さくいん

分からないコトバもすぐに分かる!歴史で出てくる用語をひとつひとつ簡単な言葉で解説!索引「か~こ」

yumineko
yumineko
随時更新していきます!
くまごろう
くまごろう
「用語」となっている部分は、クリックするとその用語の説明ページへ行くことができるよ!

「か」で始まる用語

嘉吉かきつの乱 嘉吉の変ともいう。1441年(嘉吉元年)に、播磨はりま(現在の兵庫県南西部)・美作みまさか(現在の岡山県東北部)の守護だった赤松満祐あかまつみつすけが、室町幕府6代将軍の足利義教あしかがよしのりを暗殺した事件。
足利義教は「自分の思い通りにならない者」に対して、土地を奪ったり殺してしまったりする暴君ぼうくん(人々を困らすリーダーのこと)だったため、「今度は自分が土地を奪われる(殺される)」と考えた赤松満祐が暗殺を計画した。
この事件をきっかけに、室町幕府の権威けんい(人々がみずから従おうとする力のこと)は、さらになくなっていった。
赤松満祐は事件のあと領国りょうごく(支配している土地のこと)の播磨へ戻るが、幕府軍に攻め込まれ、自害じがいした。
鎌倉幕府かまくらばくふ 源頼朝みなもとのよりともが神奈川県鎌倉市にひらいた日本で初めての武家政権ぶけせいけんのこと。武家政権とは、武士による政府のこと。
鎌倉幕府があった150年間を鎌倉時代と呼
ぶ。
いつ鎌倉幕府がひらかれたことにするかは色々説がある。
1192年、源頼朝が征夷大将軍せいいたいしょうぐん任命にんめいされた時を鎌倉幕府の完成とするせつが一般的。
登場するページ→小学6年歴史「武家政権のはじまり」
開国かいこく 外国と交通こうつう(行き来したり、物の売り買いをしたりすること)を始めること。
反対に外国と交通することを禁止することを、「鎖国さこく」という。
日本は、江戸時代えどじだいの1639年から200年以上鎖国されていて、長崎の出島でじまだけが貿易ぼうえき(外国と物の売り買いをすること)などをすることを許された。貿易の相手国も、中国のしんと、オランダだけだった。
しかし1853年に、アメリカのペリーが浦賀うらが来航らいこう(船でやって来ること)し、江戸幕府えどばくふへ日本を開国するように要求ようきゅうしてきた。
1854年に「日米和親条約にちべいわしんじょうやく」が結ばれて、下田しもだ函館はこだてを開港した。
ペリーがやって来た時の船が黒い船だったので、「黒船来航くろふねらいこう」と呼んだりもする。
改新かいしんみことのり 飛鳥時代あすかじだいに起きた大化改新たいかのかいしんのとき、新しい政治のやり方を発表したみことのり天皇てんのうの命令のこと)。内容は、「公地公民こうちこうみん」、租庸調そようちょう」のぜい制度せいど、「班田収授方はんでんしゅうじゅほう」などについて。
公地公民とは、土地や民はすべて国のものになる、というルール。
班田収授方は、民に田んぼを与えるというルール。
租庸調は、民が国におさめる税のこと。
つまり、カンタンにいうと「土地や民はすべて国のものなので、国が支配する。民には、国から稲を耕すための田を分け与えるので、そこで米を作り、税金として米を国へおさめなさい」ということ。※税の種類は他にもあるよ!
解体新書かいたいしんしょ 蘭方医らんぽうい(オランダから伝わった医学を扱う医者のこと)の杉田玄白すぎたげんぱく前野良沢まえのりょうたくらが出版した解剖学書かいぼうがくしょ(解剖学とは、生き物の形態けいたい構造こうぞうを研究する学問のこと。つまり、心臓はどんな形で、どんな構造になっているかなど・・)。ドイツ人の医師の解剖学書をオランダ語に訳した「ターヘル・アナトミア」という解剖学書を翻訳ほんやくしたものと言われているが、他にも色々な解剖学書が参考にされている。
前野良沢が翻訳を担当し、杉田玄白が清書せいしょをした。全4巻で、付図ふず付録ふろくの図のこと)が1巻。漢文かんぶんで書かれている。
この解体新書によって日本の医学が発展した。
貝塚かいづか 弥生時代やよいじだいなどの昔の人々が、食べた貝の「から」や動物の骨などをまとめて捨てていた場所のこと。遺跡いせきにある貝塚を調べると、そのころの人々の食生活が分かる。貝のカルシウム成分せいぶんのおかげで、他の化石かせき保存状態ほぞんじょうたいが良い(きれいなままで残っているということ)ものが多い。
登場するページ→小学6年歴史「弥生時代」、中学歴史「縄文時代」
学制がくせい
学徒出陣がくとしゅつじん
学問がくもんすゝめすすめ
笠置山かさぎやまの戦い 1331年に後醍醐天皇ごだいごてんのう鎌倉幕府かまくらばくふを倒そうと計画(元弘げんこうの変という)すると、計画がバレて後醍醐天皇は京都から脱出し、笠置山かさぎやまに立てこもって、近くの国の武士たちに「倒幕とうばくするよう」声をかけた。
そうして集まった武士と、鎌倉幕府が戦ったときのことを笠置山の戦いという。
結果 幕府側が勝利し、後醍醐天皇は捕まり隠岐おきに流された。
カースト制度せいど
化政文化かせいぶんか 19世紀初めの文化。江戸が中心。滝沢馬琴たきざわばきん十返舎一九じっぺんしゃいっく小説しょうせつや、与謝蕪村よさのぶそん小林一茶こばやしいっさ俳諧はいかいなどの文芸ぶんげいが代表。狂歌きょうか流行りゅうこうした。絵画では、葛飾北斎かつしかほくさい歌川広重うたがわひろしげ喜多川歌麿きたがわうたまろ東洲斎写楽とうしゅうさいしゃらく浮世絵うきよえが代表。
華族かぞく
刀狩令かたながりれい
合衆国憲法がっしゅうこくけんぽう
かな文字もじ 中国の漢字をもとにして生まれた文字もじのこと。
かな文字に対して、中国の漢字のことを「真名まな文字」という。
かな文字には、「ひらがな」「カタカナ」がある。

かな文字は平安時代へいあんじだい貴族きぞくの女性がよく使い、貴族のおやしきで働く女房にょうぼうがすぐれた文学作品を作るきっかけにもなった。
例:清少納言せいしょうなごんの「枕草子まくらのそうし」、紫式部むらさきしきぶの「源氏物語げんじものがたり
登場するページ→小学6年歴史「国風文化」
鎌倉文化かまくらぶんか
亀ヶ岡遺跡かめがおかいせき 青森県つがる市にある縄文時代の遺跡。精巧せいこう(とても細かく上手なこと)な文様もんようや、黒・赤のうるしで飾られている土器が沢山出土した。この遺跡から、亀ヶ岡式土器の名前がつけられた。国の史跡しせきに指定されている。遮光器土偶しゃこうきどぐうが出土した遺跡としても有名。
伽耶諸国かやしょこく 3世紀から6世紀の中頃にかけて、朝鮮半島ちょうせんはんとうの中南部にある洛東江の流域を中心に散在さんざい(広い範囲はんいに散らばってあること)していた小国家しょうこっかぐんのこと。
鉄の有力な生産地帯なので、大和政権やまとせいけんは伽耶諸国と交流こうりゅうを持ち、鉄を入手していた。
古代朝鮮半島の南部に、伽耶諸国があったことを表すイラスト
登場するページ→中学歴史「古墳時代
樺太からふと(サハリン)
刈田狼藉かりたろうぜき 田が「誰のものか」を争っているときに、「その田は自分のだ!」と勝手に稲を刈り取ってしまうルール違反のこと。
枯山水かれさんすい 石と白い砂で「山」や「水」を表現した庭園造ていえんづくりの方法のこと。京都の龍安寺りょうあんじ石庭せきていが有名。室町時代むろまちじだいに差別を受けていた河原者かわらものと呼ばれる人々の技術ぎじゅつが生かされている。
河内かわち 飛鳥時代から明治時代の初めごろまで使われていた「令制国りょうせいこく」の一つ。今でいう大阪府の東部に該当がいとう(あてはまること)する。
川中島かわなかじまたたか
河原者かわらもの 鎌倉時代・室町時代に「身分みぶん」の差別さべつをされていた人々のこと。
河原に住んでいて、税をおさめなくてもよかった人が多かったので、「河原者」と呼ばれる。
職業は屠畜とちく(動物を殺して、肉や革で商売をする人)や井戸いどづくり、庭園造りなどする人が多かった。

しかし室町時代の文化では、庭造りや芸能げいのうなどで才能さいのうを認められる人が現れ、特に善阿弥という人は室町幕府8代将軍足利義政のもとで庭師として働き、銀閣寺ぎんかくじの庭園造りに影響えいきょうを与えた。

龍安寺りょうあんじ枯山水かれさんすいと呼ばれる方法で作った石庭せきていも、河原者の人々の技術が生かされている。
かん 紀元前202年に劉邦りゅうほうが中国を統一して作った王朝おうちょう皇帝こうていが政治の中心ということ)。一度紀元きげん8年にほろぼされてしまうが、またすぐに劉秀りゅうしゅうが復活させた。劉秀は、光武帝こうぶていと呼ばれている。
紀元220までの400年間も続いた王朝。
冠位十二階かんいじゅうにかい 飛鳥時代の603年に定められた制度せいど。605年から648年まで行われた。聖徳太子が定めたと言われている(蘇我馬子そがのうまこが一緒に作った、どちらかというと蘇我馬子が中心だったなどの説もある)。
それまではかばねによって朝廷の高い位についたりしていたが、「出身しゅっしん」ではなく「能力や、どんな良い行いをしたか」で位が決まるようにした。また、世襲せしゅう(親子で引き継いでいくこと)ではなく個人一代(その人の代だけ。子供には引き継げない)だけ有効になるようにした。
徳・仁・礼・信・義・智をそれぞれ「大」と「小」に分け、全部で十二段階の位を定めた。
冠位十二階のイラスト
位によって色分けされたかんむりを被ることで、それぞれの地位がひと目で分かる工夫もされている。
決まった豪族ごうぞくが力をつけすぎるのを防いで、新しい優れた人材を朝廷に迎えられるようにするのが狙い。
登場するページ→小学6年歴史「飛鳥時代」
環濠集落かんごうしゅうらく まわりをほり(掘って作られた溝のこと)や土塁どるい(土で作られた堤防ていぼうのこと)で囲った集落しゅうらく(人が集まって生活しているところ)。
弥生時代になって米作りがはじまると、米を作るのに条件がよい土地や、道具、たくわえなどをめぐって争いが起きたと考えられている。
まわりを濠や土塁で囲むことで、敵が攻めにくいようにしていると考えられている。
佐賀県にある吉野ヶ里遺跡よしのがりいせきは最大級の環濠集落の遺跡。
韓国併合かんこくへいごう
漢字かんじ 漢字は、古代中国の黄河文明こうがぶんめいで生まれた文字。4だい文明ぶんめいで使われていた文字のうち、漢字だけが今でも使われている。(現代では、中国語・日本語・朝鮮語で使われていて、世界で2番目に使っている人が多い文字。)史上もっとも文字数が多く、10万字を超えている。
5世紀ごろの古墳時代こふんじだいに朝鮮半島から日本へ移住した渡来人から漢字が伝わった。
鑑真がんじん 日本に仏教を広めるために日本に渡った中国とうの僧。
742年に日本へ行く決意をしたが、5回も失敗し、失明しつめい(目がみえなくなること)までして6回目の753年に日本の鹿児島県に到着した。
聖武天皇受戒じゅかいをおこない、唐招提寺とうしょうだいじを建てた。
鑑真のおかげで日本の仏教は発展した。
登場するページ→小学6年歴史「海をこえた人」
寛政異学の禁かんせいいがくのきん 1790年の江戸時代に、聖堂学問所せいどうがくもんじょ(林家の家塾)において、儒学じゅがくのうちの朱子学しゅしがく正学せいがくとして、それ以外の異学いがくを教えたり学んだりすることを禁止したこと。寛政かんせい改革かいかくのひとつ。松平定信まつだいらさだのぶ柴野栗山しばのりつざん建言けんげん(意見を言うこと)を受け入れて禁止した。
関税自主権かんぜいじしゅけん
寛政かんせい改革かいかく
勘合貿易かんごうぼうえき 勘合かんごうと呼ばれる証票しょうひょう証明しょうめいするための札)を使っておこなわれた貿易ぼうえきのこと。
室町幕府足利義満あしかがよしみつみんの間でおこなわれた。
この頃、倭寇わこうという海賊かいぞくがいたので、みんは外国からやってくる船をきびしくチェックした。このとき、明の皇帝こうていが将軍に証票として勘合を与えて、勘合を持ってきたかどうかを確認してから港に入ることを許されていた。
勘合は真ん中で2つに分かれていて、片方を「勘合」、もう片方を「勘合底簿かんごうていぼ」と呼んでいた。
勘合貿易の勘合がどういうものか説明したイラスト
この2つがぴったり合うかをチェックすることで、皇帝から許された船かどうかを確認していた。
登場するページ→歴史人物図鑑「足利義満」
ガンディー
関東大震災かんとうだいしんさい 1923年9月1日の午前11時58分44秒に、相模湾さがみわん北西部を震源しんげんとして発生した巨大地震。地震による津波も発生した。時間がお昼だったので、下町を中心にあちらこちらで火災が発生してしまい、大惨事だいさんじ(とてもひどい事故のこと)となった。
死者・行方不明者ゆくえふめいしゃは14万人を超える。
関白かんぱく 成人(大人になった)した天皇をサポートして政治をする役のこと。最初の関白は藤原基経ふじわらのもとつね
桓武天皇かんむてんのう 第50代(781年~806年)の天皇。
都を、平城京へいじょうきょうから長岡京ながおかきょうへ移し、長岡京からさらに平安京へいあんきょうへ移した。

「き」で始まる用語

中国の三国時代(魏・しょくの3つの国が対立していた時代のこと)に、華北(中国の北の方)220年から265年の間支配していた王朝おうちょう(君主:中国の場合、皇帝が支配した時代のこと)。首都は洛陽らくよう
魏の歴史書である魏志倭人伝ぎしわじんでんには、(日本のこと)に邪馬台国やまたいこくというくにがあること、卑弥呼ひみこという女王が邪馬台国をおさめていたことが書かれている。
魏志倭人伝ぎしわじんでん 中国でしょくという3つの国が対立していた時代のことを書いた「三国志さんごくし」という歴史書のなかの「魏書ぎしょ」のなかの「東夷伝とういでん」のなかの「倭人条わじんじょう」に書かれた部分のこと。
カンタンに言うと、「中国の歴史書にかかれていた日本についての部分」のこと。
には、邪馬台国というくにがある」ということ、「邪馬台国は女王の卑弥呼がおさめている」ということが書かれている。
この頃(弥生時代)、まだ日本には文字がなかったので、日本の様子が
わかる歴史書は日本にはなかった。なので、魏志倭人伝は、日本のことを知るための大切な手がかりになっている。
登場するページ→「魏志倭人伝」 「卑弥呼」
寄進系荘園きしんけいしょうえん 寄進地系荘園や、寄進型荘園とも呼ばれる。
自分で耕した田は永延に自分のものにして良いという「墾田永年私財法こんでんえいねんしざい(の)ほう」が定められると、力のある豪族ごうぞくや貴族、寺や神社はどんどんと土地をたがやし自分の土地を広げていった。
これが荘園しょうえんだが、一般的な農民は、結局土地が自分のものになっても税を納めるのに苦しい生活だった。
そこで、農民は有力な貴族などに自分が耕した土地を寄進きしん(プレゼントすること)し、書類上しょるいじょうは「貴族のもの」ということにした。
そうすれば、有力な貴族などからは朝廷は税を取り立てることが難しくなる。
書類上は貴族のものだが、実際に米を作ったりするのは農民で、その分お礼を貴族に渡していた。
つまり、農民が耕した土地を貴族に寄進きしんすることで、農民は重い税から逃げられるし、名前を貸している貴族はお礼をもらえるということで、どちらも得をしていた。
こうやって寄進されて貴族名義めいぎの土地になった荘園のことを「寄進系荘園」と呼ぶ。
貴族きぞく 家がら(先祖のころから地位のある一族だったなど)や、身分が高い人々のこと。特別な権力を持っていたりした。
貴族院きぞくいん
北里柴三郎きたざとしばざぶろう
北山文化きたやまぶんか 室町幕府むろまちばくふ3代将軍の足利義満あしかがよしみつの頃の文化のこと。
義満が京都の北山に金閣寺きんかくじを建てたことから、「北山文化きたやまぶんか」と呼ばれている。
公家くげ武家ぶけ、中央と地方、大陸と日本伝統でんとうがミックスされたはなやかな文化。
対して、室町時代後期に栄えた「わび・さび」を表現する文化を東山文化ひがしやまぶんかと呼ぶ。北山文化・東山文化は室町時代に栄えた文化なので「室町文化むろまちぶんか」とも呼ばれる。
木戸孝允きどたかよし
紀貫之きのつらゆき
義務教育ぎむきょういく
牛耕ぎゅうこう
旧石器時代きゅうせっきじだい 石を打って欠けさせて作った打製石器だせいせっきを使っていた時代。
欠けさせただけの石を磨いて形を整えた石器を磨製石器ませいせっきと言い、新石器しんせっきと呼ぶことから、打製石器は旧石器きゅうせっきと呼ぶ。
「旧石器」を使っていた時代なので、「旧石器時代」。
登場するページ→小学6年歴史「縄文時代」、中学歴史「旧石器時代」、高校歴史「旧石器時代」
教育基本法きょういくきほんほう
行基ぎょうき 弥生時代、朝鮮から渡来とらい(海を渡って日本に来ること)した渡来人とらいじんの子孫。
奈良時代に、近畿地方を中心に仏教を広めることに力をいれた。
困った人々のために橋や池などをつくり、人々の信頼を得ていた。
聖武天皇が大仏づくりをする時には、行基ぎょうきがサポートをすることで、人々の協力を得ることができたと言われている。
大仏づくりの途中で亡くなってしまった。
登場するページ→小学6年歴史「奈良時代(後編)」
記録所きろくしょ 後三条天皇ごさんじょうてんのうが設置した「記録荘園券契所きろくしょうえんけんけいしょ」を略した呼び方。
※内容は「記録荘園券契所」の欄を参考
記録荘園券契所きろくしょうえんけんけいしょ 後三条天皇ごさんじょうてんのうが発令した「延久えんきゅう荘園整理令しょうえんせいりれい」によって、券契けんけい荘園が自分のものだということを証明するもの)が無かったり、きちんとしていない荘園しょうえん(貴族など、個人が持っていた土地のこと)は全て国のものとすることになった。
このようにしたのは、農民が税(お米)を納めることから逃れるために、土地を有力な貴族に寄進きしん(プレゼントすること)してしまう「寄進系荘園きしんけいしょうえん」が増えてしまったため、税が集まらなくなってしまったから。
延久の荘園整理令が発令され、記録荘園券契所ができた後は、そこに証拠書類を提出する必要と、国司こくしからの報告があってやっと荘園が認められるようになった。
これによって藤原氏などの摂関家が持っていた荘園のほとんどは国のものとなり、藤原氏の力が弱まる一因いちいん(原因の一つのこと)になった。
金印きんいん 金でできている印(スタンプのイメージ)のこと。中国の皇帝に貢物みつぎもの(プレゼントのイメージ)をすると、中国がその国や王を認めた(対等とうより、臣下しんかとして)証として金印がおくられる。
江戸時代である1784年に、博多湾の志賀島しかのしまで発見された金印は、紀元前57年に倭の国王が後漢ごかん(このときの中国を統一していた国の名前)の皇帝からおくられたものと考えられている。
その金印の特徴は、つまみの部分が蛇の形をしている。印面には「漢委※奴国王かんのわのなのこくおう」と彫られている。※「倭」の間違いではないかという意見もある。
金閣寺きんかくじ 室町幕府むろまちばくふ3代目将軍の足利義満あしかがよしみつが京都の北山きたやまに建てた山荘さんそう正式せいしきには「鹿苑寺金閣ろくおんじきんかく」。
もとは西園寺さいおんじ家が所有していた山荘で、譲り受けた義満が改装した。
将軍職を息子に譲ったあと、隠居いんきょするための住まいとして作られた。
全部で3層の建物で、2層めと3層めには金箔きんぱくが貼られている。
義満は公家くげとしても、武家ぶけとしても頂点ちょうてんに立った人物なので、この金閣も公家の文化を表す「寝殿造しんでんづくり」と、武家の文化を表す「書院造しょいんづくり武家造ぶけづく」中国の「禅宗様ぜんしゅうよう」が合わさったデザインになっている。
この頃の文化は、義満が金閣寺を京都の北山に建てたことから、「北山文化」と呼ばれる。
北山文化は、公家と武家、中央と地方、大陸と日本ならではの伝統でんとうがミックスされたはなやかな文化。
銀閣寺ぎんかくじ 室町幕府むろまちばくふ8代目将軍の足利義政あしかがよしまさが京都の東山ひがしやまに建てた山荘さんそう。正式には「東山慈照寺ひがしやまじしょうじ」。延徳2年(1490年創建)。
室町時代後期に栄えていた東山文化ひがしやまぶんかの代表ともいえる。国宝に認定されており、ユネスコ世界遺産にも登録されている。
特に銀色というわけではないが、足利義満あしかがよしみつが建てた金閣寺きんかくじを真似して作られたため、金閣寺対して「銀閣寺」と呼ばれる。
2層で、上層じょうそう武家文化ぶけぶんかを表す禅宗様ぜんしゅうよう下層かそう書院造しょいんづくり
銀閣寺の庭園は、足利義政に仕えていた河原者かわらもの当時とうじ差別さべつを受けていた人々)で庭園造りを職業にしていた善阿弥ぜんあみと、その子供が作った。

「く」で始まる用語

愚管抄ぐかんしょう 鎌倉時代初期に書かれた史論書しろんしょ天台宗てんだいしゅうの僧侶である慈円じえんが書いた。承久じょうきゅうらんの前後あたりに書かれたと言われている。
全部で7巻。神武天皇じんむてんのうから第84代順徳天皇じゅんとくてんのうまでの歴史が書かれている。
歴史を研究する分野では、とてもよく登場する、重要資料となっている。
楠木正成くすのきまさしげ 鎌倉時代河内かわちの国にいた悪党あくとう(悪党とは、幕府のやり方に従わない者などのこと。「悪者わるもの」というわけではない。本当に悪党だったかどうかは、諸説あり)。奇抜きばつ(変わっていること)な戦術せんじゅつが得意で、日本史上最上の軍師ぐんしと評価されている。
お米を増やして炊く有名な裏技の「楠公飯なんこうめし」は楠木正成が考えたもの。
後醍醐天皇ごだいごてんのうが鎌倉幕府を倒すときに味方して戦った。
足利尊氏あしかがたかうじが後醍醐天皇に反するようになった時にも、後醍醐天皇側の軍として足利尊氏と戦い(湊川みなとがわの戦い)、負けて自害じがいした。
管玉くだたま 吉野ヶ里遺跡よしのがりいせき出土しゅつど(土の中から発見されたこと)した、ビーズのような飾り。糸を通して、ブレスレットやネックレスなどとして使った。
百済くだら 「ぺクチェ」とも呼ぶ。4世紀から7世紀の中頃に朝鮮半島の南西部にあった国家のこと。
朝鮮半島北部にあった高句麗こうくりとは対立関係にあり、同じく高句麗と対立していた大和政権やまとせいけん(日本)と同盟どうめいを結んだ。
朝鮮半島には他に新羅しんらという国家があり、この時代を朝鮮の歴史における「三国時代さんごくじだい」と呼ぶ。
百済は中国の南朝とも密な交流を持ち、仏教を取り入れ、6世紀に大和政権に仏教を伝えた。
大和政権の蘇我氏そがしは百済の渡来人と友好な関係を持つことで力をつけたとも言われている。
中国がずいに統一されて、新羅と組んで百済を攻撃してきたため、660年に滅亡した。(百済の土地は神羅に組み込まれた)

「け」で始まる用語

下克上げこくじょう 身分の低いものが、自分よりも身分が高いものを武力などの実力で倒すこと。
戦国時代に活躍する戦国大名せんごくだいみょうは、守護大名しゅごだいみょうがさらに力をつけて戦国大名になったものもいるが、身分の低いものが守護大名を倒して(下克上)守護大名の土地を支配するようになり戦国大名になったもの。
げん 13世紀に誕生したモンゴル軍がいくつかの国に分かれてげんという国になった。
元の勢力図を表したイラスト
文永11年(1274年)と弘安4年(1281年)に日本に攻めてきた。
それぞれ文永ぶんえいえきと、弘安こうあんえきと呼ぶ。
日本軍と戦っているうちに、暴風雨ぼうふううや台風にあい、失敗している。
この頃のリーダーはフビライ(クビライ)
元が日本に攻めてきたことを元寇げんこうと呼ぶ。
登場するページ→6年歴史「鎌倉幕府のその後」
元寇げんこう が日本を征服せいふくしようと攻めてきたことを元寇げんこうと呼ぶ。
1度目は文永11年におきた文永ぶんえいえき、2度目は弘安4年の弘安こうあんえき。どちらも暴風雨などが原因で失敗している。
元と戦った鎌倉幕府の御家人ごけにんたちに十分な恩賞おんしょう(ほうびのこと)を与えることが出来なかったことから、幕府と御家人との絆が弱くなり、鎌倉幕府が滅ぶキッカケとなった。
蒙古襲来絵詞のイラスト
登場するページ→6年歴史「鎌倉幕府のその後」
元号げんごう年号ねんごう 平成へいせい令和れいわのように、天皇てんのう1代ごとに決める。天皇1代ごとに変わるようになったのは明治時代めいじじだい以降いこうで、江戸時代えどじだいまでは天皇が交代こうたいしたとき以外にも、何か事件があったり、おめでたいことがあった時にも変えられていた。
昔の中国では、「皇帝こうてい空間くうかんと時間を支配しはいしている」と考えられていたよ。その考え方をもとに、日本でも天皇てんのう(日本にとっての皇帝)1代ごとに時間を区切るための元号を決めるようになったんだ。
元弘げんこうへん(乱) 1331年の鎌倉時代、鎌倉幕府を倒そうとした後醍醐天皇ごだいごてんのうと、幕府側の北条ほうじょう家との間で起こった内乱。
メンバーは後醍醐天皇、文観もんかん日野俊基ひのとしもと
1333年の元弘3年まで続いたので、元弘の乱と呼ばれる。
後醍醐天皇はその前にも幕府を倒そうと計画したが、それは計画がバレて失敗していた。(正中しょうちゅうの変)
元弘の変により、後醍醐天皇は幕府側につかまり※、廃位はいい(天皇から外されること)され隠岐おきへ流された。
文観も流され、日野俊基は処刑された。
(この時、正中の変で流されていた日野資朝も一緒に処刑された。)
しかし、隠岐を脱出した後醍醐天皇は足利尊氏あしかがたかうじ新田義貞にったよしさだ楠木正成くすのきまさしげを味方につけ、最終的に後醍醐天皇が勝利した。
鎌倉幕府は滅亡し、後醍醐天皇による建武けんむ新政しんせいが始まった。
※元弘の変では、後醍醐天皇の計画がバレて、後醍醐天皇は笠置山かさぎやまに逃げた。その笠置山で幕府と戦い、捕まった。その戦いを「笠置山の戦い」という。
源氏げんじ 天皇の血筋ではあるけれど、天皇にはならなかった一族が家臣(家来のこと)になるときに「みなもと」の姓を使うようになり、源氏となる。
源頼朝みなもとのよりともは、清和天皇せいわてんのうの子孫の一族。
1051年、東北地方で反乱があった時に源氏が活躍し、そのあとも関東地方で力を伸ばしていった。
1159年の平治へいじの乱では平氏に負けて、源義朝みなもとのよしともは殺され、頼朝も伊豆へ流されてしまう。
しかし1185年の壇ノ浦だんのうらの戦いで平氏を倒し、1192年に征夷大将軍せいいたいしょうぐんとなった頼朝が鎌倉に幕府をひらき、日本で初めての武士政権を始めた。
しかし、頼朝の血筋の源氏はその後3代(頼朝の子供の子供の代まで)で途絶とだえて(滅びて)しまった。
室町幕府を開いた足利尊氏あしかがたかうじも、もとは源氏の一族。後醍醐天皇の味方となって鎌倉幕府を倒した新田義貞にったよしさだももとは源氏の一族。
登場するページ→小学6年歴史「武士の政治のはじまり」「源平の戦い」「武家政権のはじまり」
遣隋使けんずいし 日本(この頃は)から中国のずいに派遣されるお使いの人のこと。
中国の技術や文化などを学ぶために派遣された。
600年に最初の遣隋使が送られた。
600年から618年の間に、3~5回派遣されたと言われている。
聖徳太子の命令で派遣された小野妹子おののいもこが有名。
登場するページ→小学6年歴史「飛鳥時代」 歴史人物図鑑「小野妹子
遣唐使けんとうし 日本から中国のとうに派遣されるお使いの人のこと。
(618年にずいは滅び、とうが中国を統一した。)
遣隋使けんずいしと同じように、中国の技術や文化などを学ぶために派遣された。
630年に最初の遣唐使が送られた。回数は12~20回まで、色々説がある。
894年に計画された時、菅原道真すがわらのみちざねが中止を提案し、そのまま907年に唐が滅んでしまったので、遣唐使は廃止はいしになった。
登場するページ→小学6年歴史「国風文化」
建武けんむ新政しんせい 1333年に鎌倉幕府を倒した後醍醐天皇ごだいごてんのうが行った新しい政治のこと。
後醍醐天皇は政治の全ての権限けんげん(物事を決めたり行ったりする権利)を自分のものにしようとして、摂政せっしょう関白かんぱく院政いんせい幕府ばくふを認めなかった。
土地を得る時には、天皇が出す綸旨りんじ(天皇が出すおおやけの文書のこと)が必要というルールを作った。
このような後醍醐天皇の「独裁的どくさいてき(全てのことを天皇ひとりの判断でしてしまうこと)」な政治に武士達が反感を持つようになった。
登場するページ→中学歴史「建武の新政」

「こ」で始まる用語

弘安こうあんえき 弘安4年(1281年)にげんが日本へ攻めて来た時のこと。
元が日本へ攻めてきたのは2度目。
暴風雨(台風)にあい、元軍は海に沈むなど大ダメージを受けて失敗した。
庚午年籍こうごねんじゃく 天智天皇てんじてんのう(もとの中大兄皇子なかのおおえのおうじ)が「土地と民は、すべて国のものにする」という政治の改革のために、「誰がどこに住んでいるのか」をハッキリさせるために作った戸籍こせきのこと。
670年に作られた。
更新世こうしんせい 地質学ちしつがくで使われる言葉。簡単にいうと、化石かせきなどによってその時代の様子がわかる時代のうち、地球が氷河ひょうがおおわれていた期間で、さらにそのうちの「大型哺乳類おおがたほにゅうるい」が栄えていた時代のこと。
更新世のころは海面が今よりも低く、日本は大陸と陸続きだった。
更新世のころに人類は日本へやってきたと考えられている。
登場するページ→高校歴史「旧石器時代」
康暦こうりゃく政変せいへん
御恩ごおん 将軍しょうぐん御家人ごけにんに「恩恵おんけい」を与えること。例えば、戦や仕事で頑張った御家人に、褒美ほうびとして「土地」や「仕事」を与える。
それに対して御家人が将軍に戦や仕事でくすことを「奉公ほうこう」と言い、「御恩ごおん奉公ほうこう」は鎌倉幕府の将軍と御家人を結びつける重要な関係。
登場するページ→小学6年歴史「鎌倉幕府の政治」
豪族ごうぞく 地方で力をつけて、さかえた(お金や権力けんりょくを持った)一族のこと。
五経博士ごきょうはかせ 6世紀ごろに、儒教じゅきょうを日本へ伝えた百済くだらからの渡来人とらいじん五経ごきょうとは、儒教の経典で「書経しょきょう」「易経えききょう」「詩経しきょう」「春秋しゅんじゅう」「礼記らいき」のこと。儒教を学び、教える人のこと。
国司こくし 朝廷からの任命を受けて地方の政務せいむ(政治を行うための行政事務ぎょうせいじむ)を行うために置かれた役人のこと。
国司は中央(この場合、朝廷のこと)派遣された貴族のこと、同じような任務でも、郡司ぐんじはその地方の有力な豪族ごうぞくが任命されたもの。
国風文化こくふうぶんか 7世紀から9世紀は中国のとうなどの文化を取り入れる大陸文化たいりくぶんかだったのに対して、10世紀から12世紀に日本独自どくじ気候きこうや生活に合わせた文化を作り上げた。これを「国風文化」という。
登場するページ→小学6年歴史「国風文化」
御家人ごけにん 将軍しょうぐんの家来になった武士のこと。
御家人は、さらに「郎党ろうとう」という家来をしたがえていた。
鎌倉幕府の御家人は、御家人が将軍のために戦ったり働いたりする「奉公ほうこう」に対して、将軍が土地や仕事を与える「御恩ごおん」で結びついていて、この関係を「御恩と奉公」という。
古事記こじき 元明天皇げんめいてんのうの命令をうけて、太安万侶おおのやすまろがまとめ、完成された日本で最も古い歴史の本。日本がどうやって出来たかが書かれている。日本の「い時代の出来した」書物なので、「古事記」。
日本に文字もじ(漢字)が伝わったのは5世紀の頃なので、それまでの事は人々の口で次の世代へ「かたがれて」いた。その語り継がれてきた内容を習い覚えていた稗田阿礼ひえだのあれ太安万侶おおのやすまろに伝えてまとめた。
上・中・下の3巻。
上巻では神話、中巻では伝説、下巻では歴史が書かれている。
御成敗式目ごせいばいしきもく 鎌倉時代に、武家社会ぶけしゃかいの習わしや道徳どうとくをもとにして作られた初めての「武家ぶけの法律」。御家人の権利や義務についてや、裁判の基準(ルール)などが内容。武家のための法律なので、もちろん京都の公家くげや、朝廷ちょうていには使われない。その後長い間「武家の法律のお手本」とされる。
貞永じょうえい元年(1232年)8月10日に制定せいていされたので、貞永式目じょうえいしきもくとも呼ばれる。
鎌倉幕府かまくらばくふ3代執権しっけん北条泰時ほうじょうやすときが中心になって定めた。51かじょうにまとめられている。
【参考】今の民法162条には、「他人の物を20年間所有した場合は、所有権を認める」という内容があるが、これは御成敗式目の8条「20年間、武士が実際に支配した土地は、その土地についての権利を認める。」という内容を参考にしている。
【参考】十七条の憲法を3倍にしたので、御成敗式目は51か条になっていると言われている。
登場するページ小学6年歴史「鎌倉幕府のその後」
古墳こふん 古代こだい(むかし)のお墓。土を高く盛り上げて作っている。身分の高い人や、権力けんりょくを持っている人のお墓として作られた。
日本最大の古墳は、大阪府にある仁徳天皇にんとくてんのうのお墓である大山古墳だいせんこふん
登場するページ→小学6年歴史「古墳時代」

 

ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。