言が感じたことが思いのままに書き綴られているよ。

くまごろう

テストでは、枕草子に書かれている内容(どんな事を、清少納言は良いと言っていたかなど)について問題に出されたりするので、よく理解しておこう。

枕草子(現代語訳)

春は、明け方(が良い)。
空の山ぎわの辺りが、だんだんと白んできて、少し明るくなってきて、紫がかった雲が横に長くかかっている(のが良い)。

夏は、夜(が良い)。
月が出ている時はもちろんだが、やみ(月が出ていない時)でも、蛍がたくさん飛び交っている(ので良い)。
また、(たくさんでなくても)ほんの1匹か2匹がほのかに光って飛んでいくのも味わい深い。
雨などが降っても趣がある。

秋は、夕暮れ(が良い)。
夕日が差して、山の空との境目の辺りに(夕日が)とても近づく頃、からすが寝ぐらにいこうと、3〜4羽、2〜3羽などになって飛び急ぐことさえもしみじみとした思いだ。
ましてや、かりなどが列を作って連なって、とても小さく見えるのはとても味わい深い。
日が完全に沈んでしまって、風の音、虫の音など(が聞こえるのは)、これまた言うまでもなく(趣がある)。

冬は、早朝(が良い)。
雪が降ったときは言うまでもない。霜がとても白かったり、またそうでなくても、とても寒い時に火などを急いでおこして、炭を持って廊下を通るのもとても(風情ふぜいに)合っている。
昼になって、(寒さが)だんだんとゆるんで生暖かくなっていくと、火桶の火が白い灰ばっかりになってしまって良くない。

スポンサーリンク



省略の表現について

「枕草子」では、述語が省略されている部分があるよ。

【述語の省略ポイント】
  • 「春はあけぼの。」
    →「春はあけぼの(がをかし)。」
  • 「夏は夜。」
    →「夏は夜(がをかし)。」
  • 「秋は夕暮れ。」
    →「秋は夕暮れ(がをかし)。」

どれも「がをかし」が省略されているよ!

  • 「紫だちたる雲のほそくたなびきたる。」
    →「紫だちたる雲のほそくたなびきたる(のがをかし)。」
  • 「闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。」
    →「闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる(のがをかし)。」

どちらも「のがをかし」が省略されているよ!

「枕草子」テスト対策
まとめ

「枕草子」まとめ
  • 枕草子は清少納言によって書かれた随筆。
  • 清少納言は、平安時代に一条天皇の中宮定子に仕えた女房。
  • 枕草子の第一段には、四季の良いところなどについて、清少納言が感じたことが思いのままに書かれている。
  • ポイント①歴史的仮名遣いが使われているところを確認しよう
  • ポイント②使われている言葉の意味を確認しよう
  • ポイント③書かれている内容について確認しよう
yumineko

ここまで学習できたら、「枕草子」テスト対策練習問題のページに挑戦してみよう!

スポンサーリンク



算数と数学を学びたい方はトムソンさんの『トムラボがオススメです!
より本格的な学習が無料でできます!

トムラボのバナーリンクの画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする