Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kyokasyo/kyoukasyo.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
音楽

中学音楽テスト対策「赤とんぼ」ではどんな問題が出る?内容紹介と練習問題

赤とんぼの画像
yumineko
yumineko
中学音楽で学ぶ「赤とんぼ」について、どんな内容なのか?と、定期テストで出る問題の確認ができるよ!

「赤とんぼ」の基本情報

「赤とんぼ」基本データ

作詞:三木露風みきろふう
作曲:山田耕作やまだこうさく
拍子:4分の3拍子
調:変ホ長調
速度:♩=58〜63
形式:一部形式いちぶけいしき

「赤とんぼ」の歌詞

くまごろう
くまごろう
テストでは、歌詞の穴埋め問題が出たりするよ。
多くは一部が抜き出されるだけなので、前後の言葉の関係を覚えていれば大丈夫だけれど、「この小節の1番の歌詞をかけ」というように、1番〜4番までの歌詞の区別がついている必要や、ワンフレーズ全て答えなければいけない問題が出ることもあるので注意しよう。

赤とんぼ

1 夕やけ小やけの 赤とんぼ
われて見たのは いつの日か

2 山の畑の くわの実を
小籠こかごんだは まぼろしか

3 十五でねえやは 嫁に行き
さとのたよりも えはてた

4 夕やけ小やけの 赤とんぼ
とまっているよ 竿さおの先

「赤とんぼ」は、作詞者の三木露風がまだ幼いころに、自分の家に働きに来ていた子守娘におんぶされて赤とんぼを見たときのことを思い出して作ったものだよ。

「赤とんぼ」で重要なポイントはココ!

「赤とんぼ」に登場する言葉の意味

赤とんぼの歌詞には、今ではあまり使わない言葉があるよ。
それぞれがどういう意味か理解しておこう!

「負われて見た」
負われてというのは、「背負われて」ということ。つまり、おんぶされていたということだね。

「姐や」
ねえやといっても、お姉さんのことではないよ。
昔は、あまり裕福ではないおうちの女の子は、よそのおうちに子守のお手伝いとして働きに出ることがあったんだ。
そうやって子守をする女の子のことを、姐やと呼ぶんだ。

「お里のたより」
「お里」というのは、ふるさとのこと。「たより」は手紙のこと。
ここでは、子守をするために働きに出てきた女の子のふるさとのことを言っているんだよ。

作詞をした三木露風の説明によると、
「姐やは大きくなって、里に帰り、しばらく手紙をくれていたが、15歳で嫁に行ってしまったので姐やからの手紙も来なくなった」ということだと考えられるよ(色んな説があるよ)。

「赤とんぼ」で使われている音楽記号について

P
読み方:ピアノ
意味:弱く

mf
読み方:メッツォフォルテ(メゾフォルテ)

意味:少し強く


読み方:クレッシェンド
意味:だんだん強く


読み方:デクレッシェンド
意味:だんだん弱く

「赤とんぼ」の過去と現在について

「赤とんぼ」は、1番の「夕やけ小やけの赤とんぼ」は今、目の前にいる赤とんぼのことで、その後の「負われて見たのはいつの日か」から3番までは過去の思い出のことが書かれているんだ。

4番になると、また今現在目の前にいる赤とんぼのことが書かれているよ。

くまごろう
くまごろう
1番から4番の間に、「現在→過去→現在」というように時間が動いているんだね。

「赤とんぼ」の形式について

「赤とんぼ」は、一部形式の曲だね。

一部形式というのは、8小節の大きな曲のまとまりが1つしかないもののこと。
Aメロ・Bメロというとピンとくるかな?
一部形式は、Aメロしかないということだね。

「夕やけ小やけの赤とんぼ」で4小節あって、
「負われて見たのはいつの日か」で4小節。

これで8小節の大きなカタマリになっているよ。

「赤とんぼ」の調について

「赤とんぼ」は、変ホ長調の曲

変ホ長調というのは、主音(音階の中心となる、第一音のこと)が♭ミということ。
♭ミ ファ ソ ♭ラ ♭シ ド レ ♭ミ という音階になるということだね。

♭は ミとラとシの3つにつくよ。

「赤とんぼ」の拍子について

「赤とんぼ」は4分の3拍子の曲。

これは、1小節の中に「四分音符」が3つ分入る
という意味だね。

「赤とんぼ」の速度記号について

「赤とんぼ」の速度記号は ♩=58〜63。

これは、赤とんぼを演奏(歌う)時は,四分音符が一分間に58個から63個入るようなスピードで演奏(歌う)してね。という意味。

「赤とんぼ」では、定期テストにこんな問題が出る!

yumineko
yumineko
答えを確認する場合は、→をクリック(タッチ)してね!

問1

「赤とんぼ」の作詩者と作曲者をそれぞれ答えなさい。
作詞者:三木露風
作曲者:山田耕作

問2

この曲の速度記号を次の中から選びなさい
ア:♪=58〜63
イ:♩=72〜84
ウ:♩=58〜63
エ:♪=60
答え:ウ

問3

この曲の調を答えなさい。
答え:変ホ長調

問4

この曲のように、ひとつの大きなメロディーのカタマリで構成されているものを何形式と呼ぶか、答えなさい。
答え:一部形式

問5

次の( )に入る歌詞を答えなさい。

1 夕やけ小やけの ( ア )
( イ )見たのは ( ウ )
2 山の畑の ( エ )
( オ )詰んだは ( カ )
3 十五で( キ )は嫁に行き
お里の( ク )も ( ケ )
4 夕やけ小やけの ( ア )
とまっているよ ( コ ) 

答え
ア:赤とんぼ
イ:負われて
ウ:いつの日か
エ:桑の実を
オ:小籠に
カ:まぼろしか
キ:姐や
ク:たより
ケ:絶えはてた
コ:竿の先

問6

歌詞の言葉の意味を、選択肢の中からそれぞれ正しいものを選びなさい。

①「負われて」
②「姐や」
③「お里のたより」

【選択肢】
ア:追いかけられて
イ:田舎からの電話
ウ:負けて
エ:お姉さん
オ:子守娘
カ:故郷からの手紙
キ:お手伝いのおばさん
ク:山からの手紙
ケ:背負われて

答え
①・ケ
②・オ
③・カ

問7

「赤とんぼ」について、最も正しく説明しているものを次の中から選びなさい。

ア:友達と追いかけっこをしていたときに見つけた赤とんぼについて書いている
イ:幼い頃みた赤とんぼの思い出だけについて書いている
ウ:お嫁に行ってしまった姉を寂しく思う気持ちを書いている
エ:赤とんぼを見たことで、幼いころの情景を思い出し、また目の前の赤とんぼを見ている現在について書いている

答え:エ

問8

この曲の調について、正く説明しているものを次の中から選びなさい。

ア:主音は「ミ」である
イ:♯が3つついている
ウ:主音は「レ」である
エ:主音は「♭ミ」である
オ:♭が2つついている

答え:エ

問9

この曲を演奏するべき速度について、正く説明しているものを次の中から選びなさい。

ア:曲全体で四分音符が58〜63個入るように演奏する
イ:曲全体で八分音符が58〜63個入るように演奏する
ウ:1分間で四分音符が58〜63個入るように演奏する
エ:1分間で八分音符が58〜63個入るように演奏する

答え:ウ

問10

この曲の拍子について、正く説明しているものを次の中から選びなさい。

ア:1小節の中に八分音符が3つ分入る
イ:1小節の中に四分音符が3つ分入る
ウ:1小節の中に四分音符が4つ分入る
エ:1小節の中に八分音符が6つ分入る

答え:イ

中学音楽テスト「赤とんぼ」まとめ

まとめ

★よく出るポイント★

  • 作詩は三木露風
  • 作曲は山田耕作
  • 調は変ホ長調
  • 拍子は4分の3拍子
  • 演奏速度は♩=58〜63
  •  形式は一部形式
  • 「負われて」とは、「背負われて」ということ
  • 「姐や」とは、「子守娘」のこと
  • 「お里の頼り」とは、「故郷からきた手紙」のこと
  • 1番の赤とんぼを見た後から、幼い頃の思い出について書かれ、4番ではまた今現在みている赤とんぼについて書かれている
  • p(ピアノ)とは、「弱く」という意味
  • mf(メゾフォルテ)とは、「少し強く」という意味
  • <(クレッシェンド)とは、「だんだん強く」という意味
  • >(デクレッシェンド)とは、「だんだん弱く」という意味
ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。