歴史人物図鑑

歴史人物図鑑「清少納言」小学生にもわかりやすく解説!平安時代のブロガー清少納言の本当の名前は?枕草子の裏事情とは??

yumineko
yumineko
平安時代に「枕草子」を書いた「清少納言」について詳しく解説するよ!
清少納言はどんな人だったのか、枕草子が生まれたキッカケや背景を紹介するよ!

清少納言ってどんな人?
(教科書の説明)

教科書に書いてある清少納言

誕生:康保3(966年)年ごろ
没:万寿2(1025年)年ごろ

歌人である清原元輔(きよはらもとすけ)の娘で、一条天皇の中宮定子(ちゅうぐうていし)の女房(にょうぼう)
随筆「枕草子(まくらのそうし)」の著者。

くまごろう
くまごろう
まずはクイズ。
たろう君は「清少納言」ってどんな風に読むと思う?
えっ
「せいしょう・なごん」でしょ??
くまごろう
くまごろう
そう思っている人が多いけど、違うんだよ

「清少納言」は「せい・しょうなごん」が正しい!

「清少納言」というのは、いわゆるニックネームなんだ。
なんで「清少納言」というニックネームになったかを説明するね。

そもそも「中宮定子の女房」ってどういう意味?

清少納言は、「一条天皇の中宮定子の女房」と書いてあるよね。
「中宮」は、「天皇の一番目のお妃さま」のこと。
平安時代、天皇にはたくさんのお妃さまがいたんだけど、その中でもトップということだよ。
「定子」というのは、そのお妃さまの名前
定子は、平安時代に大きな力をもっていた藤原家の「藤原道隆(ふじわらのみちたか)」の娘で、一条天皇のもとへお嫁にいったんだ。
「女房」というのは、朝廷や貴族の家ではたらく「女性のお手伝いさん」のことだよ。
女房には「自分の部屋(房)」があたえられていたので、「女房」と呼ばれていたよ。

女房の中でも、天皇のお妃さまのところではたらく女房は超エリート
お妃さまの話し相手や、家庭教師をしたりもするんだよ。
なので、美しくて教養がないとなれなかったよ。

女房の本当の名前は秘密!

この頃は、女性の本当の名前を公表することは「いけないこと」だったんだ。

だから女房は「ニックネーム」のまま働くんだよ。

ニックネームには、自分の家族の役職の名前などを使うことが多いよ。
清少納言も、兄弟に「少納言」になった人がいたんだ。※色々な説がある

「少納言」というのは朝廷の最高機関である太政官(だじょうかん)の職のうちのひとつ。
とても偉い人なんだね。

でも、「身内の役職」だけだと同じニックネームの女房が沢山になってしまうので、ニックネームの頭に、さらに自分の出身の「氏の名前」をつけることが多かった。

清少納言のお父さんは清原元輔だよね。つまり、「原(きよはら)氏」の出身。

くまごろう
くまごろう
というわけで、「清」+「少納言」で「清少納言」の完成
たろう
たろう
今で例えると、「田中」さんちの女の子がどこかで働くことになるとして、お父さんが会社の課長だったら、「田課長」って呼んでね、って言う感じかな・・・?
くまごろう
くまごろう
そう考えるとちょっと変な感じだね(笑)。
ちなみに、本当の名前は「清原諾子(きよはらなぎこ)」だったという説があるよ。

清少納言は天才少女だった!

清少納言のお父さん「清原元輔」は有名な歌人(かじん)。
清少納言も小さい頃から和漢(日本のことも、中国のことも)の教育を受けたよ。
特に漢詩の知識なんかは「誰にも負けない!」と言えるほどのレベルだった。

清少納言の教養がとびぬけていたことが分かるエピソードが「枕草子」に書かれているよ。

ある雪が降った日、中宮定子が「清少納言、香炉峰(こうろほう)の雪はどう??」と聞くんだ。
これは、唐の漢詩で、「香炉峰の雪は御簾(みす)をかかげて見る」という作品があって、それをナゾかけにしたんだ。
すると清少納言は、中宮定子がこの作品のことを言っているとすぐに理解して、サッと御格子(みこうし)を上げさせて、御簾を巻き上げて、作品と同じように雪景色が見えるようにした。

むずかしい漢詩の知識もあって、機転がきく(気がきくこと)清少納言に、中宮定子は満足したし、みんなが感心したよ。

紫式部の永遠のライバルだった?

清少納言と同じ時代に有名な女性の文学作家といえば、「紫式部(むらさきしきぶ)」だよね。
清少納言と紫式部は「ライバル」だった、というのもよく聞く話じゃないかな?

ライバルと言われる理由①2人の関係性

2人の関係は実際どんなだったかというと、
清少納言は一条天皇のお妃の定子の女房だよね。
紫式部も、一条天皇のお妃の彰子の女房なんだ。

たろう
たろう
同じ天皇のお妃同士の女房・・・ライバルじゃん!!

この時代、天皇にはお嫁さんが何人かいたから、お嫁さんの中でもどれだけ力を持てるか競争だったんだ。
お嫁さんの実家がどのくらい力があるかが関係するけど、もちろん「天皇にどれだけ好きになってもらえるか」も重要。
女房はお妃さまの身の回りをお世話したり、家庭教師をしたりするから、「どれだけ天皇に好きになってもらえる女性になってもらええるか」は女房の腕にかかっていたとも言えるよね。

ライバルと言われる理由②紫式部の旦那さんがらみ

紫式部の旦那さんは藤原宣孝(ふじわらののぶたか)という人なんだけど、この人のことを清少納言が枕草子で悪口を書いちゃったんだ。

なんて書いたの?
くまごろう
くまごろう
藤原宣孝が、「地味なかっこうをして行かなきゃいけない場所に、ハデハデなかっこうをして行って、みんなに笑われてたよー」って書いてるんだ。

といっても、紫式部と結婚する前のことだから、清少納言が紫式部に対して悪気があったわけではないんだけどね。

でも紫式部は許せなかったみたい。紫式部は自分の作品の中で、バッチリ清少納言の悪口を書いているよ。

紫式部が書いた日記「紫日記」の原文(書かれた時のままの状態の文のこと)

清少納言こそ、したり顔にいみじうはべりける人。さばかりさかしだち、真名書き散らしてはべるほども、よく見れば、まだいと足らぬこと多かり。かく、人に異ならむと思ひ好める人は、かならず見劣りし、行末うたてのみはべれば、艶にになりぬる人は、いとすごうすずろなる折も、もののあはれにすすみ、をかしきことも見過ぐさぬほどに、おのづからさるまじくあだなるさまにもなるにはべるべし。そのあだになりぬる人の果て、いかでかはよくはべらむ。

これを今風の言葉になおしてみるよ。

紫式部さん
紫式部さん
清少納言っていえば、エラそうに定子に仕えていた人よね。
「頭がいい」ってカンジで漢字を書きまくってるけど、よく見てみたらバカみたいな間違いもしてるし。
男の人にはあんまり「頭がいい」ってアピールしないほうが絶対いいのに、清少納言は「私なら分かる!」とドヤ顔してるのを見るとムカつく。自分は「スゴイ」って思ってるのかもしれないけど、そういう人に限ってウソの教養しかないわよね。
いつもすましていて、あんなペラッペラな態度をとっているような人が、この先いい人生を送れると思う?そんなわけないじゃない。
あちゃー

 

紫式部は結構言いたいこと言ってるね(笑)
でも、実は清少納言と紫式部の2人は、お互い会ったことはないはずと言われているんだ。
宮中での女房生活も、タイミングは「入れ違い」だったからね。

じゃあ、会ったこともない清少納言に対してどうしてここまで酷く言うのか?
その理由は、後半でまた説明するよ。

枕草子が出来たキッカケは??

中宮定子の「お気に入り」だった清少納言

一条天皇の時代、993年の冬ごろから中宮定子のところに清少納言は女房としてやってきたよ。
定子のお母さんは漢詩の名人だった。
なので、定子も漢文の教養があったんだ。
定子は、なんでも知っている清少納言のことがとても気に入ったよ。
教養がある者同士、気が合ったんだね。

定子「何を書いたらいいかな?」→「枕草子」誕生!!

なんで「枕草子」という名前なのかな?
「草子」というのは、とじてある本、つまり「冊子」のことなんだ。
じゃあ「枕」は一体なんのことなんだろう?

あるとき、定子のお兄さん藤原伊周(ふじわらのこれちか)が「何も書いていない冊子(本)」を一条天皇と定子に献上(プレゼント)したんだ。
当時の紙は貴重品。
一条天皇は、このに本に唐の歴史書を書き写そうとした。

定子は、「私は何を書いたらいいかしら?」と清少納言に相談したんだ。
すると、清少納言は
「枕でしょう」
と答えたんだ。

たろう
たろう
??
どういう意味??
くまごろう
くまごろう
この「枕」の意味は、今でもナゾなんだ。
色んな説が考えられているよ。

「枕にしたいくらい分厚い冊子だったから」とか、「枕元に置いて毎日のことを書き忘れないようにする」という意味だったとか・・・
「書を枕にする」という漢詩があるんだけど、その漢詩にひっかけた・・とか。

定子はその清少納言の言葉を聞いて「じゃあ、あなたにあげる」と冊子をあげちゃうんだ。

たろう
たろう
貴重な冊子をあげちゃうなんて、よっぽど清少納言の言ったことが面白かったのかな。
yumineko
yumineko
定子も漢詩の知識がある人だから、「書を枕にする」という漢詩にひっかけた、という説だと
「なるほど!そうきたかー!」と、冊子をそのままあげちゃう気持ちも分かるかもしれないね。

色々説はあるけど、清少納言が「枕」と答えたことをキッカケにもらった冊子に書いたから、「枕草子」という名前になったんだね。

枕草子には何が書いてあるの?

平安時代のブロガー清少納言?

枕草子は、全部で約300の章段(ひとまとまりの文章のこと)で書かれているよ。
書かれている内容は、大きく3つのカテゴリー分けができるんだ。

①随想的(ずいそうてき)章段

定子の女房として働きながら、感じたことや思ったことを書いている「随筆(ずいひつ)」的な部分。

yumineko
yumineko
随筆とは、見聞きしたことや思ったことを、気ままに自由な形式で書いた文章や作品のことだよ。

あの有名な「春はあけぼの・・」もこの種類に入ると言われているよ。
春のうつくしい夜明けを見て、感じたことを思うままに書いているよね。

②類聚的(るいじゅうてき)章段
類聚というのは、「同じようなものを集める」という意味なんだ。

「うつくしきもの、瓜に描いた子供の顔、雀の子が鼠鳴き(ネズミの鳴き声をマネして口を鳴らすこと)して呼ぶと踊るようにして来ること・・」とか、
「上品なもの、削り氷にあまずら(シロップ)を入れて、新しい銀のおわんに盛ったもの」

なんていうように、「〇〇なもの」とテーマを決めて、連想できるものをどんどん書いているよ。色々なものについて書いているので、「ものづくし」とも呼ばれているよ。

③日記回想的章段

回想(思い出)を日記のように書いているものだね。
「定子の女房」として働いている間に見たり聞いたりした、宮中(天皇の家)での出来事や人々の生活について書いた日記的な部分だよ。
特に「中宮定子さまとこんなお話をした!」とか「中宮定子さまが〇〇してくださった!」というように、清少納言が中宮定子のことが大好きで、尊敬して仕方なかった様子が書かれているよ。

今でも「ブログ」とか「ツイッター」なんかで、「今日はこんなことがあった~」なんてつぶやいてみたり、自分の意見を載せてみたりするよね。
こう考えると、清少納言は日本で一番最初のブロガーなのかもしれないね。

枕草子はキラキラしただけの作品ではない!
実は悲しみを抱えた作品?

枕草子といえば「春はあけぼの・・・」と素晴らしい景色に感動する気持ちを書いたものや、宮中の出来事を生き生きと書き残している「キラキラ作品」なんてイメージがないかな?

くまごろう
くまごろう
実は、枕草子には悲しい一面があるんだよ。

定子の壮絶な人生

定子は永祚2(990)年に一条天皇のもとへお妃としてやってきた
この時代、天皇には何人ものお嫁さんがやってくるのが普通で、そのお妃さまの「実家」がどれだけ偉いかで、お妃さまの「宮中での地位」も決まる部分が多かったんだ。

定子のお父さんは平安時代に大きな力を持っていた藤原家。文句なしの家柄だった。

くまごろう
くまごろう
だから定子は「中宮」というお妃の中でもトップの存在だったんだね。

3年後にはお父さんの藤原道隆が関白になって、さらにその地位は確実なものになっていたよ。
でもその2年後の長徳元(995)年、お父さんの道隆が亡くなってしまうんだ。

道隆のあとは、弟の道兼(みちかね)が関白になったけど、この道兼も次の年に亡くなってしまう。

そしてここで登場するのが藤原道長。

たろう
たろう
ま、まさか・・・
「この世をば 我が世とぞ思う望月の・・」
くまごろう
くまごろう
そう。
あのスーパーセレブの藤原道長がどんどん偉くなっていくんだ。

道長についてよく分からなかったら、ココも読んでみよう!
そんな中、長徳2(996)年、定子のお兄さんの藤原伊周(ふじわらのこれちか)が事件を起こしてしまって、九州の大宰府へ左遷させられてしまうよ。

たろう
たろう
あの冊子をプレゼントしてくれたお兄さんまで・・

当時のお巡りさんに捕まえられるお兄さんを目の前で見た定子は、ショックを受けて自分でハサミをもって髪を切って出家(尼になること)してしまう

くまごろう
くまごろう
結局は一条天皇に呼び戻されて宮中に戻ってきたけどね。それほど辛かったんだね。

不幸は続いて、長保元(999)年、定子の実家が火事で燃えてしまう。そしてお母さんが亡くなってしまうんだ。

たろう
たろう
もうかわいそうすぎて・・・

そこに追い打ちをかけるように、道長が娘の彰子(しょうし)を一条天皇のもとへお嫁入りさせるんだ(この頃は入内(じゅだい)と言うよ)

定子はその後、待望の第一皇子(天皇にとって最初の男の子!)を出産するんだけど、これに焦った藤原道長は彰子を強引に「中宮」という肩書にしてしまう
かわりに定子は「皇后」になったけど、結局のところ天皇に「皇后」が2人いるような状態になってしまった。これは今までなかった前代未聞なことだったよ。(一帝二后というよ。一夫多妻制みたいなイメージ?)

定子の宮中での地位はすっかり落ちぶれてしまった。
そんな中、長保2(1000)年に、二人目の女の子を出産するんだけど、その出産が原因で定子は亡くなってしまうんだ・・。

定子が亡くなってしまうと、清少納言も宮中を去っていくよ。

枕草子は、定子の亡くなったあと書かれていた!

枕草子が書かれていた詳しい時期は色々説があるけど、一部は定子がまだ生きていた頃から書き始められていて、完成したのは定子が亡くなったあとと言われているよ。

たろう
たろう
そうなんだ・・
でも、枕草子には、定子のお父さんが亡くなったことや、お兄さんの事件、お母さんのこと、定子が亡くなったことも何も書かれていないよね。
くまごろう
くまごろう
うん。
なので、枕草子は「定子が宮中で華やかな生活を送っていた頃」を書くことで、最期は悲しいことばかりだった定子の心(または魂)をなぐさめるのが目的だったとも言われているよ。

ここでもういちど紫式部の日記を思い出してみて。
紫式部は、清少納言のことを「薄っぺらい」と表現していたけど、それは「あんなに悲しいことだらけだった定子の生活のはずなのに、枕草子には定子の楽しそうな姿しか書かれていない」と納得がいかなかったからかもしれないね。
紫式部は清少納言が宮中を去った5年後くらいに女房としてやってきたので、定子に何が起こったかは全て知っているんだ。

紫式部からすると、ご主人の彰子の他に、天皇から愛されていた定子の存在はやっぱり面白くはないよね。
だから、悲しい目にあって大変だったはずなのに、楽しそうにしている様子しかない枕草子は「無理しちゃって!」という気持ちなのかもしれないね。

枕草子に込められた清少納言の「思い」とは

枕草子は、「華やかな宮中の生活を書いた」ただキラキラした作品なのでは決してなくて、尊敬して愛していた定子のためだけを考えて書かれた、清少納言の強い思いがつまった作品だと思うんだ。
最期は悲しいことばかりだった定子が、確かに幸せだったころを形に残しておきたいという思いだったのではないかな。

そして、定子の悲しい時期を書かなかった理由はもう一つあると言われているよ。
それは、この枕草子がこの先の時代にも残るように、決して「藤原道長」のことを悪く書かないためだったということ。
お兄さんの事件や、彰子の入内、彰子が中宮になったことを書くと、どうしても道長のせいで定子が追い詰められていったことが伝わってしまうからね。

そうすると、大きな力を持った道長に「枕草子」は消されてしまうかもしれない。

定子の幸せだったころを書き集めた大切な「枕草子」を、ずっと残すために考えた清少納言の知恵だったのかもしれないね。

ABOUT ME
yumineko
2019年の長女の高校受験時、訳あって塾にはいかず自宅学習することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。