さくいん

分からないコトバもすぐに分かる!歴史で出てくる用語をひとつひとつ簡単な言葉で解説!索引「ま~も」

yumineko
yumineko
随時更新していきます!

「ま」で始まる用語

枕草子まくらのそうし 平安時代中期の女流作家清少納言せいしょうなごんが書いた代表作の随筆ずいひつ
一条天皇いちじょうてんのう中宮ちゅうぐうである定子ていしのもとに女房にょうぼうとして使えていた清少納言が、宮中きゅうちゅうでの生活の様子を書いている。
登場するページ→歴史人物図鑑「清少納言」
政所まんどころ 鎌倉幕府中央機関ちゅうおうきかんのひとつ。鎌倉幕府の政治をおこなう機関。
登場するページ→小学6年生歴史「鎌倉幕府のしくみ」

「み」で始まる用語

湊川みなとがわの戦い 1336年に湊川(現在の兵庫県神戸市)で起きた戦い。
後醍醐天皇ごだいごてんのうに反した足利尊氏あしかがたかうじが九州から京都に向かって攻めてきたのを、後醍醐天皇側の楠木正成くすのきまさしげ新田義貞にったよしさだが迎え撃とうと湊川に陣をはり、戦いが起きた。
足利軍が勝利し、楠木正成は自害した。
敗北した後醍醐天皇は「天皇のしるし」である「三種の神器」を光明こうみょう天皇に渡した。
任那みまな 古代の朝鮮半島の南部にあったといわれている大和政権拠点きょてん
日本書紀に書かれている。
みん 1368年に洪武帝こうぶていが建国した漢民族かんみんぞくの王朝。この頃の日本には室町幕府むろまちばくふがあり、明の皇帝から「日本国王」として認められた3代将軍の足利義満あしかがよしみつは明と勘合貿易かんごうぼうえきをした。

「む」で始まる用語

室町幕府むろまちばくふ 足利あしかがが開いた幕府(武士によって政治が行われるところのこと)。
もともと鎌倉幕府の有力な御家人だった足利尊氏あしかがたかうじが、後醍醐天皇ごだいごてんのうに味方をして幕府を倒し、その後は後醍醐天皇に反して京都に新しい天皇を立て、征夷大将軍せいいたいしょうぐんに任命されたことで京都に幕府を開いた。
3代目の将軍である足利義満あしかがよしみつが京都の室町むろまちに自分のやしきを移動したことで、「室町幕府」と呼ばれるようになった。
※足利義満の室町の邸は四季折々しきおりおりの花が咲くことから、「花の御所ごしょ」と呼ばれる。
登場するページ→6年歴史「室町幕府

「め」で始まる用語

明徳めいとくらん 1391年(明徳めいとく2年)に起こった乱。山陰さんいんを中心に力を持っていた有力守護ゆうりょくしゅご山名家やまなけ室町幕府むろまちばくふに対して起こした反乱はんらん
山名家が守護をつとめていた国は出雲いずも備後びんご伯耆ほうき美作みまさか備前びぜん因幡いなば但馬たじま丹後たんご丹波たんば和泉いずみ紀伊きい。全国が66ヵ国だったのに対して、六分の一にあたる11ヵ国を領有(守護として国を支配するイメージ)していたので、「六分ろくぶん一衆いちしゅう」と呼ばれていた。
室町幕府3代将軍の義満よしみつは有力守護である山名氏をほろぼすために「山名一族を仲間割なかまわれさせる」作戦を考え、山名一族の山名氏清やまなうじきよ山名満幸やまなみつゆき主筋しゅうすじ(主人にあたる血筋のこと)の山名時熙やまなときひろを、幕府と一緒につ(倒す)ようにとけしかけた。
しかしいざ氏清と満幸が兵を挙げると、2人を「主筋に反乱するとはけしからん」と討伐とうばつすることにした。
結果、幕府が勝利し、山名一族の領国りょうごくは3ヵ国だけになった。
登場するページ→歴史人物図鑑「足利義満」

「も」で始まる用語

蒙古襲来絵詞もうこしゅうらいえことば 熊本県の御家人ごけにんだった竹崎季長たけざきすえながが、が日本に攻めてきた時に戦った時の様子や、自分がその褒美ほうびとして幕府から土地をもらうまでの様子を描かせたもの。
よく「元寇げんこう(元が日本に攻めてきた時のこと)」の様子を伝える絵として教科書にも使われている。
モース貝塚かいづか 1877年にアメリカ人のモースという人が発見した縄文時代後期遺跡のこと。大森貝塚とも呼ばれている。日本で発掘調査を初めてしたのが大森貝塚。現代の東京都品川区と大田区にまたがる場所にある。
木簡もっかん 奈良時代の都の跡地から見つかった木の板。
地名と、その土地でとれる品物(特産物)の名前などが書かれていた。
これは、地方から都へ税(品物)を送るときに、「どこから取り立てた税なのか」を記録するために一緒に送られていた「荷札」のような役割。
この木簡が見つかったことで、奈良時代には地方から都へ税が集められていたことが分かった。
登場するページ→6年生社会「奈良時代(前編)」
問注所もんちゅうじょ 鎌倉幕府中央機関のひとつ。争いごとなどを解決する、裁判の仕事をする。
現代の裁判所と違って、鎌倉幕府の問注所はあくまで「裁判をするための手続き」ができるだけで、実際に判決(どちらが悪いかなどの判断)をくだす(裁判の結果を決める)のは将軍
登場するページ→小学6年生歴史「鎌倉幕府のしくみ」

 

ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。