歴史本レビューまとめ

歴史漫画はどれを買えばいい?「小学館 日本の歴史」の特徴を紹介!おススメポイントは?

yumineko
yumineko
子供に歴史漫画を読ませたいけど、どれがオススメなのか分からない!という方のヒントになるように、市販の歴史漫画シリーズそれぞれの特徴やおススメポイントをまとめました!

小学館 少年少女
「日本の歴史」シリーズの特徴とおススメポイント・注意ポイントを紹介

結論から言います!

くまごろう
くまごろう
まずは結論から紹介すると、
内容・情報量は歴史漫画の中でトップクラス。もともと「歴史に興味がある」子にはピッタリで、読破すれば大学受験にも対応できる知識が得られるシリーズ。その反面、読み切るには時間と熱意が必要。「飽きずに最後まで読めるかどうか」がキーポイント

それではなぜこの結論になったかを説明していきますね。

シリーズの概要

 

本のタイトル少年少女 日本の歴史
初版発行日1981年10月15日
巻数1998年2月発行は 全23巻(21巻+別巻2冊)
新装版は全24巻
電子書籍対応
定価本体830円+税
発行元小学館
くまごろう
くまごろう
小学館のホームページでは、それぞれの巻を17ページほど試し読みできるよ!

学習まんが少年少女 日本の歴史 最新24巻セット

新品価格
¥21,362から
(2019/7/28 15:07時点)

学習まんが 少年少女日本の歴史1 日本の誕生 ―旧石器・縄文・弥生時代―

このシリーズの特徴は?

このシリーズの最大の特徴はズバリ「35年以上愛され続けたベストセラー本」であること!累計発行部数は2000万部(2019年現在)
お父さんお母さんも、この本にお世話になった人が多いのでは?

yumineko
yumineko
私も子供の頃、この本が実家にあって、よく読んでいました。今でもところどころのシーンやイラストが記憶に残っている思い出の本です。

古代から現代までを、20巻以上にもなるボリュームでまとめているだけあって、エピソードの細かさや情報量は歴史漫画の中でもトップクラス

絵柄はシンプルで親しみやすい「昔ながら」のタッチで本編最終巻まで同じ漫画家さんが担当しています。

くまごろう
くまごろう
手塚治虫さんや藤子不二雄さんのような、可愛らしいフォルムの絵柄なので、子供にも親しみやすいと思います。

戦争のシーンなども、あまり過剰な演出はないため、安心して子供にも読ませることができます。

その他の特徴
  • 偏差値40から慶應大学合格を果たした「ビリギャル」のモデルとなった学生さんが愛用していた事でも有名。
  • 3兄弟を東大に合格させたママもおススメしている。
新セットは、嬉しい特典付き

・重要な年代をゴロで覚えるのに便利なパノラマ年表
・トランプ大統領など最新情報もOK!平成時代のパノラマ年表
・重要事項120個を覚えるのに便利な学習カード
・重要人物80人を覚えるのに便利な学習カード

くまごろう
くまごろう
学習カードはセンター試験に出題された問題を中心に一問一答式で覚えることができるとのこと

おすすめポイントをまとめてみました!

とにかく丁寧
巻末の資料ページなども内容が充実。
教科書にある基本的な内容はもちろんのこと、教科書でも紹介されていないようなマイナーなエピソードや人物詳細も載っている
ロングセラーながら、新装されるたびに最新の学説がしっかり反映されている。
年号や事実だけでなく、人物の心情なども丁寧に描かれているので、分かりやすい。
因果関係をおさえたエピソードになっているので、歴史の流れをつかむことができる。純粋に漫画としても読み応えがあり、面白い。

イラストの可愛らしさと親しみやすさ
絵が昔ながらのタッチで、シンプルで可愛らしい。
戦争などの残酷なシーンも、可愛らしい絵のお陰で抵抗なく読める。
低学年の子供でも安心して抵抗なく読める。
巻や章によって漫画家が変わらないので、抵抗がなく読める。
人物の服装・髪型などは、時代背景を忠実に反映しているので間違った認識を与えない。
人物の顔の特徴も史実にもとづいたものや、人々が持つイメージと同じ
(今風に美化されていたりしない)

読みやすさ
実際にあったことを忠実に、過不足なく伝えている。
誇張したり変にアレンジしたエピソードなどが無い。
各章が30ページほどで、子供が読むのにちょうど良いボリューム。
章ごとに話が完結しているので、理解しやすい。さらに全体で大きな一つの歴史の流れになるように構成がしっかりしている。

難点はあるの?

丁寧ゆえの難点
巻数が多い分、初期投資が嵩張る。&保管場所に困ることも。
巻数が多い分、読み切るのに時間がかかってしまう
登場する人物が多く、一気に登場してくるので、苦手な子は人物がごっちゃになることも。
情報量が多すぎて理解が追いつかなくなってしまう場合も。(テスト対策としては知らなくて良いことも多い)
言葉遣いは小学校低学年でも読めるくらい易しいが、内容が中学・高校でも通用するほど高度なので、理解が追いつかないことも

絵柄についての難点
シンプルな絵柄の分、登場人物の区別がつきにくい時も
誇張がない反面、全体的に淡々としすぎていて、飽きてしまう子供もいる。
絵柄が昔ながらで親しみやすい反面、やはり時代おくれに感じて受け入れにくい子供も。

装丁の難点
ハードカバー本なので、かさばって保管するのに場所を取ってしまう。
ハードカバー本なので、持ち歩くには不便
一冊あたりの価格が高価な傾向がある。

内容について、一部ではこんな声も
太平洋戦争あたりは、自虐的な史観が目立つ
内容がやや左翼的で、皇室・明治政府・帝国陸軍を必要以上に悪く描いている描写を感じ取る人もいる。
同じく、中国や韓国を必要以上に善人や被害者として描いている描写を感じ取る人もいる。

小学館・少年少女
「日本の歴史」まとめ

情報量は多く、丁寧に描かれている


歴史が大好きな子や興味がある子にはピッタリかもしれません。全てを読み込むことができれば、大学受験にも対応できる知識を得られます
けれども、そこまで興味を持てない子や、テスト対策に重要なエピソードだけでもとりあえず頭に入れたい、という場合などには丁寧すぎて挫折する可能性も。

くまごろう
くまごろう
お子さんの歴史に対する熱意と、置かれている状況を考慮する必要があります。

淡々としているので・・



抵抗なく読む方が好きな子には向いていますが、派手な演出やエピソードの誇張があった方がワクワクするタイプのお子さんには物足りないかもしれません。

くまごろう
くまごろう
飽きてしまうお子さんには、人物のエピソードを重点的に描いている別の歴史本を読んで、人物に興味をもってから、全体の歴史の流れを掴むためにこのシリーズをプラスする方が得策かもしれません

ボリュームが多いので・・


場所もとり、初期投資も多い分、もしお子さんが飽きてしまって読み切らない時にはダメージが大きいです。試し読みサービスや、まずは数巻だけを買ってみるのもオススメです。

yumineko
yumineko
歴史漫画は、その子によって合う・合わないがあります。一度には揃えず、まずは同じ時代区分で色々な出版社の歴史漫画を読んでみてもらって、比較するのも良いかもしれません。
ABOUT ME
yumineko
2児の母。2019年の長女の高校受験時、訳あって塾には行かずに自宅学習のみで挑戦することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。