中学2年国語

中学2年国語テスト対策問題「落葉松」のテストで出る問題を確認しよう!

テスト勉強をする熊と男の子のイラスト

中学2年国語「落葉松」のテストに良く出る問題をまとめています。クリックすると答えが表示されるので、実力だめしや練習にピッタリです!

「落葉松」
テスト対策問題

問題に挑戦するときは、下の本文を参照してね!

落葉松


からまつの 林を過ぎて、
からまつを しみじみと見き。
からまつは さびしかりけり。
たびゆくは さびしかりけり。


からまつの 林を出でて、
からまつの 林に入りぬ。
からまつの 林に入りて、
また細く 道はつづけり。


からまつの 林の奥も
わが通る 道はありけり。
霧雨きりさめの かかる道なり。
山風の aかよふ道なり。


からまつの 林の道は
(B)われのみか、ひともかよひぬ
ほそぼそと 通ふ道なり。
さびさびと いそぐ道なり。


からまつの 林を過ぎて、
bゆゑしらず 歩みひそめつ。
からまつは さびしかりけり、
からまつと ささやきにけり。


からまつの 林を出でて、
浅間嶺あさまねに けぶり立つ見つ。
浅間嶺に けぶり立つ見つ。
からまつの またcそのうへに。


からまつの 林の雨は
さびしけど いよいよdしづけし
「 A 」鳥 鳴けるのみなる。
からまつの るるのみなる。


世の中よ、eあはれなりけり。
常なけど うれしかりけり。
山川やまがはに 山がはの音、
からまつに からまつのかぜ。

yumineko
yumineko
問題をクリック(タップ)すると、答えが表示されるよ!

問1

「落葉松」の作者を漢字で書きなさい。
答え:北原白秋

問2

問1の人物の活躍した時代と、代表作を次の中からそれぞれ選びなさい。

【時代】
ア:明治
イ:明治〜大正
ウ:大正〜昭和
エ:明治〜昭和
オ:大正
カ:昭和

【代表作】
サ:「坊っちゃん」
シ:「車輪の下」
ス:「思ひ出」
セ:「たけくらべ」
ソ:「羅生門」

答え:【時代】エ 【代表作】ス
解説:北原白秋は、明治・大正・昭和と三代で活躍した詩人・歌人。
代表作は「邪宗門」「思ひ出」などの詩集、「桐の花」「雲母集」などの歌集がある。
「坊っちゃん」は夏目漱石、「車輪の下」はヘルマン・ヘッセ、「たけくらべ」は樋口一葉、「羅生門」は芥川龍之介の作品。

問3

「落葉松」は、なんという形式の詩か、漢字5字で書きなさい。
答え:文語定型詩

問4

「落葉松」は、5音と7音の順番で繰り返す形式が使われているが、このような形式をなんというか、漢字3字で書きなさい。
答え:五七調

問4

本文にある下線a・b・c・d・eの言葉それぞれを、現代仮名遣いに直して書きなさい。
答え:a「かよう」
b「ゆえしらず」
c「そのうえ」
d「しずけし」
e「あわれ」

問5

本文にある下線a・b・c・d・eの言葉に使われているような仮名遣いを、なんというか、「〇〇〇仮名遣い」の○に当てはまる言葉を漢字で書きなさい。
答え:歴史的

問6

本文の「 A 」に入る、鳥の名前である言葉を書きなさい。
答え:かんこ

問7

問6の鳥の名前がもつイメージが、「落葉松」の詩の内容のどんなイメージに合うかを説明している次の選択肢の中から、最も適切なものを選びなさい。
※適切でない選択肢には、鳥の名前がもつ本来のイメージではないものも使われています。

ア:くりかえす鳴き方のイメージが、落葉松の林がくりかえし出てくる情景に合っている。
イ:ずっと鳴き続けるイメージが、落葉松の林の道がずっと続く情景に合っている。
ウ:せつない鳴き声のイメージが、落葉松の林の道が寂しい情景に合っている。
エ:雨の日にあらわれる鳥のイメージが、落葉松の林に雨が降っている情景に合っている。

答え:ウ

問8

「落葉松」の第三連「霧雨の かかる道なり」「山風のかよふ道なり」には、どんな表現技法が使われているか。漢字で答えなさい。
答え:対句法

問9

「落葉松」の第六連「浅間嶺に けぶり立つ見つ」「浅間嶺に けぶり立つ見つ」には、どんな表現技法が使われているか。漢字で答えなさい。
答え:反復法

問10

「落葉松」の第六連「浅間嶺に けぶり立つ見つ」「からまつの またそのうへに」には、どんな表現技法が使われているか。漢字で答えなさい。
答え:倒置法

問11

「落葉松」の第八連「山川に山がはの音」「からまつに からまつのかぜ」には、どんな表現技法が使われているか答えなさい。
答え:体言止め

問12

本文下線部B「われのみか、ひともかよひぬ」とは、どのような意味か、最も適切なものを次の中から選びなさい。

ア:自分以外、誰も通らない
イ:昔は通っていたが、今は誰も通らない
ウ:自分だけでなく、他にも人が通った
エ:人が通ることができない

答え:ウ
解説:「かよひぬ(通ひぬ)」は、現代仮名遣いに直すと「通いぬ」。
「ぬ」は完了の終止形なので、「通った」という意味。

問13

「落葉松」の第四連「われのみか ひともかよひぬ」とあるが、「われ」は何をしている状況なのか、状況を最も表している本文の一行を書き抜きなさい。
答え:「たびゆくは さびしかりけり」(スペースはなくても良い)
解説:「落葉松」は、北原白秋が長野県軽井沢に宿泊していた際、宿近くの落葉松林を散歩していたときの情景について書いた作品。

問14

「落葉松」の第五連「ゆゑしらず 歩みひそめつ」の意味として最も適切なものを、次の中から選びなさい。

ア:なぜ歩いてしまうのかわからない
イ:理由もなくそっと歩いた
ウ:歩いた理由は秘密にしたので、誰もしらない
エ:理由がなかったので、歩けなかった

答え:イ

問15

「落葉松」の連の中で、作者が最も伝えたい「主題」が書かれているものは第何連か答えなさい。
答え:第八連

問16

「落葉松」で、作者が最も伝えたい「主題」の内容として最も適切なものを次の中から選びなさい。

ア:人の世は孤独だが、自然は味わい深く、楽しみを与えてくれる
イ:人は常に孤独で、落葉松の林の道のように寂しい
ウ:世の中というのは、悲しいことが多いが、時々嬉しいこともある
エ:人というのは寂しいもので、可哀想である。しかし、そんな人々の世にも、嬉しいことはあったのだ

答え
yumineko
yumineko
全部できたかな?
わからない問題があったら、解説ページをチェックしてみよう!
「落葉松」の要点とポイントを解説!【テスト対策】中学2年国語中学2年国語で学ぶ「落葉松」について、定期テストで必要になるポイントを解説するよ。 https://kyoukas...

 

ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。