さくいん

算数・数学の用語と公式を子供でも分かるように かんたんな言葉で解説!索引「た〜と」

yumineko
yumineko
随時更新していきます!

「た」で始まる用語・公式

台形だいけい
対象移動たいしょういどう図形を、1つの直線をにして折り返す移動のこと。
体積たいせき
代入だいにゅう
代入法だいにゅうほう代入によって1つの文字を消去する方法。
代表値だいひょうち資料の特徴を代表する数値のこと。よく使われるのは、平均値へいきんち中央値ちゅうおうち最頻値さいひんち
例えば、「あるクラスでテストを行ったところ、平均点が65点だった」というときに使われているのは「平均値」。
「あるクラスでテストを行い、生徒全員を点数順に並べて、ちょうど真ん中にいた生徒の点数が60点だった」というときに使われているのは「中央値」。
「あるクラスでテストを行って、生徒全員を点数ごとに分けたところ、一番人数が多かった点は63点だった」というときに使われているのは「最頻値」。
多項式たこうしき単項式たんこうしき(たし算のこと)の形で表された式のこと。単項式というのは、数や文字についての乗法じょうほうざんのこと)だけで作られた式のこと。
例えば、3x(3かけるxで、乗法じょうほうだけで作られている)、xy(xかけるyで、乗法だけで作られている。)、5(かずも単項式。)などが単項式。
これら単項式をたし算で表した式のことなので、3x+xy(単項式の3xとxyの和)のことが多項式となる。
多面体ためんたいいくつかの平面だけで囲まれた立体のこと。その面の数によって四面体、五面体・・・と呼ぶ。
単項式たんこうしき数や文字についての乗法じょうほうざんのこと)だけで作られた式のこと。
例えば、3x(3かけるxで、乗法じょうほうだけで作られている)、xy(xかけるyで、乗法だけで作られている。)、5(かずも単項式。)などが単項式。

「ち」で始まる用語・公式

中央値ちゅうおうち「メジアン」ともいう。資料を小さい方から順に並べたときに、中央にある値のこと。
例えば、「あるクラスでテストを行い、生徒全員を点数順に並べて、ちょうど真ん中にいた生徒の点数が60点だった」という場合は「中央値」は「60」になる。
中心角ちゅうしんかくおうぎ形で、2つの半径はんけいのつくる角のこと。
直線ちょくせん
直線ちょくせんA B2点AとBを通る直線のことを、直線A Bと呼ぶ。

「つ」で始まる用語・公式

「て」で始まる用語・こうしき

底面ていめん角錐かくすいで、底にある綿のこと。
底面積ていめんせき立体の1つの底面ていめんの面積のこと。
展開図てんかいず立体りったいを辺にそって切り開いて、平面の上に広げて描いた図のこと。
実際の辺の長さや、面の形、面の大きさが分かりやすい。

「と」で始まる用語・公式

投影図とうえいず1つの立体りったい平面上へいめんじょうに表すために、正面から見た図と、真上から見た図を組み合わせて示すことがある。この時、組み合わせた図を投影図と呼ぶ。
等号とうごうイコールのこと。2つの数字や数式すうしきが「ひとしい」ことを表す記号なので、等号だね。
例えば2×3=6。2と3をかけたものと、6は等しいね。
等式とうしき等号とうごう(=のこと)を使って、数量すうりょうの等しい関係を表した式のこと。
例えば、60円の鉛筆を3本と、100円のノートを2冊買うと合計は380円となる。この時、(60×3)+(100×2)という数式と、380という数量は等しい。
なので、(60×3)+(100×2)=380というように、等号を使って表すことができる。こうして表した式を等式と呼ぶ。
同符号どうふごう「+2と+4」、「−3と−5」のように、同じ符号ふごう(+や−のこと)を持った2つの数のことを、同符号の2数と呼ぶ。
同類項どうるいこう文字の部分が同じこうのこと。例えば、5x+8y+7x−3yという式があったら、同じxという文字を持つ5xと7xは同類項。同じように、同じyという文字を持つ8yと−3yも同類項。
この同類項は、分配法則ぶんぱいほうそくを使って1つの項にまとめることができる。
先ほどの例だと、分配法則を使って5x+7x+8yー3yという順に直し、同類項を計算して1つの項にまとめると12x+5yになる。
方程式ほうていしきり立たせる(辻褄つじつまが合うようにすること)文字のあたいを、その方程式のかいという。そして方程式の解を求めることを、その方程式を「く」という。
例えば、2x+5=11のとき、x=(11ー5)÷2で、3になる。
2x+5=11は方程式で、文字はxのこと。方程式を成り立たせるxの値は3。なので、この方程式の解は「3」になる。そして、この方程式の解が3であることを、計算によって求めることを「解く」という。
項目名ここに説明文を入力してください。
度数どすう資料しりょう整理せいりするとき、ある階級かいきゅうに入る日数や個数のことを、その階級の度数どすうという。
例えば、あるクラスの生徒の点数を表にまとめたとき、0〜10点、11点〜20点、21点〜30点・・・のように分けたものを「階級」と呼ぶ。
0〜10点の階級に当てはまるのが3人だったら、その階級の度数は「3」ということになる。
度数どすうせんしりょう整理せいりするとき、ある階級かいきゅうに入る日数や個数のことを、その階級の度数どすうという。
例えば、あるクラスの生徒の点数を表にまとめたとき、0〜10点、11点〜20点、21点〜30点・・・のように分けたものを「階級」と呼ぶ。
0〜10点の階級に当てはまるのが3人だったら、その階級の度数は「3」ということになる。
この階級かいきゅうはばを横、度数を縦にした長方形を隙間すきまなく並べて描いて、度数の分布ぶんぷ(どのようにらばっているか)を分かりやすくしたものを「ヒストグラム」という。
このヒストグラムのそれぞれの長方形の上の辺の中点ちゅうてんをとって順に結んで折れ線グラフを作ることができる。
こうして作った折れ線グラフを、度数折れ線という。
度数分布表どすうぶんぷひょう資料しりょう整理せいりするとき、ある階級かいきゅうに入る日数や個数のことを、その階級の度数どすうという。
例えば、あるクラスの生徒の点数を表にまとめたとき、0〜10点、11点〜20点、21点〜30点・・・のように分けたものを「階級」と呼ぶ。
0〜10点の階級に当てはまるのが3人だったら、その階級の度数は「3」ということになる。
このようにして、それぞれの階級の度数を求め、ひょうあらわしたものを度数分布表という。

 

 

ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。