算数・数学の用語と公式をくわしく解説【索引「ま〜も」】

小学校算数・中学校数学で登場する「ま行」ではじまる用語や公式をひとつひとつ詳しく解説している「さくいん」ページです。それぞれの解説ページへのリンクもあるので、詳しく学習することもできます。

yumineko
随時更新していきます!
スポンサーリンク

「ま」で始まる用語・公式

マイナス 0よりも小さい数のことで、数字の前に「−」の記号をつけて表す。
例えば、ー7(マイナス7)とは、0よりも7小さい数のこと。
の数」と呼ぶこともある。

「み」で始まる用語・公式

みはじの法則ほうそく 「み(道のり)」と、「は(速さ)」、「じ(時間)」の関係を表した法則のこと。
道のりは「速さ×時間」で求められる。
速さは、「道のり÷時間」で求められる。
時間は、「道のり÷速さ」で求められる。
この関係を、イラストで表すと下のようになる。
道のりと速さと時間の公式「みはじの公式」のイラスト
未満みまん 「それよりも少ない」とか、「それよりも小さい」という状態のこと。
例えば、18歳未満というのは、0歳〜17歳までの、「18歳よりも小さい」こと。なので、「18歳はふくまれない」。
不等号ふとうごう(数の大小の関係を表す記号)で未満を表すときには、>や<を使う。
たとえば、xは18未満というのは「x<18」、または「18>x」と書く。
※記号の開いていない側が小さい数になる
スポンサーリンク

「む」で始まる用語・公式

無限大数
無理数

「め」で始まる用語・公式

メジアン 中央値ともいう。「資料を小さい方から順に並べたときに、ちょうど中央にある値」のこと。
たとえば、生徒の数が31人のクラスでテストを行ったあと、生徒それぞれの点数を小さい方から順に並べて行った時、小さい方から16番めの生徒の点数が「中央値(メジアン)」になる。
なぜ16番めかというと、31人のクラスなので、1〜15番めまでで15人、17〜31番めにも15人で、16番めはちょうど中央にいるから。
スポンサーリンク

「も」で始まる用語・公式

文字もじ いろいろな数量すうりょうを表すとき、xやyなどの文字を使って表すことがある。
「いろいろな数量」というのは、「50円のりんごを3個買った」とか、「50円から30円使った」というように、いろいろな場面での数の関係を表すようなもののこと。
この時に、「50円のりんごを、いくつ買ったかわからない場合」などには、そのわからない部分に文字を使って「50円のりんごをx個買った」というように表すことができる。
モード 最頻値さいひんちともいう。
資料の中で、最も多く出てくる値のこと。
例えば、あるクラスでおこなったテストの点数で、それぞれ60点や88点などいろいろある中で、「65点」をとった生徒が1番多かった場合、最頻値は「65」になる。
「最も」「頻度」がある「値」ということ。

 

 

算数と数学を学びたい方はトムソンさんの『トムラボがオススメです!
より本格的な学習が無料でできます!

トムラボのバナーリンクの画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする