さくいん

【理科用語一覧】小学校・中学理科の用語集−簡単な言葉で詳しく解説!索引「た~と」

小学校〜中学の理科で登場する重要な用語を、わかりやすい言葉で詳しく解説しています。それぞれ、その用語が出てくる単元へのリンクもあります。
※随時更新していきます!

 「た」で始まる用語

大気圧たいきあつ
体細胞分裂たいさいぼうぶんれつ
体循環たいじゅんかん
対照実験たいしょうじっけん
胎生たいせい
堆積たいせき
堆積岩たいせきがん
大腸だいちょう
帯電たいでん
胎盤たいばん
台風たいふう
太平洋高気圧たいへいようこうきあつ
太陽たいよう
太陽系たいようけい
太陽系たいようけい外縁天体がいえんてんたい
太陽光発電たいようこうはつでん
対立形質たいりつけいしつ
対流たいりゅう
多細胞生物たさいぼうせいぶつ
単細胞生物たんさいぼうせいぶつ
単子葉類たんしようるい
弾性だんせい
弾性だんせいエネルギー
弾性だんせいちから
断層だんそう
単体たんたい1種類の原子からできている物質のこと。それ以上、他の物質に分解することはできない。
例:水素(H2)、酸素(O2)、マグネシウム(Mg)など。
さらに、単体には「分子を作る単体」と、「分子を作らない単体」とに分かれる。マグネシウムやナトリウム、鉄などの金属は分子を作らない単体。

「ち」で始まる用語

ちから
ちからおおきさ
ちから合成ごうせい
ちからのはたらくてん
ちから分解ぶんかい
ちから
ちから矢印やじるし
地球温暖化ちきゅうおんだんか
地球型惑星ちきゅうがたわくせい
蓄電ちくでん
蓄電池ちくでんち
地軸ちじく
地質年代ちしつねんだい
地層ちそう
窒素ちっそ
地熱発電ちねつはつでん
柱状図ちゅうじょうず
中枢神経ちゅうすうしんけい
中性ちゅうせい
中性子ちゅうせいし
中性子線ちゅうせいしせん
柱頭ちゅうとう
中和ちゅうわ酸性の水溶液とアルカリ性の水溶液を混ぜ合わせた時に起きる反応で、お互いの性質を打ち消し合う。
水素イオンと水酸化物イオンが結びついて水ができ、酸の陰イオンとアルカリの陽イオンが結びついてえんができる。
鳥類ちょうるい
直流ちょくりゅう
直列回路ちょくれつかいろ
沈降ちんこう
沈殿ちんでん溶液の中の微粒子が集積することで、大きくなった集積体が重力に引かれて溶液の底に沈む現象のこと。

「つ」で始まる用語

つき
津波つなみ
梅雨つゆ
つりっている

「て」で始まる用語

DNAディーエヌエーデオキシリボ核酸かくさんのこと。
低気圧ていきあつ
抵抗ていこう
停滞前線ていたいぜんせん
てこ
手回てまわ発電機はつでんき
電圧でんあつ
電解質でんかいしつ
電気でんきエネルギー
天気図てんきず記号きごう
電気抵抗でんきていこう
電気でんきちから
電気分解でんきぶんかい1種類の物質が、2種類以上の物質に分かれる化学変化を「分解」といい、電流を通すことによって分解が行われる化学変化を電気分解という。
例:水の電気分解では、水に電流を流すと、酸素と水素に分解される。(2H2O → 2H2 +O2
天球てんきゅう
電気用図記号でんきようずきごう
電子でんし
電磁石でんじしゃくコイル導線どうせんいたもののこと。)に鉄芯てつしん(鉄製の芯になるようなもの。釘などでも良い)を入れ、電流でんりゅうを流すと鉄芯が鉄を引き付けるようになる(つまり、磁石じしゃくのような働きをする)。
こうやって導線を鉄芯に巻いて電流を流すことで磁石のような働きをするようになったものを「電磁石でんじしゃく」という。
登場するページ→小学5年理科「電磁石の性質」
電磁誘導でんじゆうどう
電池でんち
伝導でんどう
電熱線でんねつせん
てんびん
でんぷん
電離でんり
電力でんりょく
電力量でんりょくりょう

「と」で始まる用語

等圧線とうあつせん
道管どうかん
冬至とうじ
等速直線運動とうそくちょくせんうんどう
導体どうたい
動脈どうみゃく
動脈血どうみゃくけつ
等粒状組織とうりゅうじょうそしき
土星どせい
土石流どせきりゅう
突沸とっぷつふつう、液体は加熱されて沸点を超えると沸騰するが、沸点を超えても沸騰しない場合(過加熱状態)があり、この時に振動などの衝撃を液体に加えると、突然激しく沸騰が起こる。これを突沸という。
理科の実験では、突沸が起こらないように、液体を加熱するときには「沸騰石」と呼ばれる素焼きのかけらを2・3個液体に入れて加熱する方法がある。沸騰石が入ることで、液体から出る泡が小さくなり、突沸を防ぐことができる。
とつレンズ
とつレンズのじく
ドルトンイギリスの化学者であり、物理学者。1803年に「物質は、それぞれ固有の質量と大きさを持つ粒子からできている」と、原子についての基本的な考え方を発表した。

 

ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。