算数・数学の用語と公式を子供でも分かるように かんたんな言葉で解説!索引「あ〜お」

yumineko
随時更新していきます!
スポンサーリンク

「あ」で始まる用語・公式

「い」で始まる用語・公式

移項いこう
1次式じしき
1方程式ほうていしき
項目名
項目名
スポンサーリンク

「う」で始まる用語・公式

右辺うへん

「え」で始まる用語・こうしき

x座標ざひょう
xじく
えん 円とは、「まるい図形」のこと。ある点Oオーから、同じ距離に点をえがいていくとOのまわりに曲線きょくせんができる。これを「えん」といい、このとき点Oのことは「円の中心ちゅうしん」という。曲線のことは「円周えんしゅう」という。
円の中心は必ずひとつしかない。
円の中心から円周の上にある1点をつなげたときの長さを「半径はんけい」と呼ぶ。
えんグラフ グラフの種類のひとつ。円の形になっている。
円=全体で、「全体に対して、それぞれがどのくらいなのか」割合わりあいがわかるように分かれている。例えば、「日本で出荷しゅっかされているりんごが、どこで作られているのか」を表すグラフでは、どの県が一番多いのか、どのくらい多いのか、などが分かりやすくなっているので、それぞれの県を比べやすい。
円周えんしゅう ある点Oオーから、同じ距離に点をえがいていくとOのまわりに曲線きょくせんができ、これを円という。このとき、出来た曲線を円の「円周えんしゅう」と呼ぶ。
円周の長さと、円の直径ちょっけいの長さの比は必ず一定いってい(変わらないこと)で、円の直径を1とすると円周はおよそ3.14になる(これを円周率えんしゅうりつと呼ぶ)。つまり、円周は直径の約3.14倍ということ。
円周えんしゅう公式こうしき:円周=2πrパイアール
公式の解説:円周は、直径に円周率3.14をかけたもの。円周率3.14は「πパイ」と表す。
なので、円周=直径×πになる。
直径は、半径はんけいの2倍なので、
円周=2×半径×πになる。
半径のことは「rアール」と表すので、
円周=2×r×πになる。
これを整理すると、2πrとなる。
円周率えんしゅうりつ 円の円周えんしゅうの長さと、円の直径ちょっけいの長さのは必ず一定いってい(変わらないこと)で、これを円周率と呼ぶ。
円周率はおよそ3.14で、円周率のことを「πパイ」と表す。
円錐えんすい
えん面積めんせき 円を、円の中心から出来るだけこまかく切り取って並べると、長方形ちょうほうけいの形に近くなる。この時できる長方形の底辺ていへん円周えんしゅうを半分にしたものとほぼひとしく(ほとんど同じということ)、高さは半径はんけいに等しい。
そのため、半径×半径×πで円の面積を求めることができる。
円の面積の公式こうしき:円の面積=πrパイアール2(パイアールじじょう)
公式の解説:円の面積は、底辺が円周の半分で、高さが半径の長方形の面積とほぼ同じなので、円周÷2×半径で求めることができる。
円周は2πrパイアールなので、2πrパイアール÷2×πパイとなり、これを整理すると、πrパイアール2となる。

スポンサーリンク

「お」で始まる用語・公式

おうぎがた 円周えんしゅうの一部分のことを「」という。
弧の両方のはしをそれぞれ通る2つの半径をえがいた時、弧と2つの半径でかこまれた図形を、おうぎ形と呼ぶ。
おうぎがた中心角ちゅうしんかく おうぎ形を作っている2つの半径はんけいが作る角度のことを、おうぎ形の中心角という。
おびグラフ グラフの種類のひとつ。おびのような形。
「全体に対して、それぞれがどのくらいなのか」割合がわかりやすくなる。例えば、「日本で出荷しゅっかされているりんごが、どこで作られているのか」を表すグラフでは、どの県が一番多いのか、どのくらい多いのか、などが分かりやすくなっているので、それぞれの県を比べやすい。
せんグラフ グラフの種類のひとつ。れたせんのような形。
「調べるものがどのように変化しているのか」がわかりやすい。
例えば、「1年間での東京の気温の変化」を表すグラフでは、気温がどう変化していくのかがわかりやすく、一番低いときはいつか、高いときはいつかなど比べることができる。

 

 

算数と数学を学びたい方はトムソンさんの『トムラボがオススメです!
より本格的な学習が無料でできます!

トムラボのバナーリンクの画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする