さくいん

算数・数学の用語と公式を子供でも分かるように かんたんな言葉で解説!索引「か〜こ」

yumineko
yumineko
随時更新していきます!

「か」で始まる用語・公式


(かい)
概数
(がいすう)

(かく)
角柱
(かくちゅう)
拡大
(かくだい)
角度
(かくど)

(かさ)
ものの体積(たいせき)のこと。かさを求めるには、縦と横、高さをかける。
かさの単位にはℓ(リットル)があり、ml(ミリリットル)、dl(デシリットル)、ℓ(リットル)、kl(キロリットル)がある。
1dlは1mlの100倍。
1ℓは1mlの1000倍。(1dlの10倍)
1klは1ℓの1000倍。(1dlの10000倍、1mlの1000000倍)
加法
(かほう)
たし算のこと。「一方に、もう一方を合わせる」計算の方法。
加法の結果は「和(わ)」と表現する。
例えば、3+5=8は、3に5を合わせると8になるので、「3と5の和は8」と表現する。

「き」で始まる用語・公式

奇数
(きすう)
2で割ったときに、割り切れないで1があまる整数のこと。割り切れる整数のことは「偶数(ぐうすう)」という。※0は偶数に含まれるので注意しよう!
逆数
(ぎゃくすう)
ある数にかけると、答えが「1」になる数のこと。たとえば、2に½をかけると1になる。このとき、2の逆数は½。
½に2をかけるとやはり1になるので、½の逆数は2。
切り上げ
(きりあげ)
切り捨て
(きりすて)
kl
(キロリットル)

「く」で始まる用語・公式

偶数
(ぐうすう)
2で割ったときに、割り切れる整数のこと。割り切れずに1が余ってしまう整数のことは「奇数(きすう)」という。※0は偶数に含まれるので注意しよう!

「け」で始まる用語・公式

計算の順序
(けいさんのじゅんじょ)
計算をするときの順番のルールのこと。
計算は、ふつうは「式の左から順に」計算をする。
しかし、( )があるときは、( )の中を先に計算する。
+、−、×、÷がまじっているときは、×と÷は先に計算をする。
係数
(けいすう)
加法(かほう:たし算のこと)の「+」で結ばれたひとつひとつの文字式や、数のことを「項(こう)」という。
この項のうち、文字を含んだ項の数字の部分のことを係数という。
たとえば、「2χ+5」という式の項は、「2χ」と「5」。
このうち「文字を含んだ項」は、「2χ」。
「2χ」の文字はχで、数字は2なので、この項の係数は「2」ということ。
登場するページ→高校数学I「項・字数・係数
減法
(げんぽう)
ひき算のこと。「一方から、もう一方の分を切り取る」ことで、それぞれの「差(さ)」が分かる計算のやり方のこと。
なので、減法の結果は「差(さ)」と表現する。
例えば、8−3=5というのは、8から3を切り取ると5が残るので、「8と3の差は5」ということ。

「こ」で始まる用語・公式

合同
(ごうどう)
2つの図形が、ぴったりと重ねることができる状態のこと。この時、「2つの図形は合同である」とあらわす。
公倍数
(こうばいすう)
公約数
(こうやくすう)

 

 

ABOUT ME
yumineko
2019年の長女の高校受験時、訳あって塾にはいかず自宅学習することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。