中学歴史

中学歴史「邪馬台国」を5分で学習しよう!漫画と簡単な説明でサクっと読める!

yumineko
yumineko
邪馬台国ってどんなクニだったのか?卑弥呼はどんな人物なのか、外国とはどんな関係だったのか、解説するよ!

邪馬台国って??

邪馬台国(やまたいこく)というのは、弥生時代に日本にあったと言われているクニだよ。

邪馬台国は有名だよね。
どこにあったのか、今でもナゾなんでしょ。
九州の北部にあったという説と、大和地方にあったとする説があるよね。
でも、どうして日本のことなのに分からないの??
くまごろう
くまごろう
このころの日本には、まだ文字がなかったから、日本には歴史書などの「記録」というものは残っていないんだ。
だから、中国の歴史書に時々書いてある日本の様子を手掛かりにするしかないんだよ。

例えるなら、たろう君は特に日記は残していなかったんだけど、隣の女の子が代わりに学校での様子を記録してくれていたから、それを参考にしようという感じ。

なにそれフクザツ

 

・・・・・

邪馬台国のことが書いてある中国の歴史書は?

2~3世紀の中国は、魏(ぎ)呉(ご)蜀(しょく)という3つの国が中国内で対立して争っていた時代なんだ。

その時代のことを書いた歴史書は「三国志(さんごくし)」というよ。
三国志は65巻もあって、その中に、魏についてかかれたものがあって、それを「魏志(ぎし)」というんだ。
その魏誌には、「東夷伝(とういでん)」といって「中国の東の方に住んでいる民族」について書かれた部分がある。さらにその中には「倭人の条」といって、倭人、つまり日本人について書かれた部分があるんだ。

くまごろう
くまごろう
これがいわゆる「魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」と呼ばれているものだよ。

魏志倭人伝には、なんて書かれているの?

 

魏志倭人伝に書いてある内容

倭では、男は幅の広い布を結び合わせて服にし、女は布の中央に穴をあけ、そこから頭を通して着物にしている。
稲をつくり、桑を植えて蚕を飼い、織物をつくっている。
(中略)
もとは男子を王としていたが、乱がおこり、戦いが何年も続いた。
人々は、一人の女子を王とした。
その名を卑弥呼といった。
卑弥呼は神につかえ、夫はなく、弟が助けて国を治めている。
1000人もの女の召使をおいている。
(中略)
卑弥呼が死ぬと、大きな墓がつくられ、100人余りの奴隷が一緒にうずめられた。

倭国の人々の服装や、暮らし方について書いてあるね。
さらに、もともとは男性が王だったけど、ずっと戦争が続いてしまったので、一人の女性を女王にしたと書いてある。

くまごろう
くまごろう
確かに、後漢書には「紀元前後のころには倭には100あまりのクニがあって、争いが続いた」と書いてあったよね。

この女王が卑弥呼のことだね。
卑弥呼が女王になると、戦いは落ち着いたんだ。

魏志倭人伝には他にもたくさんのことが書いてあるよ。
邪馬台国の位置のことも書いてあるんだ。

えっ
じゃあ、邪馬台国の場所って分かってるんじゃないの?
くまごろう
くまごろう
それが、解釈の仕方しだい、というところなんだ。
だから九州説も、大和地方説もどちらも可能性があるんだよ。
yumineko
yumineko
魏志倭人伝に書いてあることを全部かんたんな言葉で書いたページがあるので、興味があったら読んでみよう!
邪馬台国のことがもっと理解できるようになるよ!

卑弥呼ってどんな人?


卑弥呼は、「ト術(ぼくじゅつ)」をする巫女だったと魏志倭人伝に書かれているよ。

くまごろう
くまごろう
ト術というのは、骨を焼いて、その割れ目や亀裂で「占い」をすること。

なんで卜術(ぼくじゅつ)というの?

中国では、亀の甲羅を使って占いがされていた。
亀のお腹側の甲羅のくぼみに、熱くした木や青銅を押し当てると、「ぼく」という音を立てて亀裂(ひび)が入るんだ。

その亀裂は、くぼみとあわさって「ト」のような形になるよ。
なので、卜術という字をつかうし、読み方は「ぼく術」なんだ。


卑弥呼は、すぐれた呪術で人々からの信頼を得て、30あまりの国をまとめていたと魏志倭人伝には書かれているんだ。

中国との関係は?

魏志倭人伝には、卑弥呼が魏に朝貢して、「親魏倭王(しんぎわおう)」という称号とともに印や100枚の銅鏡などを与えられたと書かれているよ。

くまごろう
くまごろう
朝貢というのは、皇帝に貢物(プレゼント)を送ることだったよね。
なんでそんなことをするの?

弥生時代の学習ページでも解説したように、このころの中国は大国で、まわりの国は「中国に認めてもらう」というのがひとつのステータスのようなものだったんだ。
卑弥呼も、中国の皇帝から認められることで、王としての権威をアピールできると考えていたんだろうね。

卑弥呼が死んでしまったあとは?

卑弥呼ひきいる邪馬台国は、邪馬台国の南にある「狗奴国(くなこく)」と戦争をしていたんだ。そして247年ごろ、卑弥呼は死んでしまったと魏志倭人伝には書いてあるよ。

えっ
狗奴国との戦いが原因?
くまごろう
くまごろう
それが、魏志倭人伝には、「邪馬台国は狗奴国と戦っていた」「そして卑弥呼は死んでしまった」としか書かれていなくて、卑弥呼の死因はやっぱりナゾなんだ。

卑弥呼のお墓は直径100歩ほどの大きなお墓がつくられたんだ。
さらに奴隷が100人一緒に埋められたんだよ。

卑弥呼が死んでしまったあとは、また男性が王になったんだけど、また邪馬台国連合は争って乱れるようになってしまったんだ。
そこで卑弥呼の一族である「壱与(いよ)」という少女に女王になってもらったら、また争いはおさまったと魏志倭人伝には書かれているよ。

その後も、266年に中国の「晋(しん)(三国時代が終わって新しくできた国)」に倭の女王が使者をおくったと書かれているんだけど、これは壱与ではないかといわれているよ。

くまごろう
くまごろう
そしてこれを最後に、1世紀半のあいだ中国の歴史書には日本のことがかかれないんだ。
なぜなら、この期間、日本から中国の皇帝に貢物をする人がいなかったから、中国も特に日本のことを記録することがなかったから、と言われているよ。


だから、この期間、日本では何があったかはナゾに包まれているんだ。

なんだかナゾばかりなんだね。
いつか本当のことが解明される時がくるといいね。
yumineko
yumineko
卑弥呼について詳しく解説しているページもあるよ。さらに卑弥呼と邪馬台国の正体について面白い説もあるので、読んでみてね。
あわせて読みたい
歴史人物図鑑「卑弥呼」
卑弥呼と邪馬台国の正体とは??

中学歴史ではココを押さえればOK!
邪馬台国まとめ

邪馬台国まとめ
  • 邪馬台国は、弥生時代に日本にあったとされるクニの名前
  • 邪馬台国の女王は卑弥呼
  • 中国の歴史書「魏志倭人伝」に邪馬台国と卑弥呼のことは書かれている
  • 卑弥呼は、ト術で人々を統率していた
  • 卑弥呼は30あまりのクニを従えていた
  • 邪馬台国のあった場所は、九州だという説と大和地方だという説がある
  • 239年に卑弥呼は魏に使いを送った
  • 卑弥呼は魏の皇帝に認められ、「親魏倭王」の称号をもらった
  • 卑弥呼は魏の皇帝から金印と銅鏡をもらった
  • 卑弥呼は247前後に亡くなった
  • 卑弥呼のお墓は直径100歩の大きなお墓が作られた
  • 卑弥呼のあとは壱与という女王がひきついだ
yumineko
yumineko
次は古墳時代古墳時代について学習するよ!
中学歴史「古墳時代」を5分で学習しよう!漫画と簡単なことばでサクッと読める!このページでは、中学歴史「古墳時代」について、中学で覚えなきゃいけないことに絞って解説するよ。 まずは小学校で習うことをチェックし...
ABOUT ME
yumineko
2019年の長女の高校受験時、訳あって塾にはいかず自宅学習することになり、教科書をイチから一緒に読み直しながら勉強を見た結果、偏差値20上昇。 志望校にトップ10位内で合格を果たす。 勉強をみるにあたって感じたのは、教科書の説明には子供には分かりづらい部分が多く、子供にイメージしやすく噛み砕いて説明するのがとても有効だということ。 同じように教科書の内容が分かりづらいと感じている子供たちの ヒントになれば、との思いで「教科書を分かりやすく通訳するサイト」創設。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。